OCNモバイルONEのスマホセットが最大15,000円おトクに買える!!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

AQUOS sense4 SH-M15のスペックレビュー+スマホ比較&最安値情報まとめ

シャープの新作SIMフリースマホがついに発売されました!

この記事では、SHARPのSIMフリースマホ、AQUOS sense4(SH-M15)

  • 基本スペック
  • 特徴
  • 競合スマホとの比較
  • 関連商品(フィルム、ケースなど)

を紹介しています。

また、記事の後半にはSH-M15を安く買う方法も紹介していますので、まだ買おうかお悩み中の方は合わせてチェックしてみてくださいね。

関連商品をお探しの方は、コチラをクリックorタップすると対象箇所までジャンプできます。

スポンサーリンク

AQUOS sense4 SH-M15 の基本スペック情報

AQUOS sense4 SH-M15(ディスプレイ正面、ライトカッパー、ブラック、シルバー)

AQUOS sense4 SH-M15の基本スペック

製品名AQUOS sense4 SH-M15
発売元SHARP
発売日2020年11月27日
市場価格35,900円
カラーライトカッパー(
ブラック(
シルバー(
本体サイズ148×71×8.9mm
重量177g
ディスプレイサイズ5.8インチ
フルHD+(2280×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2
(DSDV)
外部メモリ最大1TB(microSDXC)
OSAndroid 10
CPUSnapdragon 720G
(2.3GHz+1.8GHz)
ROM / RAM64GB / 4GB
カメラ画質■アウト:トリプルカメラ
 1200万画素(広角)
 1200万画素(標準)
 800万画素(望遠)
■イン:800万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量4570mAh
対応バンド■3G
B1 / B5 / B6 / B8 / B19
■4G
B1 / B3 / B5 / B8 / B12 / B17 / B18 / B19 / B39 / B41
USB Type-C
指紋/顔認証
おサイフケータイ
ハイレゾ
防水/防塵(IP68)
GPS
近接センサー etc.

※2枚目は外部メモリ(microSD)と排他仕様

sense4 SH-M15の簡易設計図。ボタン類は右側に配置されている。


AQUOS sense4は、sense4シリーズでのエントリーモデルとなるスマホです。

保存領域(ROM)が64GB、メモリ(RAM)が4GB、CPUにSnapdragon 720Gと700番台のCPUが採用されています。

1, 2年前ならハイエンドモデルに位置するレベル、現状でもミドルレンジクラスの中上位のスマホに仕上がっています。

AQUOS sense4 SH-M15の特徴まとめ

sense4ってどんな感じ?

AQUOS sense4 SH-M15の特徴を簡単にまとめました!
  • 1週間保つ」長持ちバッテリー搭載!
  • 前作(sense3 SH-M12)より約2.2倍のCPU処理性能
  • トリプルカメラで誰でも上級者並の写真が撮れる!

「1週間保つ」長持ちバッテリー搭載!

公式サイトより引用。特長として最初に挙げているのがバッテリーの「容量」ではなく「持ち」。

sense4最大のウリが電池の持ちです。

平均的なスマホ利用で約180時間(1週間以上!)もつと豪語しています。
※1日あたり約1時間の利用(通話、メッセージ送受信中心)と約23時間の待機時間を想定し、実測したもの

そして今作ではsenseシリーズとしては最大の4570mAhを搭載したことで、1週間連続稼働を可能にしたと考えられます。

実際こまめに使い出すとさすがに1週間は持たないような気はしますが、3日に1回は充電機会もあるでしょうから、言えそうなのは「電池の保ちに不満を感じることはほぼない」ということでしょう。

いろんなアプリを大量にインストールしたり待機状態にしておくと、それだけで電力も消費されるので、そのような点を気をつけて使えば本当に1週間保ちそうな気がしますね……

前作(sense3 SH-M12)より約2.2倍のCPU処理性能!

SH-M15ではCPUにSnapdragon 720Gを採用しました。

先代モデルsense3 SH-M12ではSnapdragon 630を使っていましたが、先代とくらべて処理性能が2.2倍向上したとのことです(SHARP公式談)。

アプリの起動や画面表示などのサクサク度が大きく上がって、使い勝手もさらに向上したといえますね。

トリプルカメラで誰でも上級者並の写真が撮れる!

sense4の背面カメラデザイン、左上:光学2倍望遠カメラ、右上:121°広角カメラ、左下:メインカメラ

  • メイン(標準)カメラ:1200万画素
  • 広角カメラ:1200万画素
  • 望遠カメラ:800万画素

3つのカメラをAIが使い分け、あらゆる場面で良質な写真を撮ることができます

また手ブレ補正などの機能も充実しており、まだ動画撮影したことが無い方でも気軽に動画で思い出を残すことができます

★SH-M15に搭載されたカメラ機能一覧

  • 背景ぼかし(ポートレート)撮影
  • オートHDR(ハイダイナミックレンジ)撮影
  • 手ブレ補正(ProPix2)
  • 動画撮影中に静止画の自動撮影(AIライブシャッター)
  • 動画撮影中に約15秒のショートムービー撮影(AIライブストーリー)
  • Google ARCore対応

AQUOS sense4 SH-M15の注意点は?

なんか気をつけることある?

AQUOS sense4 SH-M15購入に際してあらかじめ注意しておくべき点を挙げてみました。

  • インカメラがノッチ仕様
  • SIMカード2枚目とmicroSDが共用(排他仕様)
  • 5G非対応

インカメラがノッチ仕様

インカメラ(800万画素)が5.8インチディスプレイの真上の部分に配置されている。

先代(SH-M12)、先々代(SH-M08)とともにインカメラがディスプレイの外に設計されていましたが、今作はインカメラがディスプレイの内部に設計されている「ノッチ」仕様となっています

ノッチが少し気になる方にとっては、慣れるか別のスマホを選ぶことになります。

コンパクト・軽量化するための設計ということかな。仕方ないね。

SIMカード2枚目とmicroSDが共用(排他仕様)

SH-M15はSIMカード2枚使用可能なDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)仕様となっています。

ただ、「microSDも使いたい」という場合、SIMカードの2枚目のスロットがmicroSDと共用になっているため、SIMカード(2枚目)かmicroSDのどちらかしか使えないようになっています。

両方使えないと困るという方は、トリプルスロット対応のスマホを購入することをオススメします。

最近はわりとトリプルスロットのスマホも多いですね。例えば直近だとASUSのZenFone 7なんかもトリプルスロットでした。

5G非対応

今回使われているSoC・Snapdragon 720Gは5Gに対応していません

そのため、将来的に5Gを使う予定の方は別のスマホを購入する必要があります。

まだ未発売ですが、今後SHARPでも5G対応のスマホが発売予定(早くて年内、遅くても来年春頃?)のため、そちらの発売まで待つことをオススメします。

☆「5Gが自分に必要かわからない」という方へ
⇒常時インターネットを使用するWEB関係の仕事をしている私を含め、大半の方にとって5Gはオーバースペックです。
よほど「5Gは必要不可欠」と実感している方を除いて、今後しばらく(数年)はスマホ購入に際し5G対応の有無については気にしなくて良いと考えます。

AQUOS sense4 SH-M15の競合スマホ比較

他のスマホと比べてどう?

先代スマホや、同時期に発売されたスマホとスペックを簡単にですが比較してみました。

  • AQUOS sense3 SH-M12(先代スマホ)
  • AQUOS sense2 SH-M08(2代前スマホ)
  • AQUOS sense4 plus(同世代上位スマホ、未発売)

V.S. AQUOS sense3 SH-M12|順当なスペックアップを確認!

AQUOS sense3 SH-M12(全4色、左から順にライトカッパー、ホワイトシルバー、ブラック)

AQUOS sense3 SH-M12は、SH-M15発売の約1年前の2019年11月に発売されたスマートフォンです。

1年でどれだけスペックが変化したか見てみたいと思います。

AQUOS sense4 SH-M15AQUOS sense3 SH-M12

■OS
 Android 10

■CPU
 Snapdragon 720G

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 5.8インチ
 解像度:2280×1080

■カメラ解像度
 アウト:12M+12M+8M
 イン:8M

■バッテリー容量
 4570mAh

■市場想定価格
 39,800円

■強み
 CPU性能
 バッテリー容量

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 630

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラ解像度
 アウト:12M+12M
 イン:8M

■バッテリー容量
 4000mAh

■市場想定価格
 34,800円

■強み
 現状価格

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

パッと見では大きくアップしたわけじゃないけど、確実にスペックアップしてるね。

上でも紹介しましたが、Snapdragon 630→720Gに変更したことでCPU処理性能が大きく向上(約2.2倍)しています!そこが大きい変化ですね。

★SH-M15から見たSH-M12の差は?

  • バッテリー容量アップで電池がより長持ちに
  • CPU処理速度大幅アップ(約2.2倍)
  • 背面カメラがダブル→トリプルでカメラ性能もアップ
  • 対するSH-M12の強みは実質「販売価格(安さ)」くらい(あとノッチなし)


V.S. AQUOS sense2 SH-M08|スペック差は歴然、「使えればいい」ならSH-M08はまだアリ

AQUOS sense2 SH-M08(ホワイトシルバー、ニュアンスブラック、アッシュイエロー、アーバンブルー)

AQUOS sense2 SH-M08は、2018年12月下旬に発売されたミドルレンジモデル(当時)のスマートフォンです(現在基準だとローエンドモデル)。

2世代前のスマホということで販売店舗もわずかです。ただライトユーザーなら十分に使えるスペックなので、スマホデビューにはオススメの1台です。

AQUOS sense4 SH-M15AQUOS sense2 SH-M08

■OS
 Android 10

■CPU
 Snapdragon 720G

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 5.8インチ
 解像度:2280×1080

■カメラ解像度
 アウト:12M+12M+8M
 イン:8M

■バッテリー容量
 4570mAh

■市場想定価格
 39,800円

■強み
 基本性能全域

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 450

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラ解像度
 アウト:12M
 イン:8M

■バッテリー容量
 2700mAh

■市場価格(’19/12)
 25,000円

■強み
 安さ

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

最早詳細説明不要のスペック差が確認できます。

ちなみに、SH-M08 → SH-M12のCPU処理性能は15%アップとのことなので(意外と小さい?)SH-M08→SH-M15の処理性能差は単純計算で2.53倍ということになります。

正直なところ、ライトユーザーであればSH-M08でもスペック的には問題ないのですが、これから新しく買い替えたい、長く使いたいとお考えの方は大きく性能が向上したSH-M15を買うほうが長い目で見ておトクと考えます。

SH-M08は店舗によっては1万円台で売られていることもあります。ただ在庫はほぼない状態ですね……
人気格安SIM会社だと2020/11/21時点でIIJmioでのみ端末ラインアップに掲載されています(ただし入荷未定状態)。


V.S. AQUOS sense4 plus|sense4にエンタメ性を大きく加えたplus、なおCPUは一緒

AQUOS sense4 plus(SIMフリー版は今後発売予定)

AQUOS sense4 plusは、今後発売が予想されるsense4のハイグレードモデルのスマホです。sense4がSH-M15として発売されたため、おそらくsense4 plusの型名はSH-M14かSH-M16となるのではと想定できます。

SIMフリー版より先に楽天モバイル楽天モバイル版として発売予定となっているため、そのスペックを参考に比較してみました(SIMフリー版スペックが出次第変更します)。

AQUOS sense4 SH-M15AQUOS sense4 plus

■OS
 Android 10

■CPU
 Snapdragon 720G

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 5.8インチ
 解像度:2280×1080

■カメラ解像度
 アウト:12M+12M+8M
 イン:8M

■バッテリー容量
 4570mAh

■市場想定価格
 39,800円

■強み
 価格
 バッテリー容量

■OS
 Android 10

■CPU
 Snapdragon 720G

■ROM/RAM
 128GB/8GB

■ディスプレイサイズ
 6.7インチ
 解像度:2400×1080

■カメラ解像度
 アウト:48M+5M+1.9M+1.9M
 イン:8M+1.9M

■バッテリー容量
 4120mAh

■市場想定価格
 未定

■強み
 ディスプレイサイズ
 カメラ性能(イン・アウト)
 ROM/RAM容量
 ステレオスピーカー

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

★2台の違いのポイントは?

  • CPUに差はなし
  • sense4 plusはROM/RAM容量が倍に
  • 一番の差はカメラスペック(plusは背面4台、正面2台!)とディスプレイサイズplusは6.7インチ!)
  • バッテリー容量はsense4のほうが大きい

へぇ、CPUは同じものが入ってるんだね。

sense4とsense4 plusの差は物理的な意味での差が大きくなっています。

ディスプレイサイズがsense4 plusと比べて約1インチ大きい6.7インチのsense4 plusは、動画やゲームアプリを楽しむのに適したスマホと言えそうです。

カメラもsenseシリーズ史上初のクアッドカメラステレオスピーカー搭載と、sense4 plusはエンターテイメント要素に力を入れているスマホと言えそうですね。

「そこまでのスペックは必要ない」という方はCPUが全く同じモノが入っているSH-M15でも十分と言えそうです。

先代のsense3の2台(SH-M11とSH-M12)はCPUが違ったのですが、今回は一緒ということで判断しやすいですね。

AQUOS sense4 SH-M15総評

2020年国産ミドルレンジスマホ決定版!迷ったらコレをオススメ!

あなたがもし、

  • ちょうど新しいスマホに乗り換えたい
  • 一度買ったら長く使いたい
  • 海外スマホはちょっと……
  • そんなにヘビーユーザーじゃない

という4つの項目のうち、2つ以上当てはまるものがあれば、sense4はうってつけのスマホです!

全部ならなおさらです!

AQUOS sense4 SH-M15を安く買う方法は?

Amazonで買うんでしょ?

Amazonで買うよりもっと安く手に入れる方法がありますよ。

市場想定価格39,800円のSH-M15ですが、格安SIMとセットで購入するとより安く購入することができます

オススメ格安SIM会社で販売されているSH-M15の値段は以下のとおりです。

AQUOS sense4 SH-M15のセット価格表の販売価格(2020/12/1時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※124,800円
18,000円
1,033円
750円
IIJmio※229,800円1,250円
BIGLOBEモバイル※31,400円
LINEモバイル未発表未発表
mineo36,000円1,500円
LIBMO未発表未発表

※1:12/23まで、スマホセット最大15000円OFF&MNP転入+対象オプション加入で最大6000円割引キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※2:8/31まで、初期費用1円、月額料金値下げ、MNPでキャッシュバックキャンペーンなど実施中。詳しくはコチラ
※3:11/3まで月額料金半年間900円OFF&対象端末購入で最大18000Gポイント還元キャンペーン実施中(最大26680円相当おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ


各社販売を始めました!

一番安そうなのはOCNモバイルONEかな?
現在OCNモバイルONEではスマホセットの激安セールを実施中です(ちょっと早い年末大特価セール)。
⇒対象端末など詳しくはコチラ


OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!

フィルムとかもう売ってるの?

フィルム、ケースなどがもうショッピングサイトで発売中です!

SH-M15に対応している保護フィルムや、ケースといった関連商品の中から人気の商品をピックアップしました。

SH-M15は、既に発売されているドコモ版sense4(SH-41A)と同じデザインのため、SH-41A対応と書かれているフィルムやケースをそのまま使用することができます

なるほど、だから既にレビューがたくさん入ってるんだね

AQUOS sense4 SH-M15専用保護フィルム

正面2枚、カメラ用3枚入りの透明ガラスフィルム(Amazon’s Choice)

Amazonで多くの方が購入・評価をしていて評価が高く、またAmazon’s Choice(sh-41a ガラス)にも選ばれている人気のガラスフィルムです。
ディスプレイ正面用に2枚、背面カメラ用に3枚のガラスフィルムが入っています!
フチの色はついていません。

付けやすいと評判で硬度10Hのガラスフィルム(Amazon’s Choice)

Amazon’s Choice(aquos sense4 フィルム)にも選ばれている、硬度10Hの強度がウリのガラスフィルムです。
「10秒でカンタンに貼れる」というらくらくクリップがついており、ユーザーレビューで貼りやすいと評判です!
コチラはフチが黒です。

【3枚入り】背面カメラ用フィルム

こちらは背面カメラ用フィルムのみを販売している商品です。
フラッシュ部分は避けて、カメラレンズ部分のみ保護する仕様になっています。
3枚入りなので予備も持っておきたい方にオススメです!

その他AQUOS sense4 SH-M15専用フィルムを探す

他にもあるの?

以上がオススメの保護フィルムですが、ほかにも多数販売されていますので、他のフィルムに興味がある方は↓のボタンから検索してみてください(関連商品の検索結果ページにリンクされています)。

AQUOS sense4 SH-M15専用保護ケース

TPU樹脂製の透明クリアケース(Amazon’s Choice)

Amazon’s Choice(アクオススマホケース)にも選ばれている人気の薄型のクリアケースです。
スマホ本体のカラーを活かしたい方にオススメです。

PC素材で滑りにくく丈夫なカラーケース(Amazon’s Choice)

色付きのハード系ケースならコチラがAmazon’s Choice(aquos sense4 ケース)にも選ばれていて人気です!
ポリカーボネート素材を使っていて滑りにくく、また指紋もつきにくいのがウリです。
カラーはブラックのほか、ゴールデン、ブルーの全3色です。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ゴールデンブラック
ブルー

高級感漂うPUレザー製の手帳型ケース(Amazon’s Choice)

Amazon’s Choice(スマホケース sh-41a)にも選ばれている、カード収納口・スタンド機能もついた手帳型ケースです。
ポリウレタン素材のレザーがなんともいえない上品なデザインを演出しています!
色はネイビーとローズゴールドの2色から選べます。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ネイビーローズゴールド

猫柄プリントがカワイイ手帳型ケース

黒背景に白で描かれたネコがカワイイ!
カード収納口、スタンド機能付き!
しかもあんしんの日本ブランド!

その他AQUOS sense4 SH-M15専用ケースを探す

他にもあるでしょ?

ほかにも専用ケースは多種あります。関連商品を探したい方は↓のボタンから検索してみてください(関連商品の検索結果ページにリンクされています)。

さいごに

海外スマホの台頭が目立つSIMフリー業界ですが、最近はSHARPだけでなくSONYなども手をつけ始めた感じがします。

これからさらに盛り上がっていって選択肢が増えればいいですね。

関連記事

先代スマホ、SH-M12のスペックレビューです!
AQUOS sense3 SH-M12のスペックレビュー+スマホ比較+おすすめフィルム&ケースまとめ
SHARPのSIMフリースマホ、AQUOS sense3 SH-M12の 基本スペック、特徴、競合スマホとのスペック比較、関連オススメ商品(フィルム、ケースなど)を紹介しています。

関連外部リンク

※本記事の製品関係の情報・画像はこちらのサイトが引用元です。

より詳細な情報を知りたい方は以下のサイトをご参照ください。

AQUOS sense4 SIMフリー(SHARP公式)

Snapdragon 720G Mobile Platform(Qualcomm公式)


コメント

タイトルとURLをコピーしました