最大8,000円OFF!OCNモバイルONEのスマホセットキャンペーンが注目!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

OCNモバイルONEと他社格安SIMを徹底比較!どこがオススメ?

OCNモバイルONE他社人気格安SIMプロバイダの契約プランや特徴を比較しました。

比較したプロバイダは以下の4社です:

それぞれの会社の強みをピックアップしていますので、契約会社選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

OCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルを徹底比較!

まずはOCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルの基本スペックを比較してみました。

パッと見た際の違いを挙げると、BIGLOBEモバイルだけau回線に対応しているというくらいで、あとは細かい差が多いです。

同じ容量プランの価格を比較すると、月3GBはBIGLOBEモバイルの方が安いですが、月20GB以上になってくるとOCNモバイルONEのほうが安いことが分かります。

項目 OCNモバイルONE BIGLOBEモバイル
運営会社 NTTコミュニケーションズ株式会社 ビッグローブ株式会社
通信回線 docomo docomo
au
容量プラン
  • 110MB/日:1,600円
  • 170MB/日:2,080円
  • 3GB/月:1,800円
  • 6GB/月:2,150円
  • 10GB/月:3,000円
  • 20GB/月:4,850円
  • 30GB/月:6,750円
  • 1GB/月:1,400円
  • 3GB/月:1,600円
  • 6GB/月:2,150円
  • 12GB/月:3,400円
  • 20GB/月:5,200円
  • 30GB/月:7,450円
主要オプション
  • 10分かけ放題:850円/月
  • トップ3かけ放題:850円/月
  • かけ放題ダブル:1,300円/月
  • Wi-Fiスポット:無料
  • 容量追加:500円/0.5GB
  • 端末保証:500円/月
  • マイセキュア:250円/月
  • 10分かけ放題:850円/月
  • 3分かけ放題:630円/月
  • 通話パック90:800円/月
  • 通話パック60:630円/月
  • Wi-Fiスポット:250円/月
  • 容量追加:300円/100MB
  • 端末保証:380円~/月
  • エンタメフリー・オプション:480円~/月
メール
(ocn.ne.jp)

(biglobe.ne.jp)
テザリング
(無料)

(無料)
初期費用 3,394円 3,394円
違約金/発生期間 8,000円/6ヶ月 8,000円/12ヶ月

※音声対応SIMの月額料金

BIGLOBEモバイルに対するOCNモバイルONEの強み

BIGLOBEモバイルに対するOCNモバイルONEの強みはいっぱいあります。

まず、SIMカードとスマホをセットで契約しようとお考えの方はOCNモバイルONEの方が圧倒的に安く買えるのでオススメです。

他には通信容量系に関する強みが挙げられます。

セキュリティ性の高い有料Wi-Fiスポットが無料で使えたり、Amazon MusicやSpotifyなどの有名音楽配信サービス利用時の通信消費フリー(MUSICカウントフリー)になる点などが強みです。

同じスマホがOCNモバイルONEだと1万円以上安く買えるので、そこは強みですね。
細かい価格差は公式サイトをチェックしてくださいね。

OCNモバイルONEに対するBIGLOBEモバイルの強み

BIGLOBEモバイルの一番の強み(特徴)は、動画サイト見放題のオプション(エンタメフリー・オプション)がある点です。

月3GB以上のプランの方は、月額480円(データSIMは980円)でYouTubeなどの動画サイトが見放題になるため、YouTubeに毎月多くの通信容量を消費している方はBIGLOBEモバイルがオススメです。

あと、容量をそんなに使わないという方向けの月1GBプランだと、月額1,400円でスマホが持てるので、極限まで月額料金を安くすることができます。

その他、au回線も選ぶことができる点が強みです。

BIGLOBEモバイルは、エンタメフリー・オプションを使いたい方、月1GBプランを希望する方が特にオススメです。

BIGLOBEモバイルの詳細ページへ

BIGLOBEモバイル公式サイトへ

OCNモバイルONEとIIJmioを徹底比較!

OCNモバイルONEとIIJmioの基本スペックを比較してみました。

容量プランの数が大きく違う点がまず目立っています。

その他、解約違約金に関する条件が違い、OCNモバイルONEの方が優勢に見えます。

OCNモバイルONE IIJmio
運営会社 NTTコミュニケーションズ インターネットイニシアティブ
通信回線 docomo docomo
au
容量プラン
  • 110MB/日:1,600円
  • 170MB/日:2,080円
  • 3GB/月:1,800円
  • 6GB/月:2,150円
  • 10GB/月:3,000円
  • 20GB/月:4,850円
  • 30GB/月:6,750円
  • 3GB/月:1,600円
  • 6GB/月:2,220円
  • 12GB/月:3,260円
主要オプション
  • 10分かけ放題:850円
  • トップ3かけ放題:850円
  • かけ放題ダブル:1300円
  • Wi-Fiスポット:無料
  • 容量追加:500円/0.5GB
  • 端末保証:500円/月
  • 誰とでも10分&家族と30分:830円/月
  • 誰とでも3分&家族と10分:600円/月
  • Wi-Fiスポット:362円/月
  • 容量追加:200円(100MB)~
  • 大容量オプション:3100円(20GB)~
  • 端末保証:380円/月~
メール
(ocn.ne.jp)

(miomio.jp)
テザリング ◯(無料) ◯(無料)
初期費用 3,394円 3,394円(docomo)
3,409円(au)
違約金/発生期間 8,000円/6ヶ月 12,000円 – (1,000円 × 契約月)
/12ヶ月

※音声対応SIMの月額料金

IIJmioに対するOCNモバイルONEの強み

どのプロバイダに対しても言えることですが、OCNモバイルONEの強みの1つが、スマホセットの端末の安さです。

定価よりも安く販売していることで有名なIIJmioをさらに下回る価格で端末をセット販売しています。

スマホとセットでSIMカードを契約することをお考えの方は、まずOCNモバイルONEを選べば間違いなくお得な契約ができます。

その他セキュリティ性の高い有料Wi-Fiスポットが無料で使えたり、Amazon MusicやSpotifyなどの有名音楽配信サービス利用時の通信消費フリー(MUSICカウントフリー)になる点などが強みです。

OCNモバイルONEに対するIIJmioの強み

逆にOCNモバイルONEに対するIIJmioの強みの代表は、端末セットのラインアップの豊富さです。

OCNモバイルONEがセット販売している端末はだいたい10機種前後ですが、IIJmioは常に30機種以上の端末を販売しています。

もちろんIIJmioのSIMカードで動作する保証がある端末だけなので、心配なく買える点もいいですね。

他にも通話系のオプションについて、家族間通話の無料時間が長く設定されている点や家族割がある点が特長的です。

あとはau回線も対応している点も強みの1つです。

家族間通話について、両者IIJmioであること、そして同じID内のSIM同士であることが条件なので、その点は注意です。

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio公式サイトへ

OCNモバイルONEとLINEモバイルを徹底比較!

OCNモバイルONEとLINEモバイルの基本スペックを比較してみました。

大きな違いとして、メールアドレスの提供の有無があります。LINEモバイルはメールアドレスの提供がありませんので、必要な場合無料メールアドレスや独自ドメインでメールアドレスを作成する必要があります。

その他容量プランの豊富さでOCNモバイルONEが圧倒していますが、その反面、LINEモバイルはあまり容量を消費しない人向けの月1GBプランがあり、月額料金を極限まで安くすることができます。

OCNモバイルONE LINEモバイル
運営会社 NTTコミュニケーションズ株式会社 LINEモバイル株式会社
通信回線 docomo docomo
SoftBank
容量プラン
  • 110MB/日:1,600円
  • 170MB/日:2,080円
  • 3GB/月:1,800円
  • 6GB/月:2,150円
  • 10GB/月:3,000円
  • 20GB/月:4,850円
  • 30GB/月:6,750円
  • 1GB/月:1,200円
  • 3GB/月:1,690円~
  • 5GB/月:2,220円~
  • 7GB/月:2,880円~
  • 10GB/月:3,220円~
主要オプション
  • 10分かけ放題:850円/月
  • トップ3かけ放題:850円/月
  • かけ放題ダブル:1,300円/月
  • Wi-Fiスポット:無料
  • 容量追加:500円/0.5GB
  • 端末保証:500円/月
  • マイセキュア:250円/月
  • 10分電話かけ放題:880円/月
  • Wi-Fiスポット:200円/月
  • 容量追加:500円/0.5GB~
  • 端末保証:450円/月~
  • ウイルスバスター:420円/月
メール
(ocn.ne.jp)
×
テザリング
(無料)

(無料)
初期費用 3,394円 3,400円
違約金/発生期間 8,000円/6ヶ月 9,800円/12ヶ月

※音声対応SIMの月額料金

LINEモバイルに対するOCNモバイルONEの強み

どのプロバイダに対しても言えることですが、OCNモバイルONEの強みの1つが、スマホセットの端末の安さです。

また、LINEモバイルよりも常に同等かそれ以上の種類の端末を販売しているため、スマホとセットで契約したい方はOCNモバイルONEがオススメです。

その他セキュリティ性の高い有料Wi-Fiスポットが無料で使えたり、Amazon MusicやSpotifyなどの有名音楽配信サービス利用時の通信消費フリー(MUSICカウントフリー)になる点などが強みです。

OCNモバイルONEに対するLINEモバイルの強み

一方LINEモバイルの強みは、SNSサイトにアクセスしても通信容量を消費しない点です。音声・ビデオ通話ももちろん消費されないので、頻繁に使われる方はオススメのプランです。

1GB/月プランならLINE、3GB/月以上ならLINE, Twitter, Facebook, Instagramを利用しても通信消費量が減らないので、SNSを頻繁に使っている方にオススメのプロバイダーです。

また、最大容量プランこそ10GBまでですが、1, 3, 5, 7GBと小刻みに容量プランが設定されているため、自分にピッタリの容量プランを選ぶことができる点も強みです。

その他、docomo回線だけでなくSoftBank回線も選ぶことができます。

LINEゲームは容量を消費するなど、全部が容量消費フリーではないのでその点はお気をつけください。
詳しい条件は公式サイトでチェックしてくださいね。

LINEモバイルの詳細ページへ

LINEモバイル公式サイトへ

OCNモバイルONEとmineoを徹底比較!

OCNモバイルONEとLINEモバイルの基本スペックを比較してみました。

印象的なのは、mineoは解約違約金が存在しない点です。

万が一内容に不満があってすぐ解約しても違約金がゼロなのが特長です。

OCNモバイルONE mineo
運営会社 NTTコミュニケーションズ株式会社 株式会社ケイ・オプティコム
通信回線 docomo docomo
au
SoftBank
容量プラン
  • 110MB/日:1,600円
  • 170MB/日:2,080円
  • 3GB/月:1,800円
  • 6GB/月:2,150円
  • 10GB/月:3,000円
  • 20GB/月:4,850円
  • 30GB/月:6,750円
  • 0.5GB/月:1,310円~
  • 3GB/月:1,510円~
  • 6GB/月:2,190円~
  • 10GB/月:3,130円~
  • 20GB/月:4,590円~
  • 30GB/月:6,510円~

注:上記価格はau回線
 docomoは+90円
 SoftBankは+440円

主要オプション
  • 10分かけ放題:850円/月
  • トップ3かけ放題:850円/月
  • かけ放題ダブル:1,300円/月
  • Wi-Fiスポット:無料
  • 容量追加:500円/0.5GB
  • 端末保証:500円/月
  • マイセキュア:250円/月
  • 10分電話かけ放題:850円/月
  • Wi-Fiスポット:362円/月
  • 容量追加:150円/100MB~
  • 端末保証:370円/月~
  • ウイルスバスター:270円/月
  • SMS機能(データSIM用):120円/月~
メール
(ocn.ne.jp)

(mineo.jp)
テザリング
(無料)

(無料)
初期費用 3,394円 3,230円(au)
3,337円(SoftBank)
3,341円(docomo)
違約金/発生期間 8,000円/6ヶ月 なし

※音声対応SIMの月額料金

mineoに対するOCNモバイルONEの強み

どのプロバイダに対しても言えることですが、OCNモバイルONEの強みの1つが、スマホセットの端末の安さです。

また、mineoよりも常に同等かそれ以上の種類の端末を販売しているため、スマホとセットで契約したい方はOCNモバイルONEがオススメです。

その他セキュリティ性の高い有料Wi-Fiスポットが無料で使えたり、Amazon MusicやSpotifyなどの有名音楽配信サービス利用時の通信消費フリー(MUSICカウントフリー)になる点などが強みです。

OCNモバイルONEに対するmineoの強み

どのプロバイダーに対しても言えるのですが、mineoは早期解約による違約金がゼロという点が強みです。

契約したものの不満がありすぐ解約したいという場合でも違約金を払わなくて済む点が特長的です。

また、3回線から契約回線を選べるため、今お持ちの端末をそのまま使いたい場合はmineoが便利です。

あと強みとして、mineoユーザー同士で容量を分け合える「フリータンク」機能によって、容量不足になっても毎月最高1GBまでもらうことができます。

もらってばかりだといけませんが(容量プラン変更の督促が来る)、最悪+1GB増えるという点では他にはない魅力的な機能です。

au回線の月3GBプランは月額1,510円と、他の格安SIMとも比較しても安めなのも強みです。

反面SoftBank回線は高めなので、正直あまりオススメはしません。

解約金はゼロですが、12ヶ月以内にMNP転出する場合MNP転出手数料が9,500円加算されるためその点は要注意です。

mineoの詳細ページへ

mineo(マイネオ)

mineo公式サイトへ

OCNモバイルONEと他社格安SIMを徹底比較!まとめ

とにかく言えることは、スマホとセットで契約する方はOCNモバイルONEがお得なのでオススメということです。

また、容量日割りプランもOCNモバイルONEだけなので、日割りプランを利用したい方はOCNモバイルONEをオススメします。

日割りプランってメリットあるの?

一番のメリットは、遅くても翌日には速度制限から開放されるという点です!
なので、毎日速度制限をそれほど気にすることなく容量を使うことができますよ。

OCNモバイルONEの詳細ページへ

OCNモバイルONE公式サイトへ

一方、他の格安SIMのほうがオススメという方は、以下のような条件の方が該当します:

※1:12ヶ月以内にMNP転出する場合MNP転出手数料が9,500円加算される
※2:エンタメフリー・オプションの加入が必要

各格安SIMプロバイダーの詳細は↓からご確認ください!

BIGLOBEモバイルの詳細ページへ

IIJmioの詳細ページへ

LINEモバイルの詳細ページへ

mineoの詳細ページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました