最大8,000円OFF!OCNモバイルONEのスマホセットキャンペーンが注目!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

【2019年版】docomoにMNP転出を申請する方法全一覧

docomoから別会社に乗り換える際に、MNP転出を申請する方法は全部で3つあります。

それぞれの申請方法の特徴と、最もオススメの方法について紹介します。

そもそもMNP制度について詳しく知りたい方は、↓のページをご覧ください。
【2018年版】乗り換え後も電話番号を引き継ぐ「MNP」って何?
現在お使いの携帯電話番号を乗り換え先でも使えるようにするためには、MNP転出を申請する必要があります。 この記事では「そもそもMNPって何?」という疑問の回答と、MNP転出の方法を解説します。
スポンサーリンク

docomoにMNP転出する方法一覧

docomoにMNP転出申請する方法は以下の3通りです:

  1. WEB手続き(My docomo)
  2. 電話手続き
  3. 店頭手続き(ドコモショップ)

それぞれの特徴について以下に解説します。

WEB手続き(My docomo)

※My docomoトップページより引用

URL
https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/
受付時間
9:00~21:30

My docomoでの手続きは、パソコンスマートフォンを使って申請します。もちろんタブレットでもできます。

My docomoによるWEB手続きの最大のメリットは、待ち時間が発生しないことです。

受付時間内であれば、いつでもどこでも好きなタイミングで申請が行えるので、docomoでのMNP転出方法として一番オススメです。

謎の受付時間(9:00~21:30)設定だけ気をつければ、いつでも申請できるね。

他のメリット:人を介さず、機械的に申請できる

※My docomoの画面です。ドコモオンライン手続き画面の右下に「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」があるので、ここをクリックすると申請が始まります。

My docomoでの申請だとドコモ関係者を介すこともなく、機械的に申請が行うことができるのもメリットの1つです。

他の方法(電話、店頭)は申請時にスタッフと相対することになるため、「関係者に解約するって言いづらい……」という方は、特にWEB手続きがオススメです。

注意点:dアカウントが必要

じゃあ早速My docomoにログインしてMNP転出するか

dアカウントは既に持ってますか?

My docomoにログインするにはdアカウントが必要になります。

dアカウントは無料で作成できます。dポイントの移管も行えるため、docomoの解約前にdアカウントを作成することをオススメします。

dアカウント新規登録は下記リンクから行えます:

dアカウント - dアカウント発行 - メールアドレス登録

電話手続き

※電話担当スタッフとの会話(イメージ)

WEB手続きの次にオススメなのが電話での手続きです。

受付電話番号
151(通話料無料)または0120-800-000
受付時間
9:00~20:00(年中無休)

電話での手続きは、電波が繋がるところならどこにいてもかけられるメリットがありますが、その反面電話担当者に繋がるまで時間がかかる可能性があります。

特に多くの人が手続きをする時間帯は要注意で、繋がるまでひたすら電話を持って待ち続けなければなりません

混雑している可能性が高い時間帯は昼間(昼休みの時間帯……12:00~13:00頃)です。

昼休みの時間帯くらいしか利用できない社会人がこぞってかけることが原因と考えられます。

そのため、電話で手続きを行う場合は、できる限り昼間から離れた時間帯に電話をかけることをオススメします。

スタッフの引き止め工作が気になる方へ

昨今はそれほど引き止めを行わない印象があるのですが、スタッフによってはいろいろな手でMNP転出を止めさせようとしてくるかもしれません。

電話交渉等が苦手の方は、下記リンク先に対応策をまとめていますので、参照ください:

店頭手続き

※全国に展開されているドコモショップ(イメージ)

受付時間
各店舗の営業時間

3つ目の方法は、全国に展開されているドコモショップで手続きを行う方法です。

店頭に足を運ぶのが面倒でない、家のすぐ近くにドコモショップがあるという方はオススメの方法です。

ただ、3つの方法の中で最も待ち時間が発生する可能性が高く、そしてショップに移動するためのコスト(移動費)が発生します

そのため、何らかの理由でWEB手続きや電話手続きができないという理由がない限り、店頭手続きを選ぶメリットはないと考えます。

問題点:スタッフと直に合ってやりとりをする必要がある

※店頭スタッフとのやりとり(イメージ)

MNP転出を申請するということは、ほぼ100%docomoを解約して別会社に乗り換えますと暗に宣言することを意味します。

ショップ店員も解約を回避するためにいろいろな行動をとってくることがあるかもしれません。

そういうのがいやだな、と感じる方はWEBでの手続きオススメします。

「来店予約」が可能

あらかじめ予約をしておくことで優先的に案内してもらえる来店予約機能を使えば、少ない待ち時間で手続きが完了できます。

下記リンクから予約を行うことが可能です。

MNPに関するQ&A

MNP転出を行う際に疑問に思うことや勘違いされがちなことをまとめました。

MNP転出手数料について

MNP転出申請に手数料はかかるの?

申請自体にお金はかかりませんよ。

MNP転出を行うこと自体に費用は発生しません

そのかわり、別会社に乗り換えが完了したタイミングでMNP転出手数料が発生し2,000円(税抜)をdocomoに支払う必要があります。

なお、以下の条件に該当する場合、MNP転出手数料は5,000円(税抜)になります:

2014年5月14日以降に端末購入を伴わない新規契約を行った携帯電話番号について、上記の新規契約から90日以内にMNPを利用して他社へ変更した場合

MNP転出手数料以外で解約(乗り換え)にかかる諸費用が知りたい場合は、↓の記事を読んでみてくださいね。

MNP予約番号の有効期限について

再来月くらいに乗り換えるつもりだけど、早めにMNP転出しておくか

有効期限が切れちゃいますよ!

MNP転出申請が完了するとMNP予約番号が手に入ります。

※My docomoでMNP転出した際の画面です。予約番号は10桁の番号です。

このMNP予約番号の有効期限は、申請から15日間となっています。

そのため、乗り換える日時が遠いと有効期限が切れてしまうため要注意です。

申請は乗り換え当日か前日が推奨!

格安スマホ(格安SIM)乗り換える場合、だいたいどこの会社も有効期限が10~12日以上残っている必要があります。

そのため、格安SIMに乗り換える目的でdocomoにMNP転出申請を行う場合、格安SIMに契約する当日か前日あたりに申請を行うことをオススメします。

乗り換え当日が無難ですね…

まとめ

  • docomoでMNP番号を申請する方法は、電話、店頭、WEBの3択。一番オススメはWEB(My docomo)。
  • MNP転出手数料は乗り換え完了時に発生する(2,000円)。MNP予約番号を手に入れた時点では1円もかからない。
  • MNP予約番号には有効期限があるなどの関係から、乗り換え当日に取得するのがオススメ。

関連記事

docomoから乗り換える際にかかる諸費用についてまとめています!

OCNモバイルONE契約方法まとめに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました