OCNモバイルONEがスマホセットセールを開催中!1円スマホに最大1万5000円OFFのスマホも!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

【ドコモ】料金2~4割値下げを宣言……の前にしてほしいこと

10月31日の決算説明会において、NTTドコモの吉澤和弘社長から来年度の料金プラン値下げの発表がなされたようです。

総務省(厳密には官房長官)の「4割値下げできるだろ」発言に呼応するかのように、来年度からの料金プランについて言及されています。

果たして「4割値下げ」は本当に実現するのでしょうか?

そしてタイトルにもあるように、ドコモには値下げをする前に別件で不当ともいえる料金形態を正す必要があると思っています。

その件について主に記したいと思います。


※引用記事…ドコモ、携帯料金 2〜4割値下げ 19年春に──吉澤社長が明言:engadget日本版より、小口貴宏記者の投稿

スポンサーリンク

記事要約と所感

決算説明会におけるNTTドコモ・吉澤社長の発言は以下の通り:

  • docomoは2019年度第1四半期(4~6月)に新プランを導入する
  • 携帯料金が2~4割下がる見通し
  • 端末代金と通信料金支払いを別々に購入・契約できる「分離プラン」の導入も予定している

なお、官房長官の発言には触れなかった。


⇒ドコモユーザーからすると朗報とも取れる内容に聞こえます。

新年度スタートとともに新しいプランに変更すれば、吉澤社長の文言通りだと2~4割下がった料金プランを契約することができます。

発表内容に対する私見

4割下がってどうなる?

まず、2~4割下がったところで月額料金はどれくらいになるかを考えると、まだまだ格安SIMの経済的な優位性は崩れそうにありません

私が解約したときの月額基本料金(7,372円)を例に取ると、

7,372円 × 0.6 (4割値下げ) ≒ 4,423円
2,949円値下げ

となり、5,000円を切る価格となります。

確かに安くはなりますが、到底格安SIMの価格帯には追いつきません

現在進行系のドコモユーザーの月額料金を聞いて驚愕

※引用元:ドコモ公式サイトより。11/14時点の料金プラン(パケット通信料分)です。

ドコモ公式サイトの情報を見ると分かりますが、2018年現在の月額料金形態においても、上記の私の例は珍しいタイプではありません。

ベーシックパック、月3GB以下の通信容量使用で月額4,000円、ここに2,700円の基本料金が加わるため、この時点で月額6,700円以上が確定します。

ここにspモード使用料などが加わってくると月7,000円は確実に超えます。

そこに消費税が乗っかるので、単純計算でも月額8,000円に迫ります

この概算があながち間違いでないことが、私の周りに先日「月1GB程度の容量しか使ってないのに月額9,000円を超えているドコモユーザー」がいることで確信しています。

「……本当に月9,000円払ってる人いるんだな」と改めて驚愕しました。

最近CMで「イッキューパ(1980)」と連呼している割に、現実は今も昔も変わってないようです。

なお、基本料金2,700円のカケホーダイプランは、国内電話が24時間無料という特典があります。
これとは別に5分以内の通話が無料になるカケホーダイライトプランは月額1,700円です。

1700円って、格安SIMならだいたいのところが基本料+月3GB通信量込みの月額料金だね。

分離プラン導入で大手キャリアユーザーが気づかされるかもしれないこと

今まで続いた↑の常識が、来年度には変わる…かもしれません(格安SIMは既に分離プラン導入済み)

端末と通信プランを別個で結ぶ「分離プラン」を導入せざるを得なくなったのは、やはり総務省からの号令がかかったからでしょうか。

この分離プランの導入は、大手キャリアにとっては結構な痛手になる気がしています。

大手キャリアは、これまで端末購入とセットで通信プランの契約を行っていたことで月額料金を(2年間だけ)安く見せることに成功していました。

しかし、安くなっている分の料金の本質は「端末料金の値下げ分」です。

端末が安くなっていることを、さも月額料金が値下げされているかのようになかば刷り込ませて、安く見せていた……というのが実情だと思っています。

これが、分離プラン導入によりできなくなります。

うがった見方かもしれませんが、大手キャリアは、今後どのようにして安く「見せる」かが問われることになります。

最近ドコモでは「docomo with」と称して、対象端末購入者は永久的に1,500円引きとしていますが、それを加えた結果が基本プラン2,700円(カケホーダイプラン)であることをユーザーには理解して欲しいと思います。

そもそも高すぎる端末料金

先日ジャパネットが、値引き前の価格を不当に高く表示させることで値下げ額を大きく見せているとして、消費者庁から措置命令を受けたことは記憶に新しいと思います。

私には、大手キャリアも似たようなことをしているとしか思えません。

例えばドコモのAQUOS sense SH-01Kを例にとってみましょう。

SH-01K ※ドコモ公式サイトより引用

SH-01Kはそのスペックを見るに、SIMフリースマホのSH-M05ドコモ版と言ってもいいと思います。

SH-M05はAmazonにて3万円弱という価格で売られています

※11/14に「sh-m05」とAmazonで検索した時の結果表示画面です。

ではドコモではいくらかというと……64,200円です。

「64,200円」について補足

SH-01Kの実質負担金は1269円×24回の総額30,456円(税込)
⇒税抜き価格にすると28,200円

この商品の割引(月々サポート)価格は1500円×24回分 → 36,000円
⇒本来の端末料金は (28,200+36,000)×1.08 =64200円(税込だと69,336円

SH-01Kの「実質負担金」 ※ドコモ公式サイトより引用

※ドコモオンラインショップより引用、ここでも表示されているのは「実質負担金」

SIMフリーだと30,000円しないスペックの商品を「実質」69,000円で販売し、それを値下げと称して約30,000円に値下げした挙げ句、その値下げ分は月額料金が安くなったかのように見せる口実に利用する

SIMロック機能をつけたから高くなっちゃったのですか?」、こんな皮肉を言いたくもなりますね。

私には、このやり口はジャパネットよりも相当悪質に感じるのですが……

逆パターン(?)もある

上の例だと高く売ってるように見えますが、GoogleのスマートフォンPixel3の場合、定価で約10万弱するスマートフォンが、docomoでは5万円台で買えるようです(約4万円の値下げ)。

一概に全部が高いというわけではないことが分かります。

ただし……忘れてはいけないのは、端末代が安くなるのではなく、通信料を値引きすることで端末代金が安くなったように見える(感じる)だけであって、端末代金そのものが安くなったというわけではないということです。

結局のところ、端末の値段はGoogleのサイトで買うのと変わらないんだね。
「通信料の割引」を実質負担額に加えてるから変なことになってるんだな……。

ドコモで買えるPixel3は、ドコモのSIMロックがかかっているので、GoogleでPixel3を買うのと比べてそこが違いますね。

さいごに:割引も大事だが、分離プランを早急に導入すべき

以上より、私は月額料金を値下げする前に、今すぐにでも分離プランを導入し、端末料金の実質負担額でなく総額をきっちり表示することを先に行ってほしいと思います。

安くすると言えば言うほど、格安SIMの安さが際立っている現状を大手キャリアはどう見ているかが気になります。

私が大手キャリアサイドの人間なら、MVNOの通信帯域のレンタル料を倍にあげたりして対抗しようと思うのですが(電気通信事業法に抵触する?)、そうならないことを願っています。

関連記事

総務省、大手キャリアに分離プラン徹底要請も…真の意味の「分離化」は遠い…?
2年縛りや月額料金値下げで大手キャリアと激しい戦闘を繰り返している感のある総務省ですが(そしてことごとく負けている感がありますが)、今度は分離プランの徹底化を要請するようです。 値下げ分は端末のものなのか通信料金のものなのか… どこ...

携帯業界ネタ一覧へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました