最大8,000円OFF!OCNモバイルONEのスマホセットキャンペーンが注目!詳しくはコチラ

【2019年6月版】ポケットWi-Fi最新比較|プロバイダー選びの基準とオススメを一挙紹介!

外出先で使える便利なポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)のオススメプロバイダーを一挙紹介しています。

モバイルWi-Fiサービスを提供している会社(=プロバイダ)はたくさんあって、どのプロバイダを選べばいいか迷いますよね。

契約先を選ぶ基準はだいたい以下の通りです:

この記事では、各基準におけるチェックポイントとオススメのプロバイダを一挙紹介します。

この記事は2019年5月2日時点での情報をもとに作成しています。
情報はできる限り最新のものに更新していますが、場合によっては古い可能性があります。
最新の情報は各プロバイダ公式サイトをご確認ください。

余談:モバイルWi-Fi?ポケットWi-Fi?

どっちがどっちなの?

一応正確には「モバイルWi-Fi」が一般名称で、「ポケットWi-Fi」は商品名なんですよ。

世間一般では「持ち運びができるWi-Fiルーター」のことをポケットWi-Fiと呼んでいます。

当サイトでもポケットWi-Fiという言葉をそのような意味合いで使っています。

が、ポケットWi-Fiという言葉はソフトバンク社の登録商標(=商品名)です。

本来持ち運びができるWi-Fiルーターの一般名称は「モバイルWi-Fi」や「モバイルWi-Fiルーター」というのが正確です。

他商品でいうと、ウォークマン(Sonyの登録商標)とか、キャタピラ(CAT社の登録商標)みたいなものです。

個人的には伝われば別にどっちでもいいと思ってます。一応参考までに紹介しました。

比較1:「価格」で選ぶ場合の基準、オススメプロバイダは?

やっぱ値段でしょ!

プロバイダーを選ぶ一番の基準は、やはり毎月払う月額料金や初期費用の価格面です。

同じサービスを提供しているのなら安ければ安いほうがいいですよね。

基本的に同じ回線を提供している会社同士なら、通信速度はそれほど変わらない(変わりようがない)ので、安い会社を選ぶことをオススメします。

ただ、安い会社を選ぶといっても、

  • 月額料金が月ごとに変わっていったり
  • 端末が無料だったり有料だったり
  • 初期費用がかかったりかからなかったり

と複雑なのがモバイルWi-Fi業界のややこしいところだと思います。

そこで、一定年数使ったときにどの会社が一番安く済むかという比較基準を設けました。

そうすることで、契約序盤だけ安くて、年単位で見たら実は他社より高いというプロバイダーを候補から外すことができます!

当サイトでは、契約してから解約違約金が初めて無料になる期間まで使ったときに一番安く済むプロバイダはどこかを調査しました。

安さでオススメは?

契約更新月まで契約するという条件で一番のオススメは、GMOとくとくBB WiMAX(ギガ放題プラン)です。

端末代金が無料、月額料金も契約期間中安定して安いため、3年使う中での実質月額が一番安い(3,345円)という結果になっています。

運営会社が東証一部上場の大手企業ということもあって、安心して契約できるプロバイダーです。

GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,170円(税抜)~!

比較2:「回線」で選ぶ場合の基準、オススメプロバイダは?

モバイルWi-Fiを提供している会社の大半は

WiMAX回線(KDDI系)
Pocket Wi-Fi(ソフトバンク)回線(ソフトバンク系)

の2種類に分かれています。特に多いのがWiMAX回線です。

※「Pocket Wi-Fi回線」と書くといろいろややこしいので、以下「ソフトバンク回線」と表記します。

それぞれの特徴をざっくり挙げると……

となっています。

 通信業界に詳しい方に最近(19年5月頃)話を聞いたのですが、「最近は昔ほど回線ごとの質(電波干渉や壁の影響)の差はなくなってきている」……とのことです。
 とはいえ、現状室内ならソフトバンク、屋外ならWiMAXのほうが強いと言われているのが現状です。

比較3:「契約年数」で選ぶ場合の基準、オススメプロバイダは?

契約年数は、ざっくり分類すると……

  • WiMAX系プロバイダー:3年
  • ソフトバンク系プロバイダー:2年(が多い)

となっています。

契約期間中に解約すると違約金が発生するので、契約年数は短ければ短いほど都合がいいといえます。

モバイルWi-Fiの違約金事情|早期の解約は要注意!

違約金はだいたいどのプロバイダーも↓のような形態になっています(3年契約の場合):

解約タイミング 違約金
1~12ヶ月目 19,000円
13~24ヶ月目 14,000円
25~36ヶ月目 9,500円
37 (1) ヶ月目 無料
38 (2) ~72 (36) ヶ月目 9,500円

ですので、モバイルWi-Fiを契約する場合、最低でも2年は使うことをオススメします。

モバイルWi-Fiの契約更新月事情:ケータイ業界よりも闇が深い……

モバイルWi-Fiの大半は、契約満了の翌月(または最終月)に契約更新月が設けられています。

携帯業界では2019年3月から契約更新月が3ヶ月に伸びるなど、徐々に乗り換えがしやすい環境になりつつありますが、モバイルWi-Fi業界は契約更新月は基本的に1ヶ月のみとなっています。

3年契約 3年契約
0ヶ月目 1ヶ月目 35ヶ月目 36ヶ月目 1ヶ月目 2ヶ月目
契約 契約更新月

ヒエ~、厳しいね。

※国民の声が大きくなると総務省が動くと思いますが、現状動きはない状態です。

そのため、契約年数を重視するならソフトバンク系の回線がオススメです。

契約年数が2年以下のプロバイダー一覧、中には1ヶ月以降違約金ゼロも!

契約年数がWiMAXの3年より短い2年、または2年以下のプロバイダーをピックアップしました。

プロバイダー名 契約年数 備考
NEXTmobile 2年 ・ソフトバンク回線使用
・20GB, 30GB, 50GBの3プラン
どんなときもWiFi 2年 ・docomo, au, SoftBankのLTE回線(携帯回線)が全部使える
縛りなしWiFi なし 1ヶ月以上使えば違約金ゼロ
・WiMAXとソフトバンクの2回線あり

NEXTmobileどんなときもWiFiは契約年数が2年です。

NEXTmobileは20ギガプランが月額2,760円~と安く、契約更新月まで使ったときの実質月額も3,000円を切っていておトクです。

月20GBくらいしか使わないという方にまずオススメしたいのはNEXTmobileといえます。

NEXT mobile
ソフトバンク回線の快適wifiルーター【NEXTmobile】

どんなときもWiFi大手キャリア3社の回線が全部使えるという特長があります。

そのため、利用場所がドコモauソフトバンク回線のうちどれか1社でも使えたら繋がるので、安定してネットに繋がるというメリットがオススメのポイントです。

どんなときもWiFi
トリプルキャリア対応 どこでも使える!

そして、契約年数の縛りがないのが縛りなしWiFiです。

1ヶ月使ったあとは解約しても違約金ゼロのため、短期間だけ使うという場合に便利ですし、2年目から月額料金が安くなるので(月額2,800円)、長期的に使いたい方にもオススメできるプロバイダです。

回線もWiMAXとソフトバンクの2回線用意されています。

契約期間なしでWiMAX回線が使えるのは、現状縛りなしWiFiだけです。

縛りなしWiFiは契約時にどちらの回線を選ぶか伝えないとプロバイダ側が勝手に決めるので、WiMAX回線を希望する場合はその旨を伝えるようお気をつけください。

違約金のリスクを考えたら、一番は縛りなしWiFiだね!


縛りなしWiFiのお申し込みはこちら

比較4:「特典」で選ぶ場合の基準、オススメプロバイダは?

昔はモバイルWi-Fi業界はキャッシュバックキャンペーンを積極的に行っていました。

今でもキャッシュバックを行っているプロバイダはいますが、現状少しずつ減りつつあるのが現状です。

というのも、多くのユーザーがキャッシュバックを受け取りそこねて、SNSなどで拡散したことが原因と考えます。

キャッシュバックはお得!……に見えるけど「申請忘れ」に要注意

キャッシュバックをもらうために大半のプロバイダーが採用した方法が、

契約◯ヶ月目にユーザー自身でキャッシュバック申請する

というものでした。

その結果、キャッシュバック申請をし忘れる例が増え、多くのユーザーがSNSに不満を投稿しています。

あらら……

ちなみに、キャッシュバックキャンペーン込みで安いプロバイダーに契約してキャッシュバックキャンペーンを受け取りそこねると、基本的にキャッシュバックを採用してないプロバイダーよりも圧倒的に実質月額が上がって損をします

そのため、キャッシュバック付きの契約をされる方は、必ずキャッシュバックの申請を忘れないようお気をつけください。

最近の特典の流れはキャッシュバックから別方向へ

そんな流れを重く見たのか、プロバイダが最近行うキャンペーンはキャッシュバックから月額料金の値下げ端末無料といった内容に切り替わりつつあります。

その結果、どのプロバイダーも端末無料が当たり前になりつつあるので、端末が有料だとちょっと異常みたいに扱われている感があります。

月額料金や端末無料というキャンペーンだと、ユーザーは申請せずに特典を受けられるので、ユーザーにとっては嬉しいことですね。

そして新たに発生した問題……どこが一番お得なのか?

確実にキャンペーンの特典を受け取れるようになったのは良いのですが……

1~2ヶ月目は◯◯円3~12ヶ月目は■■円……というような複雑な料金形態のプロバイダーが増えたため、結果的にどの会社が一番安く済むのかがわかりにくくなったという問題が起きています。

そのため、当サイトでは違約金が発生しない月まで契約した場合、どこが一番安いか?という基準でプロバイダーの価格比較を行っています。

結局キャンペーンでいくらお得になったところで総額が高ければ意味がないので、特典を基準に比較するならキャンペーンが適用された場合の総支払額(実質月額)で比較を行うことをオススメします。

比較5:その他の基準、オススメプロバイダは?

他の基準として考えられるのは……

  • 携帯とは違う回線を選ぶ
  • 別商品で普段使っている会社(≒好きなプロバイダー)を選ぶ

といったところです。

携帯とは違う回線を選ぶメリットは?回線も二刀流の時代へ

2018年12月6日にSoftBank回線で不具合が発生して、日本全土で(ソフトバンク回線を介した)ネットが使えないという問題が起こりました。その際不便を被った方は多いかと思います。

そのとき、

あの時はヒドい目にあった……
もしSoftBank以外のSIMカードやWi-Fiを持っていれば……

と思いませんでしたか?

特に外出先でネットをよく利用される方は、もしものときのために複数回線使える環境を持っておくというのは最善の対策だと思います。

することで、有事の際のネット環境に強くなれます。

有事対策最強の一手は「3回線同時所有」が可能のどんなときもWiFi!

この基準でプロバイダーを選ぶ場合、一番のオススメはどんなときもWiFiです。

どんなときも1台のWiFiルーターでドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクの3キャリアに全て繋がるようになっています(クラウドSIM技術)。

どれか1社の回線が調子悪くなっても残り2社が使えたら問題なくネットに繋げられるので、有事の際の最高のプロバイダーといえます。

そんなプロバイダーがあるのですね!
でも3回線全部繋がるとなると値段も3倍…?

容量無制限で月額3,480円~とWiMAX系と同等の価格です!
しかもどんなときもWiFiは「3日で◯GB使ったら速度規制」といった制限もないので、正真正銘の容量無制限ですよ!

どんなときもWiFi
トリプルキャリア対応 どこでも使える!

好きな会社のプロバイダーを選ぶ……?

財布にしろ時計にしろ車にしろ、自分の気に入っているものを使うのは安さとは代えがたい喜びがありますよね。

そんな方向けのプロバイダーとして、例えば……

Sony製品(PS4, Walkman, Xpediaなど)を使っていてソニーが好き!
So-net モバイル WiMAX 2+

So-netはソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営しています!
格安SIMでBIGLOBEモバイルを使ってる!
BIGLOBE WiMAX 2+
やっぱり本家が良い!(WiMAX)
UQ WiMAX

コマーシャルなどで放映されているUQモバイルのWiMAX版がUX WiMAXです!

といった例が挙げられます。

まとめ:モバイルWi-Fiで快適なネットライフを!

様々な基準で見ると、いろいろな特徴を持ったプロバイダーがあって、一概に「全員ココがオススメ!」というわけではないことが分かりますね。

あとはあなたが最も重視するポイントでお選びいただければと思います。

個人的に一台オススメを言うなら、今はどんなときもWiFiが一番オススメです。3回線どれにも繋げられる点、文字通りの容量無制限の2点が魅力です。


モバイルWi-Fi情報まとめページへ

タイトルとURLをコピーしました