新品で1円のスマホも!OCNモバイルONEのスマホセットキャンペーンが注目!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

Wi-Fi(ワイファイ)まとめ|基礎知識、Wi-Fiスポット、モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)

ここWi-Fi飛んでる?

無線でインターネットに接続できる便利なWi-Fi(ワイファイ)に関する情報をまとめています。

SIMフリースマホでネット接続しようと思ったら格安SIM会社と契約するのが一番の方法ですが、Wi-Fiを利用するという手もあります。

Wi-Fiは無料で利用できるWi-Fiスポットから、自分のいるところをWi-FiスポットにできるモバイルWi-Fiルーター(≒ポケットWi-Fi)を使った接続など、いろいろな方法で接続できます。

あなたの環境や条件にあった最適なWi-Fiライフにお役立てください。

Wi-Fiってなに?」って方から、「Wi-Fiを使いたい」という方まで役立つ内容づくりを目指しています!
スポンサーリンク

Wi-Fiの基礎知識|Wi-Fiってなに?

Wi-Fiってなに?ウィーフィー?なんの略?

ワイファイは、無線通信規格の1つです!

Wi-Fi(ワイファイ)は無線通信規格の1つです。

この規格のおかげで、「Wi-Fi対応」と書いている商品はみんなWi-FiスポットやWi-Fiルーターを使って接続できることがすぐにわかるようになっています。とっても便利ですね。

ちなみに、Wi-FiはWireless Fidelityの略とされています(直訳:無線の忠実性)。
後付けらしいです!

2019年現在、Wi-Fiの規格(IEEE802)は5種類あります。

最新の規格は”11ac“で(IEEE802.11ac)、最大通信速度はなんと6.9Gbps(約8,600MB/秒)となっています。

☆Wi-Fi規格一覧

世代規格名速度周波数帯
1IEEE802.11a54Mbps5GHz
2IEEE802.11b11Mbps2.4GHz
3IEEE802.11g54Mbps2.4GHz
4IEEE802.11n600Mbps5GHz
2.4GHz
5IEEE802.11ac6.9Gbps5GHz

1秒で8,600メガ…?速すぎだね!

実際はそこまでは出ないですが、それでもかなりの快適インターネットが行えます!

もし、SIMフリースマホでWi-Fiを積極的に利用したいという場合、Wi-Fi規格の欄をチェックして11ac規格に対応しているかどうかチェックすることをオススメします。

どの規格に対応しているかを確認する方法は?

11ac規格に対応している場合、製品のWi-Fi対応規格欄に

IEEE802.11 a/b/g/n/ac

という表記がされています(”ac”が書かれていれば大丈夫です)。

上の表記だと、IEEE802.11aからIEEE802.11acまでの5規格全てに対応しているということを示しています。

もし、製品のWi-Fi対応規格欄に

IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)

と書かれていたら、

IEEE802.11b
IEEE802.11g
IEEE802.11nの2.4GHz限定

の3規格に対応しているという意味になります。

最近の新しいスマホは、だいたい11ac規格に対応してます。
ただお安めのスマホは、第4世代の”11n”まで(2.4GHz帯)の対応になっていることが多いです。

2.4GHz帯と5GHz帯

Wi-Fiの通信規格は、2.4GHz帯5GHz帯の2種類があります。

☆2種類の周波数帯の特徴

周波数帯対応規格
(IEEE802)
特徴
2.4GHz11b
11g
11n
障害物(壁など)の影響を受けにくい
×別の電波の干渉を受けやすい
5GHz11a
11n
11ac
別の電波の干渉を受けにくい
×障害物(壁など)の影響を受けやすい

2.4GHz帯は障害物の影響を受けにくいですが、別の電波(例:Bluetooth、電子レンジなど)が出ている部分では影響を受けやすい特徴があります。

5GHz帯は逆で、電波の影響を受けにくいですが障害物の影響を受けやすい特徴を持っています。

最新規格の11acは5GHz帯だから、2.4GHz帯と比べて電波には強いけど壁には弱いのか……

傾向として、地下で強いのは2.4GHz、地上で強いのは5GHzといえます!

Wi-Fiにつながるには?

Wi-Fiに接続するにはどうしたらいいの?

Wi-Fi対応製品をWi-Fiに接続するには、大きく2つの方法があります。

  1. Wi-Fi環境の中に入る
  2. Wi-Fi電波を拾う

1つ目は自分自身がWi-Fi環境の中に入る方法です。
もしご自宅に有線のネット環境があれば、Wi-Fiルーターを設置することで自宅がWi-Fi接続環境になります。

また、街中にあるWi-Fiスポットに行くという方法もあります。
無料だと速度が遅いこともありますが、有料のWi-Fiスポットなら速度に不満なくインターネットができるようになります。

そして、もう1つの方法がWi-Fi電波を拾う方法です。

持ち運びできるモバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)を契約することで、自分自身のいる場所がWi-Fi環境になります。

工事の必要がなく、契約してルーターが届いた時点ですぐ高速通信ができるので、最近注目を浴びています。


Wi-Fiのおかげで、いつでもどこでも簡単にインターネットができるようになったんだね!

Wi-Fiの基礎知識として知っておくことはこれくらいです!
次は上で紹介した「Wi-Fiスポット」と「モバイルWi-Fiルーター」を解説します!

意外と近くにある、Wi-Fiスポットまとめ

Wi-Fiスポットなんて近所にあったっけ…?

無料で使えるWi-Fiスポット一覧

Wi-Fiスポットは身近な場所だと、コンビニエンスストア(ローソンなど)や喫茶店(スターバックスなど)などが挙げられます。

最近では多くのお店や自治体が無料でWi-Fiに繋げられる環境を提供してくれています。

無料で使える便利なWi-Fiスポット情報を↓の記事にまとめました!

有料だけどセキュリティが強いWi-Fiスポット

当サイトでは、Secured Wi-FiDoSPOTの2種類のWi-Fiスポットについて訪問&速度測定を行っています。

環境によっては11n規格対応のスマホでも40Mbpsを超える速度が出ています。

無線で40Mbpsって快適ってレベルじゃないな……

Secured Wi-FiとDoSPOTは、格安SIMで有料オプションに加入すれば使うことができますが、一部の格安SIMは契約するだけで無料で使うところもあります!

もし外出先のWi-Fiスポットで高速通信をスマホで安く使いたい……というあなたは、Secured Wi-Fiが無料で使える格安SIMがオススメです。

☆Secured Wi-Fi, DoSPOTが使える格安SIMブランド

ブランド名Secured
Wi-Fi
DoSPOT
無制限版
月額料金
OCNモバイルONE無料
U-mobile無料※1
BIGLOBEモバイル250※2
LINEモバイル200

ブランド名をクリックすると、公式サイトに移動します。
※1:U-mobile SUPERは対象外
※2:月6GBコース以上のユーザーは無料(月1GB, 3GBコースは有料)

40Mbpsが無料で……!?

モバイルWi-Fiルータープロバイダまとめ

自分のいる場所がWi-Fi接続環境になるなんて便利だね。

モバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)を契約すると、対応エリア内ならいつでもネット接続できるようになります。

でも、契約先(プロバイダ)がいっぱいあるし、どれが自分に合ってるか分からない……

というあなた向けに、オススメのプロバイダを紹介します。

おすすめモバイルWi-Fiプロバイダー一覧

特徴から契約方法までを徹底解説しています!

コスパ最高のプロバイダーはどこ?

契約してから1回目の契約更新月を迎えるまでに支払う総費用を元に、実質月額が安いプロバイダを調査しました。

2019年5月時点の各社料金プランをもとに結果を算出していますので、今イチバンお得なプロバイダが見つかりますよ。


トップページへ戻る

タイトルとURLをコピーしました