【2019年度】格安SIMフリースマホおすすめ人気ランキング

2019年度に日本国内向けに発売されたSIMフリースマホを紹介しています!
過去のスマホ、メーカー別スマホ一覧は↓のリンクからどうぞ。

2019年10~12月に発売されたSIMフリースマホ一覧

秋・冬モデルが揃ったね。

最終更新日:2020年4月7日
※端末名がタップできるスマホは、スペックレビュー+関連商品紹介記事に移動できます。

メーカー
端末名
簡易スペック
ひとこと
SHARP
AQUOS sense3 plus SH-M11
2019年12月25日発売
OS:Android 9.0
画面サイズ:6.0インチ
CPU:Snapdragon 636
市場価格:58,800円

ROM/RAM:128GB/6GB
ひとこと:国産高スタミナスマホ
ASUS
ZenFone Max Pro M2 (ZB631KL)
RAM6GB
2019年12月20日発売
OS:Android 8.1
画面サイズ:6.3インチ
CPU:Snapdragon 660
市場価格:39,500円

ROM/RAM:64GB/6GB
ひとこと:高スタミナ(5000mAh)スマホ
FUJITSU
arrows M05
2019年12月18日発売
OS:Android 9
画面サイズ:5.8インチ
CPU:Snapdragon 450
市場価格:34,800円

ROM/RAM:32GB/3GB
ひとこと:ライトユーザー向けスマホ
HUAWEI
nova 5T
2019年11月29日発売
OS:EMUI 9.1(Android 9ベース)
画面サイズ:6.26インチ
CPU:Kirin 980
市場価格:54,500円

ROM/RAM:128GB/8GB
ひとこと:クアッドカメラスマホ
SHARP
AQUOS sense3 SH-M12
2019年11月27日発売
OS:Android 9.0
画面サイズ:5.5インチ
CPU:Snapdragon 630
市場価格:34,800円

ROM/RAM:64GB/4GB
ひとこと:国産高スタミナスマホ
ASUS
ROG Phone II
(ZS660KL-BK512R12)
2019年11月22日発売
OS:Android 9.0
画面サイズ:6.59インチ
CPU:Snapdragon 855
市場価格:105,500円

ROM/RAM:512GB/12GB
ひとこと:超ハイエンドゲーミングスマホ
ASUS
ROG Phone II
(ZS660KL-BK1TRR12)
2019年11月22日発売
OS:Android 9.0
画面サイズ:6.59インチ
CPU:Snapdragon 855
市場価格:114,090円

ROM/RAM:1TB/12GB
ひとこと:超ハイエンドゲーミングスマホ
OPPO
A5 2020
2019年11月発売
OS:ColorOS 6.0
画面サイズ:6.5インチ
CPU:Snapdragon 665
市場価格:26,800円

ROM/RAM:64GB/4GB
ひとこと:4カメラ高スタミナスマホ
Google
Pixel 4 (64GB)
2019年10月24日発売
OS:Android 10
画面サイズ:5.7インチ
CPU:Snapdragon 855
市場価格:81,800円

ROM/RAM:64GB/6GB
ひとこと:最先端機能搭載スマホ
Google
Pixel 4 (128GB)
2019年10月24日発売
OS:Android 10
画面サイズ:5.7インチ
CPU:Snapdragon 855
市場価格:94,500円

ROM/RAM:128GB/6GB
ひとこと:最先端機能搭載スマホ
Google
Pixel 4 XL (64GB)
2019年10月24日発売
OS:Android 10
画面サイズ:6.3インチ
CPU:Snapdragon 855
市場価格:106,000円

ROM/RAM:64GB/6GB
ひとこと:最先端機能搭載スマホ
Google
Pixel 4 XL (128GB)
2019年10月24日発売
OS:Android 10
画面サイズ:6.3インチ
CPU:Snapdragon 855
市場価格:117,000円

ROM/RAM:128GB/6GB
ひとこと:最先端機能搭載スマホ
OPPO
Reno A
2019年10月18日発売
OS:ColorOS 6.0
画面サイズ:6.4インチ
CPU:Snapdragon 710
市場価格:35,800円

ROM/RAM:64GB/6GB
ひとこと:ミドルレンジ上位スマホ
Sony
Xperia Ace
2019年10月11日発売
OS:Android 9.0
画面サイズ:5.0インチ
CPU:Snapdragon 630
市場価格:49,819円

ROM/RAM:64GB/4GB
ひとこと:コンパクト国産スマホ

2019年度秋~冬は、SONYのSIMフリースマホ・Xperia Aceから幕を開け、Googleお手製のスマホPixel 4シリーズが後に続きました。

Pixel 4はGoogleの総力が結集されたかのような最新技術が織り込まれているという魅力がある反面、基本スペックに大して他社よりコストパフォーマンスが悪く感じるのが第一印象です(高い)。

OPPOがReno A, A5 2020と立て続けに高コスパスマホを発売したこともあり、余計に値段が際立って高く見える印象です。

そして、国産スマホの雄ともいえる存在のSHARPがAQUOS senseシリーズを2台連続で発売。

FUJITSUも負けじとarrows最新作をリリースしましたが、コスパ面では、SHARPがSONY, FUJITSUの2社を抑えている印象です(特にSH-M12)。

注目スマホ1:AQUOS sense3 SH-M12 (SHARP):国産No.1コスパスマホ、普段使いで十分ならコレ

左から、ライトカッパー、シルバーホワイト、ブラック

AQUOS sense3 SH-M12は、国産スマホメーカーSHARPが開発したSIMフリースマートフォンです。

  • 基本的な操作をする分には十分かつ今後数年は問題なく使えるレベルの基本性能
  • 「THE スマートフォン」とも呼べるようなシンプルなデザイン(ノッチなし
  • それでいてメインカメラは2個(デュアルカメラ)と流行も押さえている

まさに多くの人にとって「ちょうどいいスマホ」に仕上がっています。

価格もスマホ全体の中ではお手頃な価格(34800円)で販売されており、2019年秋・冬モデルの中で最も高コスパな国産スマホといえる一品です。

AQUOS sense3 SH-M12の基本スペック

製品名AQUOS sense3 SH-M12
発売元SHARP
発売日2019年11月27日
市場価格34,800円
(税込38,280円)
カラーライトカッパー(SH-M12-C)
シルバーホワイト(SH-M12-S)
ブラック(SH-M12-B)
本体サイズ147×70×8.9mm
重量167g
ディスプレイサイズ5.5インチ
(2160×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2
外部メモリ最大512GB(SDXC)
OSAndroid 9 Pie
CPUSnapdragon 630
(2.2GHz+1.8GHz)
ROM / RAM64GB / 4GB
カメラ画質アウト:1,200万画素×2
イン:800万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量4,000mAh
顔/指紋認証
Jアラート
おサイフケータイ
ハイレゾ
etc.

他社スマホとの比較などは↓の詳細記事をチェックしてくださいね!

SH-M12はこんな方にオススメ

  • 国産スマホでオススメをお探しの方
  • ネット、メール(LINEなど)、電話がキチンと使えれば十分という方
  • せいぜい負荷かけるとしても動画視聴くらい、という方
  • コスパの良いスマホをお探しの方

AQUOS sense3 SH-M12を販売している格安SIM会社は?

会社名を選択すると公式サイトをチェックできます!

AQUOS sense3 SH-M12の販売価格(2020/4/6時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※123,100円
IIJmio※229,800円1,250円
BIGLOBEモバイル※31,500円
LINEモバイル※435,800円
29,800円
1,590円
1,320円
mineo 36,000円1,500円

※1:他社からの乗り換えで5000円OFF+オプション加入で3000円OFFキャンペーン実施中。くわしくは⇒OCNモバイルONEキャンペーンまとめ
※2:5/31まで、スマホ最安100円&初期費用1円キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※3:月額料金半年間1600円OFF&初期費用Gポイント還元&対象端末購入で7,000Gポイントプレゼント実施中(約3万弱おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ
※4:月額基本料最大2ヶ月間無料+LINE Pay or LINEポイント最大5000円分+スマホ値引きキャンペーンを実施中。詳しくはコチラ→LINEモバイルキャンペーンまとめ

 

やっぱ人気スマホってだけあって、どの格安SIM会社も発売してるね。セールをしてなければ最安はOCNモバイルONEだね。

注目スマホ2:Reno A (OPPO):Snapdragon710、6.4インチで3万円台、海外スマホ屈指の人気スマホ

OPPO Reno A(ブラック、ブルー、ディスプレイ正面)

Reno Aは、中国のスマホメーカーの1社、OPPOが2019年10月に発売したミドルレンジ中~上位のスマホです。

OPPOは中国メーカーのスマートフォンですが、おサイフケータイ機能が付いていたりと日本でも使いやすいスマホに仕上げています。

カラーはブルーブラックのシックな2色、6.4インチの大型サイズでありながら重さは169.5gも軽めに仕上がっている点も印象的です。

OPPO Reno Aの基本スペック

製品名Reno A
発売元OPPO
発売日2019年10月18日
市場価格35,800円
カラーブルー
ブラック
本体サイズ158.4×75.4×7.8mm
重量169.5g
ディスプレイサイズ6.4インチ
(2340×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2(DSDV)
対応外部メモリmicroSD (XC)
(最大256GB)
OSColorOS6.0
(Based on Android9.0)
CPUSnapdragon 710
ROM / RAM64GB / 6GB
カメラ画質アウト:1,600万+200万画素(デュアル)
イン:2500万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量3,600mAh
USB Type-C
顔/指紋認証
おサイフケータイ
近接センサー、光センサー etc.

顔認証もあって、DSDVでSnapdragon710で3万円台ですか…さすが中国のスマホのコスパは段違いですね。

Q.その他Reno Aの特徴を挙げるとすると…?

  • インカメラが2500万画素と高画質
  • ディスプレイが2340×1080pxの高解像度FHD+
  • 防水・防塵機能高め
  • ノッチあるけど最小限で気にならない

Reno Aはこんな方にオススメ

  • 超コスパスマホでオススメをお探しの方
  • 海外スマホでも気にしないという方
  • おサイフケータイが使えるスマホをお探しの方

Reno Aを販売している格安SIM会社は?

会社名を選択すると公式サイトをチェックできます!

OPPO Reno Aの販売価格(2020/4/6時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※127,000円
IIJmio※229,800円
19,800円
1,250円
830円
BIGLOBEモバイル※31,490円
LINEモバイル※435,800円
29,800円
1,590円
1,280円
mineo 34,800円1,450円

※1:他社からの乗り換えで5000円OFF+オプション加入で3000円OFFキャンペーン実施中。くわしくは⇒OCNモバイルONEキャンペーンまとめ
※2:5/31まで、スマホ最安100円&初期費用1円キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※3:月額料金半年間1600円OFF&初期費用Gポイント還元&対象端末購入で7,000Gポイントプレゼント実施中(約3万弱おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ
※4:月額基本料最大2ヶ月間無料+LINE Pay or LINEポイント最大5000円分+スマホ値引きキャンペーンを実施中。詳しくはコチラ→LINEモバイルキャンペーンまとめ

 

OCNモバイルONEが安いですね、続いてIIJmioが僅差で安く売ってますね。

注目スマホ3:AQUOS sense3 plus SH-M11 (SHARP):SH-M12のハイグレード版、IGZO×4000mAhで電池超長持ち

AQUOS sense3 plus SH-M11(ディスプレイ正面、ムーンブルー、ブラック、ホワイト)

AQUOS sense3 plus SH-M11は、2019年12月末に発売された、SH-M07(AQUOS sense plus)以来となるsense plusシリーズです。

先に発売されたSH-M12よりワンランク上のスペックに仕上がっています。

☆SH-M12との差は?
  • CPU(処理性能):Snapdragon 630のSH-M12に対しワンランク上の636を採用
  • ROM(保存領域):倍増の128GB
  • ディスプレイ:0.5インチアップの6.0インチ
  • カメラ:メインカメラ2台の解像度がちょっぴりアップ

ROMの倍増とディスプレイサイズアップが印象的だね。

カラーはムーンブルー、ホワイト、ブラックの3色となっており、「ムーンブルー」はかなり薄めの水色という印象です。

AQUOS sense3 plus SH-M11の基本スペック

製品名AQUOS sense3 plus SH-M11
発売元SHARP
発売日2019年12月25日
市場価格58,800円
(税込64,680円)
カラームーンブルー(SH-M11-A)
ホワイト(SH-M11-W)
ブラック(SH-M11-B)
本体サイズ160×75×8.7mm
重量175g
ディスプレイサイズ6.0インチ
(2260×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2
外部メモリ最大512GB(SDXC)
OSAndroid 9 Pie
CPUSnapdragon 636
ROM / RAM128GB / 6GB
カメラ画質アウト:1,200万(標準)+1310万画素(広角)
イン:800万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量4,000mAh
顔/指紋認証
Jアラート
おサイフケータイ
ハイレゾ
etc.

SH-M11はこんな方にオススメ

  • SH-M12よりスペックが良いスマホをお求めの方
  • ディスプレイサイズは6インチ欲しいという方
  • 動画も結構観たいという方

AQUOS sense3 plus SH-M11を販売している格安SIM会社は?

会社名を選択すると公式サイトをチェックできます!

AQUOS sense3 plus SH-M11の販売価格(2020/3/25時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※140,000円
IIJmio※249,800円2,080円
BIGLOBEモバイル※32,270円
mineo 56,400円2,350円

※1:他社からの乗り換えで5000円OFF+オプション加入で3000円OFFキャンペーン実施中。くわしくは⇒OCNモバイルONEキャンペーンまとめ
※2:5/31まで、スマホ最安100円&初期費用1円キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※3:月額料金半年間1600円OFF&初期費用Gポイント還元&対象端末購入で7,000Gポイントプレゼント実施中(約3万弱おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ

SH-M11もいろんな会社が出してるね。安いのはOCNモバイルONEか~

 

2019年4月~9月末に発売されたSIMフリースマホ一覧

最終更新日:2019年8月23日
※端末名がタップできるスマホは、スペックレビュー+関連商品紹介記事に移動できます。

メーカー
端末名
簡易スペック
ひとこと
ASUS
ZenFone 6 (128GB/6GB)
2019年8月23日発売
OS:Android 9.0
画面サイズ:6.4インチ
CPU:Snapdragon 855
市場価格:69,500円

ROM/RAM:128GB/6GB
ひとこと:フルディスプレイハイスペックスマホ
OPPO
Reno 10x Zoom
2019年7月12日発売
OS:ColorOS 6
画面サイズ:6.65インチ
CPU:Snapdragon 855
市場価格:99,880円

ROM/RAM:256GB/8GB
ひとこと:大画面トリプルカメラスマホ
Black Shark(Xiaomi)
Black Shark 2
2019年6月7日発売
OS:Android 9.0
画面サイズ:6.39インチ
CPU:Snapdragon 855
市場価格:107,870円

ROM/RAM:256GB/12GB
ひとこと:超ハイスペックスマホ
MOTOROLA
moto g7 plus
2019年6月7日発売
OS:Android 9.0
画面サイズ:6.24インチ
CPU:Snapdragon 636
市場価格:38,800円

ROM/RAM:64GB/4GB
ひとこと:ミドルレンジ中・上位スマホ
MOTOROLA
moto g7
2019年6月7日発売
OS:Android 9.0
画面サイズ:6.24インチ
CPU:Snapdragon 632
市場価格:30,800円

ROM/RAM:64GB/4GB
ひとこと:ミドルレンジ中位スマホ
MOTOROLA
moto g7 power
2019年6月7日発売
OS:Android 9.0
画面サイズ:6.2インチ
CPU:Snapdragon 632
市場価格:25,800円

ROM/RAM:64GB/4GB
ひとこと:大容量バッテリースマホ
HUAWEI
P30 lite
2019年5月24日発売
OS:Android 9.0
画面サイズ:6.15インチ
CPU:Kirin 710
市場価格:32,880円

ROM/RAM:64GB/4GB
ひとこと:高コスパ、トリプルカメラスマホ
HUAWEI
P30
2019年5月24日発売
OS:Android 9.0
画面サイズ:6.1インチ
CPU:Kirin 980
市場価格:77,880円

ROM/RAM:128GB/6GB
ひとこと:ハイスペック、トリプルカメラスマホ
Google
Pixel 3a
2019年5月17日発売
OS:Android 9.0
画面サイズ:5.6インチ
CPU:Snapdragon 670
市場価格:48,600円

ひとこと:Googleのスマホ
Google
Pixel 3a XL
2019年5月17日発売
OS:Android 9.0
画面サイズ:6.0インチ
CPU:Snapdragon 670
市場価格:60,000円

ひとこと:ミドルレンジ中・上位スマホ
MAYA SYSTEM
jetfon 6
2019年5月14日発売
OS:Android 8.1
画面サイズ:5.7インチ
CPU:Spreadtrum SC9850K
ROM/RAM:16GB/2GB
市場価格:16,800円

ひとこと:海外でも使えるスマホ
PALM
Palm Phone
2019年4月24日発売
OS:Android 8.1
画面サイズ:3.3インチ
CPU:Snapdragon 435
市場価格:41,482円

ひとこと:超小型ローエンドモデル、ファン・マニア向けスマホ
BlackBerry
BlackBerry KEY2 RED EDITION
100台限定発売
2019年4月12日発売
OS:Android 8.1
画面サイズ:4.5インチ
CPU:Snapdragon 660
市場価格:89,880円

ひとこと:キーボード付、マニア(ファン)向けスマホ
SHARP
AQUOS zero SH-M10
2019年4月9日発売
OS:Android 9
画面サイズ:6.2インチ
CPU:Snapdragon 845
市場価格:99,880円

ひとこと:ハイスペック、ヘビーユーザー向けスマホ

2019年4月1日から9月末までに発売されたSIMフリースマホ一覧です(※特定の販売店でしか買えないモデルは省略しています)。

SHARPのハイスペックスマホや、昨年発売されたGoogleスマホの廉価版などが注目商品です。

5/24にHUAWEIの新作スマホ、P30/P30 liteが発売されました。発売当初は諸問題で入手困難でしたが、今では多くの店で買えるようになりましたね。

注目スマホ1:AQUOS zero SH-M10 (SHARP):国産ハイスペックスマホ

AQUOS zero SH-M10(アドバンスドブラック)

AQUOS zero SH-M10は、4月に発売されたSHARPのSIMフリースマホです。

過去SHARP製スマホの中でも群を抜いてスペックを向上させています。

今まで業界全体の平均クラスのスマホしか作ってこなかった感のあるSHARPですが、SH-M10に関しては他社のフラグシップモデルに挑むような一台に仕上げています。

※どの辺がハイスペック?
  • 発売時点で最高クラスのCPU(Snapdragon 845)
  • 保存領域(ROM)が128GB
  • メモリ(RAM)が6GB
  • ディスプレイが6インチ超え(6.2インチ)

AQUOS zero SH-M10の基本スペック

カラーアドバンスドブラック
本体サイズ154×73×8.8mm
重量146g
ディスプレイサイズ6.2インチ(2992×1440 px)
SIMサイズnanoSIM
メモリサイズ
OSAndroid 9.0
CPUSnapdragon 845
(2.6GHz+1.7GHz)
ROM / RAM128GB / 6GB
カメラ画質アウト:2,260万画素
イン:800万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量3,130mAh
顔/指紋認証
Jアラート
おサイフケータイ
近接センサー、光センサー etc.

SH-M10はこんな方にオススメ

  • 最新スマホが欲しい方
  • 国産スマホが欲しい方
  • ハイスペックスマホが欲しい方

国産ハイスペックSIMフリースマホをお探しの方は、SH-M10がオススメです!

AQUOS zero SH-M10を販売している格安SIM会社は?

会社名を選択すると公式サイトをチェックできます!

2020/3/25時点のSH-M10の価格表

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※140,200円
IIJmio※243,800円1,830円
mineo 96,000円4,000円

※1:他社からの乗り換えで5000円OFF+オプション加入で3000円OFFキャンペーン実施中。くわしくは⇒OCNモバイルONEキャンペーンまとめ
※2:5/31まで、スマホ最安100円&初期費用1円キャンペーン実施中。詳しくはコチラ

 

注目スマホ2:Pixel 3a (Google):Google Pixel 3の廉価版スマホ

Google Pixel 3a(Clearly White)

Pixel 3aは、2019年5月17日にGoogleから発売されたミドルレンジクラスのスマホです。

去年発売されて話題になったPixel 3Pixel 3 XLは日本のニーズに合ってなかったのか売れ行きが低調と言われており、Pixel 3aはその巻き返しを狙って発売された1台といえます。

スペックを控えめにしたことで価格が大きく下がりました。

「控えめ」とはいえ、ライトユーザーには十分すぎるスペックです。

☆Pixel 3aのポイントは?
  • 日常利用には十分すぎるCPU(Snapdragon 670)
  • すぐに困らないだけの保存領域64GB
  • 上下の区別がないUSB type-Cで充電しやすい
  • おサイフケータイ機能内蔵

Pixel 3aの基本スペック

カラーJust Black
Purple-ish
Clearly White
本体サイズ151.3×70.1×8.2mm
重量147g
ディスプレイサイズ5.6インチ(2220×1080 px)
SIMサイズnanoSIM
メモリサイズ
OSAndroid 9.0
CPUSnapdragon 670
ROM / RAM64GB / 4GB
カメラ画質アウト:1220万画素
イン:800万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量3,000mAh
指紋認証
気圧計
おサイフケータイ
ジャイロメーター
近接センサー、光センサー etc.

Pixel 3aはこんな方にオススメ

  • 最新スマホが欲しい方
  • コストパフォーマンスが高いスマホが欲しい方
  • Googleのスマホが欲しい方

Pixel 3aを販売している格安SIM会社は?

あれ、ないの?

SIMカードとセットで買える格安SIM会社は確認していません(Amazonでも発売されていないようです)。

SIMフリーモデルを希望する方はGoogle Store(≒公式)で買うことになりそうです。

Google Storeへ

Google Storeでケースなどの関連商品も売ってますよ!

また、NTTドコモ、ソフトバンクでGoogle 3aの予約が始まりました。ドコモ・ソフトバンクユーザーの方はネットで予約が可能です。

各社で販売されるGoogle 3aは、各社ごとのSIMロックが付いていると考えられます。

ドコモオンラインショップへ

ソフトバンクオンラインショップへ

 私の個人的見解ですが、購入ルートが(SIMフリーに関しては)Googleの公式くらいでしか買えないという点がPixel 3低調の理由なのではないかと思ってます(あと純粋にコスパが……)。
 アメリカ車が日本で売れないとキレてるお嘆きの某大統領ですが、それも「専用のディーラーが日本にないから(≒購入可能ルートが少ないから)」と言われてますし、パターンとしては似てるような気がします。
 格安SIM会社で売られるようになれば、Pixel 3シリーズはある程度売れるのでは……?と思ってます。

注目スマホ3:P30 lite(HUAWEI):トリプルカメラが3万円台で手に入る!

HUAWEI P30 lite(中央:ピーコックブルー、右:ミッドナイトブラック)

P30 liteは、2019年5月24日にHUAWEIから発売されたSIMフリースマートフォンです。

昨年世界中で大ヒットした前シリーズ作、P20 liteの後継機にあたる端末ということで、かなり高い期待が寄せられていた1台ですが、その期待に応えるスペックを持ったスマホがリリースされました。

昨年アウトカメラに3台のレンズを搭載して話題になったトリプルカメラを早速Pシリーズの新作にも搭載する運びとなりました。

インカメラと合わせると計4台ものレンズが1台のスマホに搭載されていることになります。

P30 liteの背面。黒い枠の部分がカメラ部分。Mate 20 Proはライトも含めて正方形の頂点をイメージする配列になっていたが(2×2の配列)、P30 liteは3台のカメラを一列に配置している。

☆P30 liteの搭載カメラ一覧
  • 2400万画素(アウトカメラ1、超広角)
  • 800万画素(アウトカメラ2)
  • 200万画素(アウトカメラ3)
  • 2400万画素(インカメラ)

P30 liteの基本スペック

カラーピーコックブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
本体サイズ152.9×72.7×7.4mm
重量159g
ディスプレイサイズ6.15インチ(2312×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2 (DSDV)
メモリサイズmicroSIM(512GB)
OSAndroid 9.0
CPUKirin 710
ROM / RAM64GB / 4GB
カメラ画質アウト:2400万+800万+200万画素(トリプルカメラ)
イン:2400万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量3,340mAh
指紋認証
ジャイロセンサー
近接センサー、環境光センサー etc.

P30 liteはこんな方にオススメ

  • 最新スマホが欲しい方
  • 高コスパスマホが欲しい形
  • 写真をよくスマホで撮る方
  • 他とは違う機能を持っているスマホが欲しい方

P30 liteをセット販売している格安SIM会社は?

会社名を選択すると公式サイトをチェックできます!

P30 liteの販売価格(2020/4/6時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※112,800円
IIJmio※223,800円
14,800円
1,080円
620円
BIGLOBEモバイル※3880円
LINEモバイル※429,800円
24,800円
1,350円
1,100円
mineo 32,400円1,350円
LIBMO28,800円
21,600円※5
1,200円
900円※5

※1:他社からの乗り換えで5000円OFF+オプション加入で3000円OFFキャンペーン実施中。くわしくは⇒OCNモバイルONEキャンペーンまとめ
※2:5/31まで、スマホ最安100円&初期費用1円キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※3:月額料金半年間1600円OFF&初期費用Gポイント還元&対象端末購入で7,000Gポイントプレゼント実施中(約3万弱おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ
※4:月額基本料最大2ヶ月間無料+LINE Pay or LINEポイント最大5000円分+スマホ値引きキャンペーンを実施中。詳しくはコチラ→LINEモバイルキャンペーンまとめ
※5:一緒にSIMカードを契約した場合の実質価格。詳しくは⇒LIBMO公式サイト

2019年1~3月に発売されたSIMフリースマホ一覧

まだまだ新しいモデルだね。

※端末名がクリックできるスマホは、スペックレビュー+関連商品紹介記事に移動できます。

メーカー
端末名
簡易スペック
ひとこと
ASUS
ZenFone Max Pro M2 (ZB631KL)
2019年3月15日発売
OS:Android 8.1
画面サイズ:6.3インチ
CPU:Snapdragon 660
市場価格:35,500円

ひとこと:大容量バッテリー&高コスパスマホ
ASUS
ZenFone Max M2 (ZB633KL)
2019年3月15日発売
OS:Android 8.1
画面サイズ:6.3インチ
CPU:Snapdragon 632
市場価格:26,500円

ひとこと:コスパ重視スマホ
SHARP
RoBoHoN SR-03M-Y
2019年2月27日発売
OS:Android 8.1
画面サイズ:2.6インチ
CPU:Snapdragon 430
市場価格:180,000円

ひとこと:動くかわいい近未来的スマホ
SHARP
AQUOS R2 compact SH-M09
2019年2月21日発売
OS:Android 9
画面サイズ:5.2インチ
CPU:Snapdragon 845
市場価格:81,880円

ひとこと:小型ハイスペックスマホ
HUAWEI
nova lite 3
2019年2月1日発売
OS:Android 9
画面サイズ:6.21インチ
CPU:Kirin 710
市場価格:26,880円

ひとこと:低価格大画面スマホ
Wiko
Tommy3 Plus
2019年1月末発売
OS:Android 8.1
画面サイズ:5.45インチ
CPU:MT6739WW
市場価格:14,800円

ひとこと:ローエンドモデルスマホ

2019年1~3月に発売されたスマホで、一番最初に注目が集まったのはnova lite 3です。

「これだけのスペックで3万円以下!?」という驚きの高コスパスマホで、背面デザインも美しく仕上がっています。

それからSHARPの小型ハイスペックスマホSH-M09に、nova lite 3の対抗的存在のZenFone Max M2など、立て続けに注目スマホが発売されました。

一部のファン限定かもしれませんが、RoBoHoNの最新作登場も注目が集まりました。

RoBoHoN直立型(SHARP SR-03M)

これがスマホなのか……かわいいね

RoBoHoNはテレビのバラエティ番組でも紹介されてたので、知ってる方も多いのではないでしょうか?

注目スマホ1:nova lite 3 (HUAWEI):6インチで3万以下の高コスパ!

HUAWEI nova lite 3(コーラルレッド、オーロラブルー、ミッドナイトブラック)

nova lite 3は、2019年2月にHUAWEIから発売されたミドルレンジクラスのスマホです。

ハイスペックスマホを積極的に発売しているHUAWEIですが、このnova lite 3は比較的スペックを抑えたコスパ重視スマホに仕上がっています。

発売開始価格で税込3万円以下という値段でディスプレイサイズは6.21インチ(解像度はフルHD+)というのが驚きです。

大きいディスプレイのスマホが欲しいけど高くて敬遠していた方にはうってつけのスマホです。

☆このスペックで3万以下!
  • ディスプレイ6インチ超え(6.21インチ)
  • フルHD+画質(2340×1080ピクセル)
  • アウトカメラがデュアル(レンズ2個)
  • インカメラも超高画素(1600万画素)
  • 大容量バッテリー(3400mAh)
  • メモリ3GB
  • 高級感のある背面(特にオーロラブルー)

nova lite 3の基本スペック

カラーオーロラブルー(
コーラルレッド(
ミッドナイトブラック(
本体サイズ155.2×73.4×7.95mm
重量160g
ディスプレイサイズ6.21インチ(2340×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2
メモリサイズmicroSD(最大512GB)
OSAndroid 9
CPUKirin 710(2.2GHz+1.7GHz)
ROM / RAM32GB / 3GB
カメラ画質アウト:1300万画素+200万画素
イン:1600万画素
Wi-FiIEEE802.11 b/g/n
バッテリー容量3400mAh
指紋認証
コンパス
近接センサー、光センサー、加速度センサー

nova lite 3はこんな方にオススメ

  • ライトユーザーな方(WEB検索、SNS、電話、軽いアプリetc.しか使わない)
  • 安くて大きいディスプレイのスマホが欲しい
  • ハイコストパフォーマンススマホが欲しい
  • メーカー国籍にこだわりはない

nova lite 3を販売している格安SIM会社は?

会社名を選択すると公式サイトをチェックできます!

nova lite 3の価格表(2020/4/6時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※114,800円
IIJmio※210,800円
100円
455円
5円
BIGLOBEモバイル※31,120円
LINEモバイル※422,880円
16,880円
1,030円
mineo 24,000円1,000円
DMMモバイル26,880円1,429円

※1:他社からの乗り換えで5000円OFF+オプション加入で3000円OFFキャンペーン実施中。くわしくは⇒OCNモバイルONEキャンペーンまとめ
※2:5/31まで、スマホ最安100円&初期費用1円キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※3:月額料金半年間1600円OFF&初期費用Gポイント還元&対象端末購入で7,000Gポイントプレゼント実施中(約3万弱おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ
※4:月額基本料最大2ヶ月間無料+LINE Pay or LINEポイント最大5000円分+スマホ値引きキャンペーンを実施中。詳しくはコチラ→LINEモバイルキャンペーンまとめ

 

注目スマホ2:AQUOS R2 compact SH-M09 (SHARP):コンパクト・ハイスペックスマホ

AQUOS R2 compact SH-M09(ディープホワイト)

AQUOS R2 compact SH-M09は、2019年2月21日にSHARPから発売された小型ハイスペックスマホです。

最近はハイスペックスマホ=大型という図式に沿ったスマホが大半ですが、このSH-M09はディスプレイサイズを5.2インチまで抑えているところが特徴です。

その他のスペック面においてはハイスペックの名にふさわしい機能を搭載しています。

☆SH-M09のココがハイスペック
  • CPU:Snapdragon 845
  • 保存領域(ROM):64GB
  • Wi-Fi:ac規格まで対応
  • アウトカメラ画質:2,260万画素
  • 認証機能:顔/指紋 両対応

⇒これだけのスペックで高さ131mm、幅64mmという小型サイズ化を実現

AQUOS R2 compact SH-M09の基本スペック

カラーディープホワイト
ピュアブラック
本体サイズ131×64×9.3mm
重量135g
ディスプレイサイズ5.2インチ(2280×1080 px)
SIMサイズnanoSIM
メモリサイズmicroSD(最大512GB)
OSAndroid 9(Pie)
CPUSnapdragon 845
(2.6GHz×4+1.7GHz×4)
ROM / RAM64GB / 4GB
カメラ画質アウト:2,260万画素
イン:800万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量2,500mAh
顔・指紋認証
おサイフケータイ
Jアラート
防水(IPX5/IPX8)
防塵(IP6X)
etc.

SH-M09はこんな方にオススメ

  • ハイスペックなスマホが欲しい
  • 端末サイズはあまり大きくないものが欲しい
  • 国産メーカーのスマホが欲しい

SH-M09を販売している格安SIM会社は?

会社名を選択すると公式サイトをチェックできます!

2020/3/25時点の端末価格表

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※124,800円
IIJmio※228,800円1,210円
BIGLOBEモバイル※32,300円
mineo 74,880円3,120円

※1:他社からの乗り換えで5000円OFF+オプション加入で3000円OFFキャンペーン実施中。くわしくは⇒OCNモバイルONEキャンペーンまとめ
※2:5/31まで、スマホ最安100円&初期費用1円キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※3:月額料金半年間1600円OFF&初期費用Gポイント還元&対象端末購入で7,000Gポイントプレゼント実施中(約3万弱おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ

 

注目スマホ3:ZenFone Max Pro M2 (ZB631KL) (ASUS):バッテリー5000mAhの大容量スタミナスマホ

ASUS ZenFone Max Pro M2 (ZB631KL) (コズミックチタニウム、ミッドナイトブルー)

ZenFone Max Pro M2 (ZB631KL)は、2019年3月にASUSより発売されたミドルレンジ上位のSIMフリースマホです。

ZenFone Maxシリーズはバッテリー容量がウリのスマホです。Max Pro M2はなんと5,000mAhと普通のスマホの1.5~2倍の容量を搭載しています。

キレイな背面が印象的で、スペックも3万円台にしてはコストパフォーマンスが高い印象です。

☆3万円台でこのスペック!
  • Snapdragon 660搭載(ミドルレンジ上位クラス)
  • ディスプレイ6.3インチ、フルHD+画質
  • 保存領域(ROM)64GB
  • メモリ(RAM)4GB
  • アウトカメラがデュアルレンズ
  • バッテリー容量5000mAh

ZenFone Max Pro M2 (ZB631KL)の基本スペック

カラーミッドナイトブルー
コズミックチタニウム
本体サイズ157.9×75.5×8.5mm
重量175g
ディスプレイサイズ6.3インチ(2280×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2
(DSDV)
メモリサイズmicroSD
(最大2TB)
OSAndroid 8.1
CPUSnapdragon 660
ROM/RAM64GB/4GB
カメラ画質アウト:1200万+500万画素(深度測定用)
イン:1300万画素
Wi-FiIEEE802.11
b/g/n
バッテリー容量5,000mAh
顔/指紋認証
加速度、近接、光センサー
GPS機能
テザリング

ZenFone Max Pro M2はこんな方にオススメ

  • 1日中外出先でスマホを使っても切れないバッテリーが欲しい方
  • 低価格で大画面ディスプレイのスマホが欲しい方
  • 特別国産志向ではない方
  • ASUSファンの方

ZenFone Max Pro M2を販売している格安SIM会社は?

会社名を選択すると公式サイトをチェックできます!

ZenFone Max Pro M2の販売価格(2020/3/25時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※123,900円
IIJmio※224,800円1,045円
BIGLOBEモバイル※31,490円
LINEモバイル※435,500円
34,800円
1,580円
1,540円
mineo 35,400円1,475円
LIBMO34,800円
27,600円※5
1,450円
1,150円※5

※1:他社からの乗り換えで5000円OFF+オプション加入で3000円OFFキャンペーン実施中。くわしくは⇒OCNモバイルONEキャンペーンまとめ
※2:5/31まで、スマホ最安100円&初期費用1円キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※3:月額料金半年間1600円OFF&初期費用Gポイント還元&対象端末購入で7,000Gポイントプレゼント実施中(約3万弱おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ
※4:月額基本料最大2ヶ月間無料+LINE Pay or LINEポイント最大5000円分+スマホ値引きキャンペーンを実施中。詳しくはコチラ→LINEモバイルキャンペーンまとめ
※5:一緒にSIMカードを契約した場合の実質価格。詳しくは⇒LIBMO公式サイト

 

ほとんど売り切れですね。
値下げを活用したらLIBMOが一番安いですね。

まとめ

2019年モデルが揃ったね!

まだまだ日本国内では浸透が薄いと感じるSIMフリースマホですが、これから格安SIMやWi-Fiなどの普及が進んでもっと盛り上がっていったらなと思います。

SIMカードとスマホのセット購入なら、OCNモバイルONEがお得

引用元: OCNモバイルONE公式サイトより

格安SIMブランドの中でも、特にOCNモバイルONEのらくらくセット(スマホセット)は端末を超低価格で販売しています。

というのも、端末を売って儲けるというよりも、スマホセットを機にOCNモバイルONEに加入してもらって長期に契約してもらう経営スタイルを採っているからです(ソース:コチラ)。

OCNモバイルONEは契約するだけで外出先の有料級Wi-Fiスポットが無料で使えたりなど、お得な機能も多いのでオススメの格安SIMブランドです。

格安SIMへの乗り換えを検討している方は、SIMフリースマホとのセット購入でOCNモバイルONEに乗り換えることをオススメします。

 

OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!


タイトルとURLをコピーしました