ASUSのZenFone 7シリーズがOCNモバイルONEで最大30,000円以上おトクに買える!!詳しくはコチラ

格安SIMのデメリット5個とOCNモバイルONEのデメリット3個を紹介

安くなるのはわかるけど、なんか問題ないのかなぁ…?

格安SIM乗り換えによるデメリットをまとめました!

大手キャリアから格安SIMに乗り換えたらどのような悪影響があるか気になりますよね。

この記事では、大手キャリアからOCNモバイルONE(格安SIM)に乗り換えるときに考えられるデメリットについてまとめました。

デメリットのうち、格安SIM業界共通のデメリットと、OCNモバイルONE特有のデメリットの2種類に分けています。

あなたにとってデメリットが本当にデメリットかどうか確認してみてください。

格安SIM業界共通のデメリット

デメリット1:大手キャリアのメールアドレスがなくなる

大手キャリアを解約することでそれまで使っていたメールアドレスが使えなくなってしまいます

例えばdocomoだったら「@docomo.ne.jp」のメールアドレスが使えましたが、解約すると使えなくなります。

OCNモバイルONEなら対策不要!

携帯用のフリーメールを作らないといけないね。

OCNモバイルONEなら作る必要ありませんよ!

フリーメールアドレスを作成してスマホ用にする手も考えられますが、OCNモバイルONEに契約すると本来なら有料のメールアドレス(OCNメール)を1個無料でもらえるので対策不要です!

OCNメールは、スマートフォンでも使うことができますので、メール問題はOCNモバイルONEなら問題なしといえます。

このデメリットはOCNモバイルONEでは影響は小さそうって感じだね。

デメリット2:町に専用ショップが(あまり)ない

大手キャリアは、docomoショップauショップといったような店舗を全国に展開していますよね。

しかし、格安SIM会社に関しては「専用ショップ」というような店がほとんどありません

一応あるにはあるのですが、大手キャリアみたいに「全国にあります」とはいえないレベルしかありません。

契約から変更・解約まで基本はWEB上で行う必要あり

大手電機店などでは契約を取り扱ってくれるお店もあるのですが、契約先が限定されているので、自分が契約したいショップが近くにある可能性は結構低いです。

また、契約後のさまざまな内容変更は、WEB(または電話)で行うのが基本になります。

何か問題が起こったときや契約内容を変えたいという場合、とりあえず専用ショップに行けばどうにかなってたかと思います。

格安SIMだとWEBサイトにアクセスして自分で手続きする必要があります。

格安SIMに契約したら、基本的にネットで全部手続きするわけか……大丈夫かな?

そうですね!OCNモバイルONEではOCNモバイルONEアプリを使ったりOCNマイページにアクセスして変更を行います。
一度使えば簡単に感じると思いますし、WEBだと待ち時間がないことがかえってメリットに思えてきますよ!

デメリット3:平日昼間に通信速度が低下する

大手キャリアと格安SIMの通信速度の差のイメージです。

格安SIMは、昼間(12時過ぎ~13時前)や混雑時(人が密集する地域や年末年始など)に通信速度が大きく低下する傾向があります。

昼間に大手キャリアの回線が遅いと感じることはなかなかないと思いますが、格安SIMだったらウェブサイトがなかなか表示されないなどの問題が生じやすくなります。

この点は、格安SIMにおける最大の問題点で、国(総務省)を含めて各社改善に追われています。

なるほど。これは格安SIM最大の弱点といえるね。

遅さの理由は通信渋滞

格安SIM会社が対策を取るのは実は簡単なんです。

昼間でも安定した速度が供給できるくらいのネットワークを借りれば解決します。

でも……それを格安SIM会社がやらない(やれない)理由も簡単で、それをやってしまうとコストが一気に増えてしまって、現在の月額料金では格安SIMサービスを提供できなくなるからです。

格安SIMの超激安料金のヒケツは、平日昼間の通信渋滞を除いた時間帯でそこそこ快適にインターネットができるだけのネットワーク量を借りているからなんですね。

平日昼間は犠牲にして、あとの時間は普通に使えるレベルの速度が出せるだけのネットワークを借りてるってことか。。

そうですね。今後5Gの台頭で変わってくることもあるかもしれませんが、しばらくは今の状態が続きそうです。

昼間以外もずっと遅い……というわけではない!

よく勘違いされがちですが、混雑時でない時間帯に関しては大手キャリアが超高速としたら格安SIMは高速というくらいの速度が出ています。

通信を行う環境によっては非混雑時でも速度が遅くなることもあるかもしれませんが、基本的に非混雑時なら大手キャリアと遜色ない通信が行えます

ずっと遅いとか、突然ネットがつながらなくなるイメージがあったけど、そういうレベルではないんだね。
常時遅いのは平日昼間(12時過ぎ~13時)、たまに遅く感じるのは17時半前後くらいで、あとはわりと普通に使えますよ。 ※管理人の見解です。

デメリット4:乗り換え時に各種手数料・違約金が発生する

項目金額(税抜)
解約違約金9,500円
MNP転出
手数料
2,000円(docomo)
3,000円(au, SoftBank)

※2年契約途中で解約した場合の大半の違約金額

大手キャリアを解約するときに、「解約違約金」と「MNP転出手数料(電話番号を引き継ぎたい場合)」が発生します。

2年契約の途中での解約の場合、キャリアからの乗り換え時に解約手数料(違約金)が発生し、一時的ではありますがお金を払うことになります。

一時的な支出とはいえ、それなりのお金が発生してしまいます。

デメリット5:今使っているスマホが使えない可能性がある

※SIMロック端末の特徴を端的に示した図です。A社で販売されている端末がA社のSIMカードしか受け付けない仕様になっていれば、それはSIMロックがかかった状態となります。

大手キャリアで購入したスマートフォンにはSIMロックがかかっています。

SIMロックは購入したキャリアのSIMカードしか受け付けないようになっていて、格安SIMを挿してもネットに繋がらないようになっています。

「そもそもスマホは買い換えるつもりだった」という人には関係のない話ではありますが、「引き継いで使いたい」という人には問題です。

SIMロック解除で使用可能に

2017年12月より、購入日から101日経過したスマートフォンは各キャリアのショップやウェブサイトでSIMロック解除ができるようになりました。

SIMロックされているスマホをお持ちの方は、SIMロック解除申請してみてください。

OCNモバイルONE特有のデメリット

ここまでは格安SIM業界共通のデメリットを紹介しました。

ここからはOCNモバイルONEを選ぶことによるデメリットを紹介します。

デメリット1:回線がdocomo一択

最近は複数の通信回線(docomo, au, SoftBank)から希望の回線を選べる格安SIM会社が増えています。

そんな中、OCNモバイルONEはdocomo回線しか選ぶことができません

docomo回線以外がいいという方にとってはデメリットとなります。

docomo回線で問題なければいいけど、他の回線希望だったらOCNモバイルONEはNGってことか…

よくある勘違い:auユーザー、SoftBankユーザーもOCNモバイルONEへの乗り換えは可能です!

「現在auやSoftBankを利用している人はdocomo回線の格安SIMを選ぶことはできない」と言ってる人が周辺にいませんか?

それは大きな勘違いで、auやSoftBankユーザーでもOCNモバイルONEへ乗り換えることはできます

「auやSoftBankのスマートフォンがdocomo回線に対応してない」ならまだ間違ってないのですが(SIMロック解除すれば使えるようになります)、docomo回線の格安SIMへの乗り換えができないというのは間違いですので、安心して乗り換えてくださいね。

デメリット2:月3GBプランが他社と比べてやや割高

相場として月3GBの通信容量プランは1600円が多いのですが、OCNモバイルONEは1800円と200円高いです。
ここはややデメリットとして浮かび上がりますね。

110MB/日(月あたり約3.3GB)は月額1,600円!(オススメ)

じゃあ別のところにしようかな……

110MB/日プランは検討しましたか?

月3GBのプランが割高なのに対し、110MB/日コースだと相場の1,600円になっています

「日割の容量プランってどうなの?」と思いますよね。

でも使ってみると案外今までどおり使えますし、現在月あたり3GB以内しか使わないユーザーなら全然制限に引っかからないんです。

例えば、現状月あたり1GB程度しか使ってない方からしたら、1日あたりの平均利用量は33MBとなります。110MBでも全然問題ないことが分かりますよね。

2GB使う人でも1日あたり66MB110MBまでまだ44MBも余裕があります

あと、日割プランだと「かえって通信制限を気にせず使える」というメリットもあるんですよ!

なるほどね、通信制限にかかっても、最短で明日には高速通信できるようになるのは大きいね。

月6GBプランは格安SIMシェア上位の中でも最安レベル!

もし月6GBプランをご検討中の場合、OCNモバイルONEは注目ですよ。

OCNモバイルONEの月6GBプランは月額2,150円なのですが(音声対応SIM)、この額は格安SIM業界でも最安クラスの料金となっています。

これにメリットも考慮すると、月6GB希望ならOCNモバイルONEが一番理想的といえるのではないでしょうか。

デメリット3:10GB以降の大容量コースの選択肢が細かくない

OCNモバイルONEの10GB以上の高容量プラン(高速通信回線)は、20GB30GB2通りしかありません

12GB15GBを希望するユーザーは10GBで我慢するか20GBを選ぶ必要があります。

面倒でなければ、データ容量の繰越制度を利用して適宜容量プランを切り替えるという案を提案します!

今月は20GB、来月は10GBってすれば、1ヶ月あたり15GBになるってわけか……それはなかなか賢いね。

さいごに

格安SIM乗り換えのデメリット、OCNモバイルONE乗り換えでのデメリットとしてよく言われることを挙げてみましたが、いかがでしたでしょうか?

あなたにとってデメリットがデメリットと思わないのなら、OCNモバイルONEはオススメの格安SIMです!

逆に、格安SIM共通のデメリットの中で「それは絶対困る……」というデメリットがある場合は、格安SIMへの乗り換え自体を考え直したほうがいいかもしれません。

関連記事

逆にメリットが知りたいんだけど……

OCNモバイルONEのメリットは、↓の記事に紹介しています!

料金プランについて詳しく知りたい方は、↓の記事をチェックしてくださいね!

OCNモバイルONEを知る 記事一覧に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました