BIGLOBEのスマホセットが今なら最大25,000円以上おトクに契約できる!!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

【2020年8月版】SHARP(シャープ)のおすすめSIMフリースマホ4選&全一覧

2020年8月時点で発売されているオススメのSHARP製SIMフリースマホを紹介しています!
別メーカーのスマホ、最新スマホなどをチェックしたい方は下のリンクからどうぞ。
スポンサーリンク

SHARPのオススメSIMフリースマホ4選(2020年8月末時点)

AQUOS sense3 SH-M12|ライト・ミドルユーザーにオススメ!今後長く持ちたい方に!

SHARP AQUOS sense3 SH-M12(ライトカッパー)

Senseシリーズ最新作です!

AQUOS sense3 SH-M12は、2019年11月27日に発売されたSIMフリースマホです。sense2 (SH-M08)の後継機として、約1年ぶりに登場しました。

senseシリーズ初のデュアルカメラDSDVバッテリー容量4000mAh最大1週間無充電使用可能とスペックも大幅進化しています。

☆SH-M12のここがポイント
  • ちょうどいい5.5インチディスプレイ
  • 背面デュアルカメラでプロっぽい遠近感のある写真も簡単!
  • 写真・動画もたっぷり保存できる64GBの保存領域
  • 最新OSAndroid 9搭載でJアラートにも対応

これで4万切ってるとか、コスパいいね。

国産スマホで新しいスマホをお探しの方にまずオススメしたいスマホです!

左から、ライトカッパー、シルバーホワイト、ブラック

AQUOS sense3 SH-M12の基本スペック

製品名AQUOS sense3 SH-M12
発売元SHARP
発売日2019年11月27日
市場価格34,800円
(税込38,280円)
カラーライトカッパー(SH-M12-C)
シルバーホワイト(SH-M12-S)
ブラック(SH-M12-B)
本体サイズ147×70×8.9mm
重量167g
ディスプレイサイズ5.5インチ
(2160×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2
メモリサイズ500GB(SDXC)
OSAndroid 9 Pie
CPUSnapdragon 630
(2.2GHz+1.8GHz)
ROM / RAM64GB / 4GB
カメラ画質アウト:1,200万画素×2
イン:800万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量4,000mAh
顔/指紋認証
Jアラート
おサイフケータイ
ハイレゾ
etc.

AQUOS sense3 SH-M12はこんな方にオススメ!

  • 国産スマホ希望の方
  • 電池の持ちを重視している方
  • 超ハイスペックスマホは必要ないという方
  • カメラでいろいろ撮影したい

AQUOS sense3 SH-M12を販売している格安SIM会社は?

格安SIM会社で買うと、SIMカードもセットで手に入りますよ。
家に届いたその日から、電話とネットをAQUOS Sense3でお楽しみください!

AQUOS sense3 SH-M12の販売価格(2020/9/15時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※120,900円870円
IIJmio※226,800円1,125円
BIGLOBEモバイル※31,500円
LINEモバイル※435,800円1,491円
mineo36,000円1,500円
LIBMO34,800円1,450円

※1:MNP転入+対象オプション加入で最大8000円割引キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※2:8/31まで、初期費用1円、月額料金値下げ、MNPでキャッシュバックキャンペーンなど実施中。詳しくはコチラ
※3:11/3まで月額料金半年間900円OFF&対象端末購入で最大18000Gポイント還元キャンペーン実施中(最大26680円相当おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ
※4:月額基本料最大2ヶ月間無料+LINE Pay or LINEポイント最大5000円分+スマホ値引きキャンペーンを実施中。詳しくはコチラ→LINEモバイルキャンペーンまとめ

最安はOCNモバイルONEだね。

 

OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!

AQUOS sense3 plus SH-M11|SH-M12より「ワンランク上」なスマホ!

AQUOS sense3 plus SH-M11は、2019年12月25日に発売されたミドルレンジのスマホです。

SH-M12発売から約1ヶ月後に発売されたスマホで、SH-M11より全体的にスペックが上回っています。

特に大きな差として画面サイズが0.5インチアップの6インチとなっているので、「SH-M12よりもう少し大きいディスプレイが欲しい」という方に特にオススメです!

左からムーンブルー、ブラック、ホワイト

☆SH-M12との違いまとめ
  • CPU(Snapdragon):636(SH-M12:630)
  • 保存領域(ROM):128GB(SH-M12:64GB)
  • メモリ(RAM):6GB(SH-M12:4GB)
  • ディスプレイサイズ:6.0インチ(SH-M12:5.5インチ)
  • アウトカメラ解像度:わずかにSH-M11が上

もう少し詳しく比較した内容を知りたい方はSH-M11の個別記事をご確認ください。

AQUOS sense3 plus SH-M11の基本スペック

製品名AQUOS sense3 plus SH-M11
発売元SHARP
発売日2019年12月25日
市場価格58,800円
(税込64,680円)
カラームーンブルー(SH-M11-A)
ホワイト(SH-M11-W)
ブラック(SH-M11-B)
本体サイズ160×75×8.7mm
重量175g
ディスプレイサイズ6.0インチ
(2260×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2
外部メモリ最大512GB(SDXC)
OSAndroid 9 Pie
CPUSnapdragon 636
ROM / RAM128GB / 6GB
カメラ画質アウト:1,200万(標準)+1310万画素(広角)
イン:800万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量4,000mAh
顔/指紋認証
Jアラート
おサイフケータイ
ハイレゾ
etc.

AQUOS sense3 plus SH-M11はこんな方にオススメ

  • 国産スマホが欲しい方
  • 6インチくらいのディスプレイサイズが欲しい方
  • SH-M12より少しスペックが上のスマホがほしいと感じた方

AQUOS sense3 plus SH-M11を販売している格安SIM会社は?

会社名を選択すると公式サイトをチェックできます!

AQUOS sense3 plus SH-M11の販売価格(2020/9/15時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※137,900円1,579円
IIJmio※249,800円2,080円
BIGLOBEモバイル※32,270円
mineo56,400円2,350円

※1:MNP転入+対象オプション加入で最大8000円割引キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※2:8/31まで、初期費用1円、月額料金値下げ、MNPでキャッシュバックキャンペーンなど実施中。詳しくはコチラ
※3:11/3まで月額料金半年間900円OFF&対象端末購入で最大18000Gポイント還元キャンペーン実施中(最大26680円相当おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ

 

OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!

AQUOS zero2 SH-M13|SHARPの最強・フラグシップモデル!

AQUOS zero2 SH-M13(アストロブラック)

一番ハイスペックなのが欲しい人はこれかな?

AQUOS zero2 SH-M13は現状SHARPのSIMフリースマホの最新・最強モデルです。

過去の製品の中でも群を抜いてスペックが向上しており、他社のフラグシップモデルと肩を並べる「ゲーミングスマホ」な一台となっています。

※どの辺がハイスペック?
  • 発売時点で最高クラスのCPU(Snapdragon 855)
  • 保存領域(ROM)が大容量の256GB
  • メモリ(RAM)も大容量6GB
  • ディスプレイが6インチ超え(6.4インチ)
  • ディスプレイ解像度はもちろんFHD+(2340×1080 px)
  • これだけのスペックでありながら重さたったの141g

AQUOS zero2 SH-M13の基本スペック

製品名AQUOS zero2 SH-M13
発売元SHARP
発売日2020年3月中旬
市場想定価格
(税抜)
104,700円
カラーアストロブラック
本体サイズ158×74×8.8mm
重量141g
ディスプレイサイズ6.4インチ
(2340×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2
(DSDV)
メモリサイズ
OSAndroid 10
CPUSnapdragon 855
(2.8GHz+1.7GHz)
ROM / RAM256GB / 8GB
カメラ画質■アウト
 標準:1220万画素
 広角:2010万画素
■イン:800万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量3,130mAh
顔/指紋認証
USB Type-C
Jアラート
おサイフケータイ
近接センサー、光センサー etc.

AQUOS zero2 SH-M13はこんな方にオススメ!

  • ハイスペックなスマホが欲しい方
  • スマホゲームを存分に楽しみたい方
  • 最新スマホが欲しい方
  • 国産スマホが欲しい方

国産ハイスペックSIMフリースマホのお探しだった方は、SH-M13がオススメですよ!

AQUOS zero2 SH-M13を販売している格安SIM会社は?

会社名を選択すると公式サイトをチェックできます!

AQUOS zero2 SH-M13の販売価格(2020/9/15時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※172,700円3,029円
IIJmio※284,800円3,550円
mineo96,000円4,000円

※1:MNP転入+対象オプション加入で最大8000円割引キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※2:8/31まで、初期費用1円、月額料金値下げ、MNPでキャッシュバックキャンペーンなど実施中。詳しくはコチラ

SH-M13も最安はOCNモバイルONEだね。

 

OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!

OCNモバイルONEはドコモ回線ですが、au回線希望ならIIJmioがオススメです。

IIJmio公式サイトへ

IIJmio端末一覧をチェック

AQUOS sense2 SH-M08|ライトユーザー向けスマホ、まだまだ人気!

SHARP AQUOS sense 2 SH-M08(ホワイトシルバー)

AQUOS sense2 SH-M08は、2018年12月下旬に発売されたSIMフリースマホです。

スペックはSenseシリーズ最新作のSH-M12と比べると低めに抑えられていますが、ヘビーユーザー以外なら十分すぎるスペックを持っていますので、国産スマホをお求めの多くのユーザーにオススメです。

☆SH-M08のここがポイント
  • ちょうどいい5.5インチディスプレイ
  • 32GBの十分な保存領域
  • 現状最新のWi-Fi規格 11acに対応
  • Android 8以上なのでJアラートにも対応

まさに、ガラケーからスマホに乗り換えたい方や、国産スマホをお探しの方にピッタリのSIMフリースマホです!

左から順に、ホワイトシルバー、ニュアンスブラック、アッシュイエロー、アーバンブルー

AQUOS sense 2 SH-M08の基本スペック

カラーホワイトシルバー
ニュアンスブラック
アッシュイエロー
アーバンブルー
本体サイズ148×71×8.4mm
重量155g
ディスプレイサイズ5.5インチ(2160×1080 px)
SIMサイズnanoSIM
メモリサイズmicroSD(最大512GB)
OSAndroid 8.1
CPUSnapdragon 450(1.8GHz)
ROM / RAM32GB / 3GB
カメラ画質アウト:1200万画素
イン:800万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量2700mAh
指紋認証
防水(IPX5/8)
防塵(IP6X)
おサイフケータイ
近接、光センサーなど

AQUOS sense2 SH-M08はこんな方にオススメです

  • 国産スマホ希望の方
  • ハイスペックは不要な方
  • 「スマホは電話とネットができればOK」という方
  • これからスマホを使い始めたい

AQUOS sense2 SH-M08を販売している格安SIM会社は?

発売から1年半以上が経ち、さすがに販売店も少なくなってきましたが、まだまだ人気のスマホです!

AQUOS sense2 SH-M08の販売価格(2020/8/17時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※114,900円
IIJmio※219,800円830円
BIGLOBEモバイル※3980円
LINEモバイル※434,800円1,540円
mineo32,880円1,370円
LIBMO28,800円1,200円

※1:MNP転入+対象オプション加入で最大8000円割引キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※2:8/31まで、初期費用1円、月額料金値下げ、MNPでキャッシュバックキャンペーンなど実施中。詳しくはコチラ
※3:11/3まで月額料金半年間900円OFF&対象端末購入で最大18000Gポイント還元キャンペーン実施中(最大26680円相当おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ
※4:月額基本料最大2ヶ月間無料+LINE Pay or LINEポイント最大5000円分+スマホ値引きキャンペーンを実施中。詳しくはコチラ→LINEモバイルキャンペーンまとめ

 

OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!


ここからは、シャープについて、シャープの歴代SIMフリースマホの紹介です!

シャープ(SHARP)について

シャープ(SHARP)は、日本では知らない人はいないというレベルで有名な大手電機メーカーですね。

しかし2016年に経営不振で外資が投入され、現在は台湾大手企業の鴻海精密工業(ホンハイ)傘下の会社となっています。

SIMフリースマホをポンポン出すようになったのは台湾企業傘下になったおかげだったりして……?
正式社名
シャープ株式会社
本社所在地
大阪府堺市
事業内容
電気機器事業
公式サイト(日本)
http://www.sharp.co.jp/

シャープのスマートフォンの特徴

シャープ製SIMフリースマホの特徴について簡単に取り上げたいと思います。

低消費電力で高繊細なIGZOディスプレイ

AQUOS sense plue SH-M07(ホワイト)

シャープのスマホの最大のウリといえば、IGZOディスプレイです。

4つの元素の頭文字

In(インジウム)
Ga(ガリウム)
Zn(亜鉛)
O(酸素)

を取って名付けられた酸化物半導体であるこのIGZOは、映像の高精細化や、細いタッチペンでも反応する操作性の向上を実現しました。

また、従来ディスプレイと比較して5分の1~10分の1にまで低下させた低消費電力化により、高容量バッテリーを積まずとも日持ちするスマホを実現しています。

オーソドックスなデザイン性

AQUOS sense2 SH-M08(アーバンブルー)。四角いディスプレイ、前後1台ずつのカメラなど実にシンプルながら王道のデザインに仕上がっている。

シャープのスマートフォンは、「何も見ずにスマートフォンを描いて下さい」と言われたら、大半の人が描きそうなシンプルでオーソドックスなデザインの端末が多いです。

悪く捉えると個性が薄いともいえるかもしれませんが、あまり奇抜なものを好まない方からするとシャープのスマホは安定感のあるデザインといえるのではないでしょうか。

長持ちな耐久性(個人的感想)

ひとつシャープのスマホを評価する上で忘れられないのが耐久性の良さです。

私が2005年に購入したSH901iS(ガラケー)ですら、充電さえすればいまだに動くという耐久性は、使った人ならきっと満足すると思います。

数年前に買った某フランス製のスマホが1年ちょっとで壊れた経緯もあり、シャープのスマホの耐久性の良さはより印象的になっています^^;

SHARPのSIMフリースマホ全ラインアップ

※表内のクリックできる端末は、スペックレビュー+関連商品紹介記事に移動します。

端末名
発売時期
簡易スペック
AQUOS SH-M01
2014年12月5日発売
OS:Android 4.4.2
ディスプレイ:4.5インチ
CPU:MSM8974
ROM/RAM:16GB/2GB
AQUOS SH-M02
2015年10月20日発売
OS:Android 5.0
ディスプレイ:5.0インチ
CPU:MSM8926
ROM/RAM:16GB/2GB
RoBoHoN
SR-01M-W

2016年5月26日発売
OS:Android 5.0
ディスプレイ:2.0インチ
CPU:Snapdragon 400
ROM/RAM:16GB/2GB
AQUOS mini
SH-M03

2016年7月発売
OS:Android 6.0
ディスプレイ:4.7インチ
CPU:Snapdragon 808
ROM/RAM:16GB/3GB
AQUOS SH-M04
2016年12月発売
OS:Android 6.0
ディスプレイ:5.0インチ
CPU:Snapdragon 430
ROM/RAM:16GB/2GB
AQUOS sense lite
SH-M05

2017年12月発売
OS:Android 7.1
ディスプレイ:5.0インチ
CPU:Snapdragon 430
ROM/RAM:32GB/3GB
AQUOS R compact
SH-M06

2018年1月発売
OS:Android 8.0
ディスプレイ:4.9インチ
ROM/RAM:32GB/3GB
CPU:Snapdragon 660
AQUOS sense plus
SH-M07

2018年6月発売
OS:Android 8.0
ディスプレイ:5.5インチ
CPU:Snapdragon 630
ROM/RAM:32GB/3GB
AQUOS sense2
SH-M08

2018年12月27日発売
OS:Android 8.1
ディスプレイ:5.5インチ
CPU:Snapdragon 450
ROM/RAM:32GB/3GB
AQUOS R2 compact
SH-M09

2019年2月21日発売
OS:Android 9
ディスプレイ:5.2インチ
CPU:Snapdragon 845
ROM/RAM:64GB/4GB
RoBoHoN
SR-03M-Y

2019年2月27日発売
OS:Android 8.1
画面サイズ:2.6インチ
CPU:Snapdragon 430
ROM/RAM:16GB/2GB
AQUOS zero
SH-M10

2019年4月9日発売
OS:Android 9
サイズ:6.2インチ
CPU:Snapdragon 845
ROM/RAM:128GB/6GB
AQUOS sense3
SH-M12

2019年11月27日発売
OS:Android 9
サイズ:5.5インチ
CPU:Snapdragon 630
ROM/RAM:64GB/4GB

シャープのSIMフリースマートフォンは、基本的に「SH-M◯◯」(◯は数字)という型名が付けられています(ロボホンはSR-◯◯M)。

SH-M01に始まり、2019年4月時点でSH-M10まで発売されました。

発売順に見ていくと、少しずつスペックが進化していってるのが見受けられますね。

スペックの変遷を見る限り、突然Snapdragon 800番台の高性能CPUを搭載したAQUOS mini SH-M03は、R compactシリーズの前身ともいえるモデルかなと思えますね。

AQUOS senseシリーズ

※表内の端末をクリックすると、スペックレビュー+関連商品紹介記事に移動します。

端末名
発売時期
簡易スペック
AQUOS sense3
SH-M12

2019年11月27日発売
OS:Android 9
サイズ:5.5インチ
CPU:Snapdragon 630
ROM/RAM:64GB/4GB
市場価格:32,727円
AQUOS sense2
SH-M08

2018年12月27日発売
OS:Android 8.1
サイズ:5.5インチ
CPU:Snapdragon 450
ROM/RAM:32GB/3GB
市場価格:37,670円
AQUOS sense plus
SH-M07

2018年6月発売
OS:Android 8.0
サイズ:5.5インチ
CPU:Snapdragon 630
ROM/RAM:32GB/3GB
市場価格:39,600円
SHARP
AQUOS sense lite
SH-M05

2017年12月発売
OS:Android 7.1
サイズ:5.0インチ
CPU:Snapdragon 430
ROM/RAM:32GB/3GB
市場価格:29,800円

SH-M05以降、senseシリーズとして現在4台のスマホが発売されています。

デビュー作は現在も一部店舗や格安SIM会社で発売されているSH-M05(AQUOS sense lite)で、最新端末は2019年11月に発売されたSH-M12(AQUOS sense3)となっています。

AQUOS R compactシリーズ

※表内のクリックできる端末は、スペックレビュー+関連商品紹介記事に移動します。

端末名
発売時期
簡易スペック
AQUOS R2 compact
SH-M09

2019年2月21日発売
OS:Android 9
サイズ:5.2インチ
CPU:Snapdragon 845
ROM/RAM:64GB/4GB
市場価格:81,880円
AQUOS R compact
SH-M06

2018年1月発売
OS:Android 8.0
サイズ:4.9インチ
CPU:Snapdragon 660
ROM/RAM:32GB/3GB
市場価格:70,880円

R compactシリーズは2月21日にR2 compactSH-M09)が発売され、シリーズ化しています。

R compactシリーズは、他社のスマートフォンと比較してコンパクトサイズに設計されているのが特徴です。コンパクトながらスペックは高めということで、「大きいスマホはちょっと……」という人にピッタリのスマホとなっています。

SH-M09は発売時点で最高クラスのCPU、Snapdragon 845が搭載されており、コンパクトサイズハイスペックスマホとして注目の一台です。

RoBoHoN(ロボホン)シリーズ

※表内のクリックできる端末は、スペックレビュー+関連商品紹介記事に移動します。

端末名
発売時期
簡易スペック
RoBoHoN
SR-01M-W

2016年5月26日発売
OS:Android 5.0
ディスプレイ:2.0インチ
CPU:Snapdragon 400
ROM/RAM:16GB/2GB
RoBoHoN
SR-03M-Y

2019年2月27日発売
OS:Android 8.1
画面サイズ:2.6インチ
CPU:Snapdragon 430
ROM/RAM:16GB/2GB

SIMフリースマホというくくりで見るとなんだこれは……と思わず絶句してしまいそうですが、ロボットの形をした奇抜なSIMフリーの電話機、RoBoHoN(ロボホン)です。

3G・LTE向けのSR-01M-Wと、Wi-Fi向けのSR-02M-Wの2種類が初代ロボホンとして発売されました(SIMフリーとしての商品はSR-01M-W)。

2016年に発売開始となったこのロボホンですが、現在も販売されています

 そして初代ロボホン発売から3年弱の時を経て……スペックを刷新したニューモデル、SR-03M-Yが発売されました。
 お値段は180,000円(税抜)です。

第二世代ロボホン(SR-03M-Y)。OS, CPUなどが大きくグレードアップ。

 SIMフリー(LTE/3G)モデルはSR-03M-Yで、これとは別にWi-FiモデルのSR-04M-YとSR-05M-Y(着座モデル)も合わせて発売されています。

 着座モデルは動きが少ない分79,000円と歩行モデル(SR-03M-Y, SR-04M-Y)と比べてお安くなっています。

かわいいデザインだね。
ユーザー評価は結構高低に分かれているようですが、合う人にはピッタリ合っていることがAmazonレビューなどから伺えます。

さいごに

管理人の親がOCNモバイルONEのらくらくセット(現スマホセット)で購入したSH-M05です。

RoBoHoNのように、今後も新たな境地を切り開いてくれることを期待しています。

今後もSHARPには国産SIMフリースマホを代表する会社として活躍して欲しいなと思います。


ホームに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました