OCNモバイルONEのスマホセットが最大15,000円おトクに買える!!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

OPPO A73のスペックレビュー+スマホ比較&最安値情報、人気フィルム・ケースまとめ

OPPOからスタイリッシュなスマホが発売されましたよ~!

この記事では、OPPOのSIMフリースマホ、A73(エーナナサン)

  • 基本スペック
  • 特徴
  • 競合スマホとの比較
  • 関連商品(フィルム、ケースなど)

を紹介しています。

また、記事の後半にはA73を安く買う方法も紹介していますので、まだ買おうかお悩み中の方は合わせてチェックしてみてくださいね。

関連商品をお探しの方は、コチラをクリックorタップすると対象箇所までジャンプできます。

スポンサーリンク

OPPO A73 の基本スペック情報

OPPO A73(ディスプレイ正面、ダイナミック オレンジ、ネービー ブルー)

OPPO A73の基本スペック

製品名A73
発売元OPPO
発売日2020年11月20日
市場価格30,800円(税抜28,000円)
カラーネービー ブルー(
ダイナミック オレンジ(
本体サイズ159.8×72.9×7.45mm
重量約162g
ディスプレイサイズ6.44インチ
(2400×1080 px)
SIMサイズnanoSIM+eSIM
(DSDV)
外部メモリ
(microSD)
最大256GB
OSColorOS 7.2
(Android 10ベース)
CPUSnapdragon 662
(2.0GHz+1.8GHz)
ROM / RAM64GB / 4GB
カメラ画質■アウト:クアッドカメラ
 1600万画素(メイン)
 800万画素(超広角)
 200万画素(ポートレート)
 200万画素(モノクロ)
■イン:1600万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量4000 mAh
対応バンド■3G
B1/2/4/5/6/8/19
■4G
B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28/38/41
USB Type-C
指紋/顔認証
GPS / Beidou / GLONASS / Galileo / QZSS
近接センサー、磁気センサー etc.

簡易設計図


A73(エーナナサン)は、中国スマホメーカーOPPOより2020年11月20日に発売されたSIMフリースマホです。

7.45mmの超薄型+レザー調の背面デザインが質感を高めており、一見高級なスマホに見えますが、スペックはミドルレンジモデルに仕上がっています。

クアッドカメラ搭載、FHD+の有機EL高解像度ディスプレイ、4000mAhの高容量バッテリー、ディスプレイ指紋認証&顔認証対応……と高いスペックを持っていながら2万円台と、中華スマホらしい高コストパフォーマンススマホに仕上がっています。

またeSIMに対応しており、nanoSIM+eSIMのDSDV対応スマホとなっています。eSIM対応の通信会社と契約することで、SIMカードの到着を待たずしてすぐにネットと通話が可能になる使い勝手の良さも特徴です。

OPPO A73の特徴まとめ|税抜2万円台とは思えないデザインとスペック

A73ってどんな感じ?

A73の特徴を簡単にまとめました!
  • 高級感漂う背面デザイン
  • 2万円台なのにクアッドカメラ搭載
  • OPPO日本向けスマホ初eSIM対応、SIMカードなしでも使える

高級感漂う背面デザイン

まるで本皮を思わせる表面の質感と、スタイリッシュな薄型デザインが特徴

まず一番最初に目を引くのが、マット仕上げの背面デザインです。

肌触りがよくて滑りにくく、そして約162gと軽量に仕上がっているため、もはやケース不要ともいえるかもしれません。

明るく目立ちやすいダイナミックオレンジと、クールなネービー(ネイビー)ブルーの2色から選べます。

左:ダイナミックオレンジ、右:ネービーブルー

ダイナミックオレンジは目立つから、部屋のどこかに置いて見失ってもすぐ見つかりそう!

2万円台なのにクアッドカメラ搭載

4台搭載の背面カメラ。2×2の正方形配置

  • メインカメラ:1600万画素
  • 超広角(119°)カメラ:800万画素
  • ポートレートカメラ:200万画素
  • モノクロカメラ:200万画素

1600万画素のメインカメラを中心に、4つのカメラをAIが使い分けてくれるので、誰でもプロ並の写真を撮ることができます。

★A73の対応カメラモード(一部)

  • 写真
  • ビデオ
  • パノラマ
  • ポートレート
  • 夜景
  • タイムラプス動画
  • スローモーション
  • Googleレンズ
  • etc.

動画はこれまでのOPPOスマホと同じく電子手ブレ補正が搭載されていて、画質は4K以上(16:9なら4624×2600ピクセル)の動画が撮影できます!

OPPO日本向けスマホ初eSIM対応、SIMカードなしでも使える

A73は、国内向けのOPPOスマホとしては初めてeSIMに対応しています。

現在国内格安SIM(MVNO)でeSIMに対応している業者として、IIJmioが挙げられます。

OPPO A73の注意点は?

なんか気をつけることってある?
  • 独自OS(ColorOS)を採用
  • わずかながらディスプレイ上部にノッチあり
  • SIMカード×2のDSDVは非対応

独自OS(ColorOS)を採用

A73はOPPO独自のOS、ColorOSを採用しています。

Android 10をベースにしていますので、Androidユーザーからしたら使い勝手に相当困るということはないと思いますが、ほんの少し操作感に違いが生じますので、その点最初に慣れる必要があります。

わずかながらディスプレイ上部にノッチあり

ディスプレイ上部にあるしずく型ノッチ

インカメラがディスプレイ内部に食い込んでいるため、しずく型のノッチがあります。非常に僅かなので気にならないレベルだと思いますが、気になる方は要注意です。

SIMカード×2のDSDVは非対応

A73はnanoSIMとeSIMのDSDV仕様となっているため、SIMカード2枚を使ったDSDVには対応していません。

既に2社とSIMカードを契約済みで、乗り換えでA73に2枚のSIMカードを使いたいという方は要注意です。

OPPO A73の競合スマホ比較

他のスマホと比べてどう?

A73と同じOPPO製で、現在も好評発売中のスマホ

  • Reno3 A
  • A5 2020

と、割と直近に発売された競合他社のSIMフリースマホ

  • AQUOS sense4 SH-M15 (SHARP)

の計3台を比較してみました。

V.S. A5 2020(OPPO)|最大の差はディスプレイ解像度

OPPO A5 2020(グリーン)

A5 2020は2019年11月に発売されたA73(Aシリーズ)の前身となるスマートフォンです。

6.5インチの巨大ディスプレイにクアッドカメラ、バッテリー容量5000mAhの驚異のスタミナと、尖ったスペックが注目のスマホです。

A73A5 2020

■OS
 ColorOS 7.2(Android 10)

■CPU
 Snapdragon 662

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 6.44インチ
 解像度:2400×1080

■カメラ解像度
 アウト:16M+8M+2M+2M
 イン:16M

■バッテリー容量
 4000mAh

■市場想定価格
 28,000円

■強み
 ディスプレイ解像度
 カメラ解像度

■OS
 ColorOS 6.0

■CPU
 Snapdragon 665

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 6.5インチ
 解像度:1600×720

■カメラ解像度
 アウト:12M+8M+2M+2M
 イン:16M

■バッテリー容量
 5000mAh

■市場価格
 26,800円

■強み
 価格
 バッテリー容量

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

要素ごとで優位性が入れ替わるスペック差となっていますが、まず注目したいのはディスプレイの解像度です。

A5 2020はディスプレイサイズが6.5インチでA73より大きい反面、解像度はHD+の1600×720ピクセルです。

決して悪すぎるとはいいませんが、FHD+(2400×1080ピクセル)のA73と比べると画面の美しさでは劣ります。

ディスプレイ解像度は、動画の美しさだけでなく文字の見やすさにも影響するので、この差は大きいと考えます。

CPU性能はわずかながらA5 2020のほうが上位モデルを使ってますが、ベンチマークテスト上ではほぼ差がないため、あまり気にするところではないと考えます。

A5 2020の現状の販売価格は26,000円よりもっと安いことが考えられますが、よほどの値段差が無い限りA5 2020を買うよりかは新作のA73を買うことをオススメします。

V.S. Reno3 A(OPPO)|A73はReno3 Aのダウングレード版?、スペックで選ぶならReno3 Aか

OPPO Reno3 A(ブラック、ホワイト、ディスプレイ正面)

Reno3 Aは2020年6月にOPPOから発売されたSIMフリースマホです。

過去に発売されたReno AA5 2020のそれぞれの長所をいいとこ取りをしたようなスペックになっており、OPPOの中で現状1番人気といっても良いスマホです。

OPPO A73OPPO Reno3 A

■OS
 ColorOS 7.2

■CPU
 Snapdragon 662

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 6.44インチ
 解像度:2400×1080

■カメラ解像度
 アウト:16M+8M+2M+2M
 イン:16M

■バッテリー容量
 4000mAh

■市場想定価格
 28,000円

■強み
 値段

■OS
 ColorOS 7.1

■CPU
 Snapdragon 665

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.44インチ
 解像度:2400×1080

■カメラ解像度
 アウト:48M+8M+2M+2M
 イン:16M

■バッテリー容量
 4025mAh

■市場想定価格
 39,800円

■強み
 メインカメラスペック
 ROM/RAM容量
 おサイフケータイ対応

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

★約1.2万円DOWNで失う主なスペック

  • ROM(保存領域)-64GB
  • RAM(メモリ):-2GB ※処理速度にやや影響
  • メインカメラ:-3200万画素

⇒失うものが大きいと感じたらReno3 A、お得と感じたらA73

A73とReno3 Aを比較してみると、ディスプレイサイズ、解像度が全く一緒でバッテリー容量もほぼ一緒であることがわかります。

カメラもメインカメラの解像に差があるくらいで、構成も一緒です(配置は違う)。

総合的なスペックとしてはCPUやROM/RAM容量、そしてメインカメラ解像度などで少しReno3 Aがやや優勢であることが伺えます。

ただ、CPUの差(Snapdragon 662と665)はベンチマーク結果的にほぼ差はない(要素によっては662のほうが上回ってたりする)ことがわかっていますので、大きな差はメインカメラとROM/RAM容量くらいと言えそうです。

以上の差から、A73はReno3 Aの廉価版といっても差し支えないスペックと言えそうです。

A73のデザインの質感は決して廉価版とは言わせない仕上がりだけどね!

V.S. AQUOS sense4 SH-M15(SHARP)|処理性能で選ぶならsense4がオススメ、価格はA73優勢

AQUOS sense4 SH-M15(ディスプレイ正面、ライトカッパー、ブラック、シルバー)

AQUOS sense4 SH-M15はA73とほぼ同じタイミングで発売されたSHARPのSIMフリースマートフォンです。

2020年度ミドルレンジモデル決定版ともいえるスペックで、発売直後から多くの人気を集めているスマホです。

OPPO A73SHARP AQUOS sense4
SH-M15

■OS
 ColorOS 7.2(Android 10)

■CPU
 Snapdragon 662

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 6.44インチ
 解像度:2400×1080

■カメラ解像度
 アウト:16M+8M+2M+2M
 イン:16M

■バッテリー容量
 4000mAh

■市場想定価格
 28,000円

■強み
 ディスプレイサイズ
 インカメラ解像度
 値段

■OS
 Android 10

■CPU
 Snapdragon 720G

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 5.8インチ
 解像度:2280×1080

■カメラ解像度
 アウト:12M+12M+8M
 イン:8M

■バッテリー容量
 4570mAh

■市場想定価格
 35,900円

■強み
 CPU性能
 バッテリー容量

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

Snapdragon 662と665の比較では差はないといえますが、662と720Gでは処理性能で大きな開きがあり、処理性能を重視するならSH-M15は相当コストパフォーマンスの高いスマホといえそうです。

また1週間保つといわれるバッテリーと燃費の良さがSH-M15のウリとなっています。

ただ、それほどスマホをヘビーに使わないという方ならA73でも十分な処理性能を持っています。

「ウェブサイトを時々見て、メッセージのやりとりをする程度」という方なら、価格的にもお買い得なA73がオススメです。

OPPO A73総評

ライトユーザーにオススメな高コスパスマホです!

OPPO A73を安く買う方法は?

Amazonで買うんでしょ?

Amazonで買うよりもっと安く手に入れる方法がありますよ。

市場想定価格28,000円のA73ですが、格安SIMとセットで購入するとより安く購入することができます

オススメ格安SIM会社で販売されているA73の値段は以下のとおりです。

OPPO A73の販売価格(2021/1/13時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※124,800円1,033円
IIJmio※229,800円1,250円
BIGLOBEモバイル※31,400円
LINEモバイル※423,800円991円
mineo36,000円1,120円
LIBMO27,600円
20,400円※5
1,150円
850円※5

※1:対象オプション加入で最大6000円割引キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※2:8/31まで、初期費用1円、月額料金値下げ、MNPでキャッシュバックキャンペーンなど実施中。詳しくはコチラ
※3:月額料金6ヶ月間毎月1,200円OFF&対象端末購入で最大18000Gポイント還元キャンペーン実施中(最大28080円相当おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ
※4:月額基本料最大2ヶ月間無料+LINE Pay or LINEポイント最大5000円分+スマホ値引きキャンペーンを実施中。詳しくはコチラ→LINEモバイルキャンペーンまとめ
※5:一緒に音声SIMカードを契約した場合の実質価格。詳しくは⇒LIBMO公式サイト

人気格安SIM会社で軒並み販売が開始されました!

一番お得なのはOCNモバイルONEだね。

 


OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!

もう売ってるの?

A73に対応している保護フィルムや、ケースといった関連商品の中から人気の商品をピックアップしました。

OPPO A73専用保護フィルム

【2枚入り】ガラスフィルムとケースがセットでお得な商品(Amazon’s Choice)

インカメラ部分以外を保護するガラスフィルム2枚と、TPU樹脂でできた透明のクリアケースがセットになった商品です!
Amazon’s Choice(oppo a73 フィルム)にも選ばれている人気の商品です!

【2枚×2】ディスプレイ正面+背面カメラをカバーする保護フィルム

ディスプレイだけじゃなく、カメラも保護したい方にオススメの商品です。
このフィルムは、ディスプレイ端の湾曲した部分はカバーしない仕様になっています。

背面ドレスアップが簡単に行えるスキンシール

A73はネイビー、オレンジの2色ですが、この商品を使えば自分の理想の背面カラーにカスタマイズできます!
カラーの種類は↑のカーボン調・ブラックのほか、全11種類あります!

☆カラーラインアップ

  • カーボン調・シルバー
  • カーボン調・ブラック
  • カーボン調・ホワイト
  • グロス・メタリックブルー
  • グロス・メタリックゴールド
  • グロス・メタリックレッド
  • サテン・ホワイトアルミ
  • サテン・パールホワイト
  • マット・グレーアルミ
  • マット・ミリタリーグリーン
  • 木目調・マホガニー

その他OPPO A73専用フィルムを探す

他にもあるの?

以上がオススメの保護フィルムですが、ほかにも多数販売されていますので、他のフィルムに興味がある方は↓のボタンから検索してみてください(関連商品の検索結果ページにリンクされています)。

OPPO A73専用保護ケース

現在人気・注目ケースを調査中ですが、まだ商品が少ないのが現状です。

フチをしっかり守るクッションつきのソフトケース

A73の背面色が気に入っている方にオススメな透明のソフトケースです。
落とした時に衝撃を吸収する四隅のクッションがポイントです。
ゴテゴテしてないシンプルなデザインなのも、A73のスタイリッシュさが保たれていいですね!

【全4色】PUレザーが上質感を醸し出す多機能手帳型ケース

ポリウレタンレザーが高級感さえ感じさせる手帳型のケースです。
中はカードケースとお札の収納口もあって、スタンド機能までついている多機能ぶりがポイントです!
カラーはブラックの他、ゴールド、レッド、ブラウンの全4色です。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ゴールドブラック
レッドブラウン

その他OPPO A73専用ケースを探す

他にもあるでしょ?

ほかにも専用ケースは多種あります。関連商品を探したい方は↓のボタンから検索してみてください(関連商品の検索結果ページにリンクされています)。

さいごに

FHD+のディスプレイや高容量バッテリーなどの基本を抑えつつ、エンタメ領域にも力を入れているスマホということで、OPPOユーザーに受け入れられそうな仕上がりになっていると思いました。

なによりデザインの質感が良く、それだけでも欲しくなるスマホといえます。

関連記事

Aシリーズ前身のA5 2020と直近で発売されたOPPO製スマホ・Reno3 Aのスペックレビュー記事です!
OPPO A5 2020のスペックレビュー+スマホ比較+おすすめフィルム&ケースまとめ
OPPOから19年冬モデルのスマホがでましたよ~! この記事では、OPPO(オッポ)のSIMフリースマホ、A5 2020の 基本スペック 特徴 競合スマホとの比較 関連商品(フィ...
OPPO Reno3 Aのスペックレビュー+スマホ比較&最安値情報まとめ
OPPOの人気シリーズの最新スマホが出ましたよ~! この記事では、OPPO(オッポ)のSIMフリースマホ、Reno3 Aの 基本スペック 特徴 競合スマホとの比較 関連商品(フィ...

関連外部リンク

※本記事の製品関係の情報・画像はこちらのサイトが引用元です。

より詳細な情報を知りたい方は以下のサイトをご参照ください。

OPPO A73(オウガジャパン公式)


コメント

タイトルとURLをコピーしました