BIGLOBEのスマホセットが今なら最大25,000円以上おトクに契約できる!!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

【2019年10月~】SoftBank解約の各手数料と、乗り換えでかかる諸費用の見積もり方

ソフトバンクから解約するときにお金って発生するの?

2019年9月13日より、ソフトバンクは「2年契約」そのものを廃止した契約プランを導入しました。…が。

10月1日から全ソフトバンクユーザーの違約金がゼロになるというわけではありませんので、解約金をゼロにするにはどうすれば良いかについて解説します。

あわせて、乗り換え時にかかる

  • MNP転出手数料
  • その他手数料

の解説、そして乗り換え先として格安SIM会社を選んだときにかかる費用シミュレーションとオススメの格安SIMを紹介します。

この記事の内容は公式サイト情報を元に作成していますが、制度の更新や公式側の変更などにより内容が変わっている可能性があります。
実際に契約プランの変更や解約をされる際はその点ご理解の上ご参考ください。
スポンサーリンク

ソフトバンク解約にかかる手数料一覧

解約すると、どんな手数料が発生するの?

発生する可能性があるのは違約金(契約解除料)MNP転出手数料機種本体代残額です。

SoftBankを解約する時にかかる手数料は、大きく分けて3種類あります。

項目費用(税抜)
契約解除料契約内容による(下記参照)
MNP転出手数料3,000円
機種本体代残額分

1つ目は解約解除料、2つ目はMNP転出手数料(電話番号持ち運び)、そして3つ目が機種本体代残額の支払いです。

これらを1つずつチェックしていきたいと思います。

【2019/10/1~】ソフトバンクの契約解除料(解約違約金)

違約金はいくらかかるの?

違約金はかからなくなります!

ソフトバンクは、2019年9月13日から2年契約のない新しい契約プランへの受付を発表しました。

この新しい契約プランに変更すると、解約違約金はゼロになります。

対象のプラン・ウルトラギガモンスター+
・ミニモンスター

名前が変わってないからややこしいですが、9/13以降の上記プランが解約金ゼロの対象です。

新解約金制度の注意点は?

っていうか、10/1になったらソフトバンクユーザー全員違約金がゼロになるんでしょ?

いいえ、そういうわけじゃないので気をつけてください!

総務省制定のガイドラインでは「10月1日以降、解約金の上限は1000円まで」というような文言が入っています。

そのため、「10/1になったら違約金が1000円になる!」と思っている方が多いかもしれませんが、実際は違います

というのも、9/12以前に契約したプランのままだと、旧プランで定められた違約金が今後も適用されるからです(下表参照)。

2年契約2年契約
0ヶ月目1ヶ月目24ヶ月目26ヶ月目
契約契約更新月
違約金:9,500円0円9,500円

過去の契約(違約金)までさかのぼって新制度を適用させるのは、法的に難しいようです。

※今後このルールも変わるかもしれませんが、少なくても現状は契約プランを新プランに変更しない限り違約金の額は過去のまま(≒9,500円)となります。

新プランへの移行料は…ゼロ!

じゃあ、9/13以降の新プランに変更する時にお金は発生するの?

2019/9/12以前に2年契約を結んでいる人が9/13以降から始まった新しいプランに変更する際、契約解除料などの違約金はかかりません

無料で新プランに移行することができます。

ということは…新プランに乗り換えてから解約したら、違約金はゼロってことか…

※理論上そうなりますが、公式サイトには(当然ながら)その旨の記載はありません。
実際に可能になって動きがあってから詳細をお知らせします。

新プランへの移行時に気をつけることは?

移行ってことは新しいスマホ買うってことだよね。

契約解除料をゼロにするために新しいスマホを買ってプランを変更した場合、注意すべき点があります。

ソフトバンクで購入した端末は、ソフトバンク回線しか対応しないようSIMロックがかけられている点です。

購入から100日間SIMロック解除ができないため、乗り換え先がソフトバンク回線以外だとしばらくの間使い物にならないという恐れがありますのでご注意ください。

この件について、SIMロックを違法にすべく総務省が動いているようですが、法令化まではまだまだ時間がかかると思われます。

じゃあスマホを買うのはやめて契約更新月を待つか……

タイミングを待つ必要はないですよ!
 実は……契約更新月を待つよりも今すぐ乗り換えたほうが基本おトクになります!
 詳しくは↓の関連記事をご覧ください。

【2019/9/12以前】SoftBank過去の契約プランの違約金(契約解除料)一覧

過去の契約プランの違約金をまとめました。

2019年9月12日以前の契約解除料は基本9,500円ですが、プランによっては少し異なりますので念の為以下にまとめます。

プラン名契約解除料
ウルトラギガモンスター+
(~2019/9/12)
契約更新月以外での解約
9,500円
契約更新月に解約
0円
ミニモンスター
(~2019/9/12)
契約更新月以外での解約
9,500円
契約更新月に解約
0円
ホワイトプラン
契約更新月以外での解約
9,500円
契約更新月に解約
0円
標準プラン
1ヶ月目で解約
9,500円
2ヶ月目で解約
7,250円
3ヶ月目で解約
5,000円
4ヶ月目以降の解約
0円
スマ放題/スマ放題ライト(専用2年契約)
契約更新月以外での解約
9,500円
契約更新月に解約
0円
スマ放題/スマ放題ライト(専用2年契約フリープラン)
2年(24ヶ月)以内の解約
9,500円
25ヶ月目以降の解約
0円
スマ放題/スマ放題ライト(2年契約なし)
1ヶ月目で解約
9,500円
2ヶ月目で解約
7,250円
3ヶ月目で解約
5,000円
4ヶ月目以降の解約
0円
通話基本プラン(2年契約)
契約更新月以外での解約
9,500円
契約更新月に解約
0円
通話基本プラン(2年契約、フリープラン)
2年(24ヶ月)以内の解約
9,500円
25ヶ月目以降の解約
0円
通話基本プラン(2年契約なし)
1ヶ月目で解約
9,500円
2ヶ月目で解約
7,250円
3ヶ月目で解約
5,000円
4ヶ月目以降の解約
0円

docomoもauも、どこもかしこも9,500円って感じだね

ソフトバンクの「契約更新月」

契約更新月、っていつだっけ?

契約更新月とは、契約満了月(24ヶ月目)と満了月の翌月と翌々月の計3ヶ月間のことをいいます。

2年契約2年契約
0ヶ月目1ヶ月目24ヶ月目25ヶ月目26ヶ月目
契約契約更新月
 2019年2月までは2ヶ月間(満了月の翌月と翌々月)でしたが、2019年3月から3ヶ月に広がりました

ソフトバンクは、契約月の翌月末を1ヶ月目としています(≒契約月は0ヶ月目に相当)。

上の表でいうと、24ヶ月目~26ヶ月目が契約更新月です。

この3ヶ月の間に解約(乗り換え完了)すれば、(旧契約のままでも)契約解除料は発生しません。

ソフトバンクの契約解除料まとめ

  • 2019年9月13日以降の新プランは2年(4年)契約を廃止→契約解除料ゼロ
  • 新プランの移行にかかる手数料はゼロ
  • 2019年9月12日以前の契約プランのままのユーザーは、従来の解約金が今後も適用され続ける(現状)

その他手数料は?

あとはMNPの手数料とかか…

MNP転出手数料

MNP(電話番号持ち運び)制度を使って電話番号をそのまま乗り換え先で使いたい場合、その手数料として3,000円発生します。

MNP転出手数料は、MNPを利用しない場合は発生しません

違約金が9,500円だとしたら、総額12,500円になるね。

その他手数料|機種本体代残額 他

SoftBankで機種(スマートフォン)を分割払い(24回払いや48回払い)で購入していて未払い金がある場合、解約時にそのお金を支払う必要があります。

その他にも未払いのお金があれば、解約時に支払う必要があります。

そりゃ踏み倒せないか…

SoftBank解約時の諸費用をゼロにする方法は?

諸費用をゼロにする方法ってあるの?

以上を踏まえて、SoftBankを解約する場合にどうやったら解約費用をゼロにできるかを考えると、以下のような結論になります。

  1. 契約更新月に解約する or 新プランで解約する
  2. 電話番号を引き継がない(MNP制度を利用しない)
  3. 機種本体代は全て支払った状態で解約する

この3つの条件で解約すると、諸費用ゼロでSoftBankから解約することができます

電話番号は引き継ぎたい…って場合は3,000円だね。まぁ3,000円なら仕方ないか……

ソフトバンク→格安SIMに乗り換える場合にかかる諸費用

格安SIMに乗り換えるときに諸費用はかかるの?

初期工事費用とSIMカード手配料が発生します。

SoftBankから格安SIM会社に乗り換える場合、格安SIM会社側に払う諸費用も発生します。

具体的な額は会社によって異なりますが、発生する諸費用は初期工事費用(初期費用)とSIMカード手配料の2点で、約3,000円です。

項目費用(税抜)
初期工事費用約3,000円
SIMカード手配料約400円
(会社や回線ごとで若干異なる)

初期工事費用(3,000円)は、AmazonなどでSIMパッケージと呼ばれる商品(数百円~1,000円程度)を買って契約すると免除になり無料になります。

SIMパッケージは数百円で売られていますので、「買い物をする手間を惜しまない」という方はSIMパッケージを買って契約することをオススメします。

たまにキャンペーンで初期費用を無料にしている場合があります。
その際はSIMパッケージを買わなくても初期費用が無料になります!

「MNP転入手数料」は0円

MNP転出手数料は3,000円発生しますが、MNP転入手数料無料です。

MNP転入手数料は、だいたいどの格安SIM会社も無料です!

SoftBankからの乗り換えにオススメの格安SIM会社は?

どこに乗り換えればいいのやら……?オススメってある?

オススメの格安SIMはコチラです!

SoftBankからの乗り換えでオススメの携帯会社一覧

格安SIM会社特徴

LINEモバイル

  • 月額1,100円~(500MB/月)
  • LINEアプリの通信消費ゼロ
  • 月額+280円で、FacebookとTwitterの通信消費もゼロに
    SNSをいっぱい利用する方にオススメ!

詳細

LINEモバイル公式サイト

ワイモバイル

  • 月額2,680円~(3GB/月)
  • 1回10分までの通話なら、何回かけても無料
  • ソフトバンクで買ったスマホがそのまま使える
  • 格安SIMの中では安定した通信速度

詳細

ワイモバイル公式サイト

OCNモバイルONE

  • 月額1,180円~(1GB/月)
  • 有料級Wi-Fiスポットが無料で使える
  • SIMフリースマホが激安で買える(スマホセット)
    月額料金を安く、スマホもセットで買い替えたい方にオススメ!

詳細

OCNモバイルONE公式サイト

SoftBankから格安SIM会社に乗り換える場合のオススメ格安SIMを3社紹介します。

SoftBank回線が使える格安SIMとSoftBank回線以外の回線(docomo, au)が使える格安SIMをピックアップしました。

SoftBank回線の格安SIMを契約するメリットってあるの?

SoftBankで買ったスマホがそのまま使えますよ!

オススメ1:LINEモバイル|月額1200円~でスマホが持てる、SoftBank子会社運営で安心の格安SIM!

※引用元:LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの基本スペック

回線SoftBank
docomo
au
月額料金例1,100円(月500MBプラン)
1,480円(月3GBプラン)
メールアドレスなし
特徴・3回線から自由に選べる
・月1100円~でスマホを持てる(月1GB)
・LINEのメッセージ、通話使用時の通信消費フリー
・月額280円のオプション加入でTwitter, Facebook使用時の通信消費ゼロに
オススメの方・SoftBankのスマホをそのまま使いたい方
・月額料金を極限まで抑えたい方
・SNSをよく利用される方
・ネットをあまり利用しない方(≒普段Wi-Fi環境に長く居る方)

SoftBank回線が使える格安SIM会社の中で一番オススメなのは、LINEモバイルです。

現在SoftBankの子会社となったLINEモバイル株式会社が運営しています。

LINEモバイルはSNSアプリのLINEに関するメリットが多いのが特長です。

他の格安SIMでは使えないID検索機能が使えたり、容量フリー(無制限)でLINEを使えるのでLINE通話し放題などのメリットがあります。

容量プランもあまりネットをしない人向けに月額基本料1,100円の月500MBのプランが用意されているなど、携帯維持費を極限まで抑えたい方にはオススメの格安SIMです!

月額1,100円(税込1,210円)プランなら、年間維持費がたった13,200円(税込14,520円)で済みますね。もちろんネットも使えるし、これは驚きですね……

LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルに乗り換える!

オススメ2:ワイモバイル(Ymobile)|電話1回10分まで何度でも無料、安定したネット回線が特長

引用元:ワイモバイル公式サイト

ワイモバイルの基本スペック

回線SoftBank
月額料金例2,680円(月3GB)
3,680円(月9GB)
メールアドレスあり(@yahoo.ne.jp, @ymobile.ne.jp)
特徴・SoftBankで買ったスマホがそのまま使える
・全国に専用ショップあり
・余った容量は来月に繰り越せる
・家族割で2台目以降月額500円割引
・他のSB回線の格安SIM会社より通信速度が少し速い!
オススメの方・SoftBankで買ったスマホをそのまま使いたい方
・乗り換え後も通信速度をあまり落としたくない方
・毎日よく電話をかける方

ワイモバイルは、ソフトバンク株式会社が運営する格安SIMで、なんと大手キャリアのSoftBankと同じ運営元です。

他のソフトバンク回線を借りて運営している会社と比べて通信速度が速く、安定していることが特長です。

最安プランでも月額2,680円と少し高く見えますが、実は10分かけ放題に相当するオプションが既に入っています(かけ放題オプションを800円と仮定したら、実質月3GBで1,880円と十分な安さ!)

電話をよくかける方、もともと10分かけ放題に相当するオプションに入るつもりだった方は、ワイモバイルならネットの通信速度が落ちたとそれほど感じずに月額料金だけ下げることができます!

契約はネットで行えば待ち時間もなく楽で便利ですが、その後何か問題が生じたときに近くの専門ショップで相談できるという点もワイモバイルの大きな特長です。

他にも、Yahooプレミアムのサービスも受けられたりと、何かと特典が多いことも特長です(くわしくは、公式サイトでご確認ください)

他社と比べて高いと思ったけど、ソフトバンク回線希望なら実は一番いい選択肢かもね!

あんまり電話しないんだけど」っていう方は、先程紹介したLINEモバイルか、このあと紹介するOCNモバイルONEのほうがオススメかもしれません!

ワイモバイル公式サイトへ

ワイモバイルに乗り換える!

オススメ3:OCNモバイルONE|月額1180円~、SIMフリースマホが激安で買える!(docomo回線)

引用元:OCNモバイルONE公式サイト

OCNモバイルONEの基本スペック

回線docomo
月額料金例1,180円(1GB/月コース)
1,480円(3GB/月コース)
メールアドレスあり(@xxxx.ocn.ne.jp)
※”xxxx”は英単語が1つ入る
特徴・回線はdocomo回線一択
・スマホセットのスマホ価格が激安
・容量の日割プランがある
・有料級Wi-Fiスポットが無料で使える
オススメの方・docomo回線でもOKな方
・スマホを買い替えたい方
・新型スマホを安く手に入れたい方
・Wi-Fiスポットを活用したい方

OCNモバイルONEは、通信事業大手・NTTコミュニケーションズ株式会社が運営しています。

SIMカードと端末をセットで購入できる「スマホセット」は、SIMフリーのスマートフォンを大特価で買える点が最大のメリットです。

スマホの乗り換えと同時に格安SIMデビューするにはオススメの格安SIMです!

月1GBの容量で問題なければ、月額基本料1,180円と破格の安さでスマホを持つことができます。

税込で月1,300円ってことは、年間で15,600円…?
安すぎるね!

回線はdocomo回線を使っているので、全国どこでも安定したネットを利用することができるのもポイントです。

 

OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホとセットで乗り換える!

総費用シミュレーション

結局全部でいくらかかるかな…

SoftBank解約→格安SIM乗り換えでかかる費用を2パターンシミュレーションしてみました。

解約にかかる費用、契約にかかる費用がわかったところで、実際どれくらいかかるかのシミュレーション例を紹介します。

例1:契約更新月に乗り換え

SoftBankに契約して3年目(25ヶ月目)に入りました。ちょうど契約更新月ということもあって、格安SIMのほうが圧倒的に月額料金が安いと聞いて乗り換えることにしました。
今使ってるスマホが壊れかけなので、本体とセットで乗り換えようと思います。
契約継続年数
3年目(25ヶ月目)
契約内容
ホワイトプラン
解約時条件
契約更新月に解約
MNP利用
機種代支払済
SIMパッケージ未使用

ちょうどタイミングよく契約更新月で、機種代の残高もないケースです。

シミュレーション結果

※MNP転出をしてスマホセットで契約する際の契約フロー(OCNモバイルONE)

※SIMカード手配料を400円と仮定しています。

項目費用(税抜)
契約解除料0円
MNP転出手数料3,000円
機種代金残額 他0円
初期工事費用3,000円
SIMカード手配料400円
総額6,400

SoftBankに払う手数料は、MNP転出手数料の3,000円です。

格安SIM会社に支払う手数料は、初期工事費用とSIMカード手配料の3,400円です。

総額は6,400円(税抜)となりました。

1万円くらいかかると思ってました。思ったよりも安いですね!

乗り換えで10,000円かかっても、月額料金が毎月6,000円くらい浮くと考えたら2ヶ月目には「乗り換えたほうがトク」になりますね。

例2:契約解除料を払うケース

格安SIMが安いと聞いて乗り換えることにしました。電話番号は心機一転新しいものにします
端末は今使っているものをそのまま使います。SIMパッケージはAmazonで400円で買いました。
契約継続年数
2年目(20ヶ月目)
契約内容
スマ放題(2年契約)
解約時条件
契約更新月でない月に解約
MNP不使用
機種代支払済
SIMパッケージを使って乗り換え

こちらは契約解除料が発生するタイプのケースです。

スマホがまだまだ使えるということで、SIMカードのみの契約を想定しています。

シミュレーション結果

※SIMパッケージをAmazonで買って契約する場合のフロー(MNPなし)

項目費用(税抜)
契約解除料9,500円
MNP転出手数料0円
機種本体代残額0円
SIMパッケージ代金400円
初期工事費用0円
SIMカード手配料400円
総額10,300

1万とちょっとですか。
月額料金が安くなって将来的に得することを期待して乗り換えます。

SoftBankに支払う手数料は契約解除料の9,500円です。

SIMパッケージ代の400円はAmazonに支払います。

格安SIM会社に払う諸費用は、SIMカード手配料の400円のみです。

総費用は10,300円(税抜)となりました。

電話番号を引き継ぐ場合、MNP転出手数料も足して13,300円になります!

まとめ

2019/10/1から適用されるルールのおかげで、解約金をゼロで済ませることができるようにはなりましたが、SIMロックの問題があるなど乗り換えが完全に自由化したとは言えない状況です。

違約金やSIMロックは、「乗り換えよう」という考えを踏みとどませるための大手キャリア側の経営戦略です。

とはいえ、格安SIMに乗り換えれば月額料金が大幅に安くなるので、ほんの数ヶ月で元がとれてしまいます

乗り換えで諸費用が約10,000円かかったとしても、月額料金が5000円ぐらい軽く安くなるので、たった2ヶ月ほどで元が取れる計算になります。

早く乗り換えれば乗り換えるほど得であることは明白なので、時間があるときに乗り換えることをオススメします!

違約金に対する消費税について

違約金って消費税が発生するの?

軽く検索してみましたが、普通に発生するようです。2年契約の違約金の正当性については最高裁判所で認められてしまっているので、仕方がないですね。

関連記事

SoftBankからMNPで乗り換える方法について解説しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました