新品で1円のスマホも!OCNモバイルONEのスマホセットキャンペーンが注目!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

独自ドメインを取得して「自分だけのメールアドレス」を作る方法

この記事では、独自ドメイン利用歴かれこれ18年以上という無駄にキャリアだけは長い当サイト管理人が、

  • 独自ドメインのメールアドレスのメリット
  • オリジナルメールアドレス作成プロセスコスト
  • おすすめドメイン取得ルート
  • (メール用)おすすめサーバー

を紹介しています。

ドメイン取得やメールアドレスの作成は難しそう(面倒そう)に感じるかも知れませんが、意外と簡単です。

せいぜいチャーハンを作る程度の難易度です。

自分が欲しいドメイン+サーバーと契約したら、そこから10分足らずで自分だけのメールアドレスを、しかも複数個作ることができます

  1. ドメインを取得してまでメールアドレスを作るメリット
    1. メリット1:複数のメールアドレスを作れる
    2. メリット2:セキュリティを無料アドレスよりも強くできる
    3. メリット3:「自分だけ」の個性的なアドレスを作成できる
    4. メリット4:有料メールアドレスのみ登録可なサイトも問題なく登録できる
    5. メリット5:ブランド価値のアップになる(企業・起業者向け)
  2. 独自ドメイン取得~メールアドレス作成までのプロセスとコスト
    1. メールアドレス作成プロセス
    2. 独自ドメインのメールアドレス維持にかかるコスト
    3. 念のため:ドメインとは
  3. ドメイン取得のおすすめサイトは?
    1. ムームードメインがオススメな理由
    2. ムームードメインでどんなアドレスが取得できる?
  4. 取得できるドメインと価格
    1. 王道系ドメイン
    2. 王道系に次ぐ人気ドメイン
    3. スポーツ系ドメイン
    4. カラー系ドメイン
    5. おしゃれ系ドメイン
    6. 趣味系ドメイン
    7. 地域系ドメイン(国内)
    8. 地域系ドメイン(海外、その他)
    9. ちょっと通な感じなドメイン
    10. 低取得費系ドメイン
    11. 低維持費系ドメイン
    12. ブルジョワ専用ドメイン
  5. ムームードメインでドメインを取得する方法
    1. ドメインまとめ
  6. レンタルサーバー選び|おすすめ3社を紹介!
    1. おすすめレンタルサーバー3選
    2. 3社スペック比較
    3. ロリポップ!を選んでも大丈夫?メリットは?
  7. 独自メールアドレスの作成方法と設定例
    1. ロリポップ!でメールアドレスを作成する方法
    2. 作成したアドレスをアプリで使う際の設定値
  8. さいごに
    1. 余談1:昔はドメイン代は高かった
    2. 余談2:「契約先は大手にしとけ」と語る理由
    3. 余談3:「.net」にあこがれて
スポンサーリンク

ドメインを取得してまでメールアドレスを作るメリット

っていうかメルアド作るのにドメインやサーバー代を払うメリットってあるの?

わざわざお金をかけてまでメールアドレスを作るメリットについて挙げてみました。

メリット1:複数のメールアドレスを作れる

メールアドレスを複数使い分けたいと思ったことはありませんか?

例としては下記のようなパターンが考えられます:

  • 用途別
     パソコン用・スマホ用など
  • コミュニティ別
     会社用・サークル用・Twitter用・プライベート用
  • 家族別
     お父さん用・お母さん用・息子用・娘用

ドメインを取得すれば、メールアドレスを量産することができます

作成できるアドレスの数はサーバーによって異なりますが、作成数無制限のサーバーもたくさんあります。

何個でも作れるって便利だね。

おすすめサーバーのロリポップ!の一番安いプランでも1ドメインあたり20個まで作ることができます!

メリット2:セキュリティを無料アドレスよりも強くできる

独自ドメインは、メールの本文を暗号化して送信する機能を簡単に付けられます(SSL/TLSなど)。

そのため無料ドメインと比べてセキュリティが強く、メール送受信時に第三者に情報が漏えいするリスクをより防ぐことができます。

メリット3:「自分だけ」の個性的なアドレスを作成できる

無料アドレスだと、

  • 既に使われていて自分の希望のメールアドレスを作れない
  • @マーク以降は固定のため自由に変更できない
  • アドレスに個性がない

という不満を感じたことはありませんか?

独自ドメインなら@以前だけでなく@マーク以降も自分の希望通りのアドレスを作ることができるうえ、(ドメインを取得さえできれば)使われているということ絶対にはないため、個性的なアドレスを難なく作ることができます。

「希望通り」といっても、全角文字はメールアドレスとしては不可なので、その点はお気をつけください。

メリット4:有料メールアドレスのみ登録可なサイトも問題なく登録できる

WEBサイトなどの会員登録で「無料メールアドレス不可」なサイトってたまにありますよね。

今までは携帯電話のアドレス等で対応してきたかもしれませんが、もし大手キャリアを解約すると対応できなくなります。

独自のドメインで作成したメールアドレスは当然有料アドレス扱いのため、有料アドレスでないと登録できないサイトでも当然問題なく登録できます

メリット5:ブランド価値のアップになる(企業・起業者向け)

個人事業主を含め、会社を経営されている方は、会社名にまつわる自身のドメインを提示することでブランド力のアップや信頼度のアップにつながります。

ビジネス用のメールとして無料のメールアドレスを使用されている方は、是非独自ドメインを取得されることをオススメします。

 まぁ取引先のアドレスがgmailやhotmail(無料メール)でもダメだとは思わないけど、「無料かよ」と思っちゃったりするかもね…
 その点「(自分の会社名).com」とかだと「なんかちゃんと運営されてる会社」って思えるかもね。

独自ドメイン取得~メールアドレス作成までのプロセスとコスト

ドメインを取ってメールアドレスを作るまでにどれくらいの期間と費用がかかるの?

ここからは、独自ドメインを手に入れてからメールアドレスを作成するまでの手順と費用について紹介します。

メールアドレス作成プロセス

  1. ドメインを取得する(ドメインが決まっていれば10分以内)
  2. サーバーを契約する(10分以内)
  3. メールアドレスを作成する(10分以内)
  4. (PC・スマホなどに)メールアドレスを使う設定をする(10分以内)

独自ドメイン取得から実際に使えるようにするまでのプロセスは全部で4項目です。

まずドメイン取得サイトでドメインを取得します。ドメイン名が決まっていて、そのドメインが取得可能であれば10分以内で完了できます。

次に送受信したメールのデータを保存するためのサーバーを契約します。これも10分程度で完了できます。

そしてメールアドレスを契約したサーバーで作成します。アドレスを決めていれば10分以内(最短1分)で作成できます。

最後に作成したアドレスをパソコンやスマホのアプリに設定し送受信できるようにします。これも10分もあればできます。慣れた人なら3分かからないと思います。

この記事を読みはじめてからメールアドレスを使えるようになるまで1時間かからない計算になります!

そうか、家に何か届くまで待つとかがないから、すぐできるんだね。

独自ドメインのメールアドレス維持にかかるコスト

年数コスト目安
1年目・ドメイン取得費用
・サーバー契約費用
2,500円~
2年目以降・ドメイン更新費用
・サーバー更新費用
3,000円~

基本的にドメインは年単位の契約のため、1年毎のコストを紹介します。

1年目はドメイン取得費用サーバー契約費用(初期費用+年間使用料)がかかります。

2年目以降はドメインの更新費用サーバー更新費用がかかります。

安い設定だと、年間3000円かからない程度の維持費(月250円程度)で独自メールアドレスを持ち続けることができます。

1ヶ月250円程度なら悪くないね。

ドメイン「更新費用」より「取得費用」のほうが少し安いことが多いので、1年目は少し安くなる傾向があります。

念のため:ドメインとは

 ドメインは、ネット上における住所みたいなものです。

 例として「yahoo.co.jp」や「google.co.jp」などがドメインにあたります。

 大手キャリアでいうと、メールアドレスとして「docomo.ne.jp」や「softbank.jp」などがありますが、これらももちろんドメインです。

 当サイトの「simfree-revolution.net」も、2018年に取得した独自ドメインです。

 ネット上の領域は、ドメインがない場合「無秩序な英数字がならんだアドレス」でしかありません。
 そのアドレスにドメインを割り当てることによってよりわかりやすく、そしてアドレスに特徴づけをすることができます。

ドメイン取得のおすすめサイトは?

 私は現在複数のドメインを取得・所有していますが、全てムームードメインで取得しています。

 昔は別のところでドメインを取得したことがあるのですが、いろいろと面倒なことが発生したりして嫌な目にあい(金銭的なトラブルも…)、最終的にムームードメインに落ち着いている…という経緯です。

 ムームードメインでドメインを取得するようになってそろそろ10年弱、取得ドメインは10以上あるのですが、今日まで一度もトラブルに遭遇せずにやってこれています

ムームードメインがオススメな理由

 私がムームードメインを選ぶのにはいくつかの理由があります。

理由1:ドメイン取得までが早い

 欲しいドメインを検索する→ドメインを決める→契約する(クレジット決済)の3ステップで取得が完了できるため、とにかく手間がかかりません

 カード決済が完了したと思ったら、すぐドメインが自分のものとして使えるようになります。

理由2:ドメイン維持費が安い

 ムームードメインは、取得費用、年間維持費用も低価格です。

 また、定期的にドメイン取得費用の大特価キャンペーンを行っていたりするためお得です。

理由3:超大手

 ムームードメインは東証一部上場企業であるGMOインターネット株式会社の関連企業(GMOペパポ株式会社)が運営しています。

 そのため、突然潰れたりするというリスクが低く、安心して契約できます。

ムームードメインでどんなアドレスが取得できる?

 アドレスは「(希望の名前).ドメイン(末尾、トップレベルドメイン)」という形のものを取得します。

 例として「simfree-revolution.net」の場合、「simfree-revolution」が希望の名前で、「.net」がトップレベルドメインとなります。

 ドメインは「末尾」が何かで値段が大きく変わるので、希望のドメインの種類と値段を見て決めて頂ければと思います。

 最近では希望の名前が日本語(全角文字)でも可能になっており(例:シムフリー革命.net)、自由度はさらに増しました。

なお、「日本語ドメイン」はメールアドレスとして使う場合、使えないか意味不明な英数字の羅列になるので要注意です。

取得できるドメインと価格

 各ドメインごとの取得費用、更新費用を調査しました。

 ムームードメインで取得できるドメイン(末尾)の種類は、現在なんと400種類くらいあります。

 今回、私が全てのドメインをチェックして厳選し、タイプごとに分けてみました。

 全部見たい方はムームードメインのサイトにて確認して頂ければと思います。

 ※記載されている情報は、2018年7月時点でのムームードメインでのドメイン取得・更新費用で、価格は税抜価格です。

「取得」が1年目の費用、「更新」が2年目以降の費用だな…できれば安めのほうがいいな

王道系ドメイン

国内ドメイン界における王道中の王道ベスト3です!
ドメイン取得更新
.net¥699¥1,480
.com¥1,060¥1,480
.jp¥2,840¥3,040

.com.netは、ゆくゆくはサイトも運営したいなと思っている方には最適です。

なお、同じく有名なアドレスとして「co.jp」や「or.jp」などがありますが、これらは法人でないと取れないため今回は外しています。

維持費も考えたら2年目以降1480円の.net.comはいいね。

.jpはちょっと高いね

王道系に次ぐ人気ドメイン

王道ドメインには劣りますが、コチラも人気です!
ドメイン取得更新
.info¥399¥1,680
.me¥399¥2,480
.org¥1,480¥1,680
.biz¥1,580¥1,580

 個人的には、維持費も考慮するとこれらより.net.comのほうがオススメです。

.meは取得費用(1年目)は安いけど、2年目以降はちょっと高めかな…

スポーツ系ドメイン

趣味をトップレベルドメインにしたい!という方にはオススメのドメインです。
ドメイン取得更新
.cricket¥1,199¥6,980
.football¥2,980¥2,980
.soccer¥2,980¥2,980
.run¥2,980¥2,980
.fitness¥3,980¥3,980
.golf¥5,980¥5,980
.hockey¥5,980¥5,980
.tennis¥5,980¥5,980

全体的に値段は高めという印象です。

意外にも.baseballはない…?

維持費まで考えると.football、.soccer、.runくらい(いずれも年3000円程度)かな。
.golfとかはゴルフが趣味だったら是非持ってみたいね

カラー系ドメイン

カラー系は色によって値段が千差万別です!
ドメイン取得更新
.red¥399¥1,480
.pink¥399¥1,480
.blue¥399¥1,480
.green¥399¥9,800
.black¥1,199¥4,980
.navy¥3,480¥3,480
.gold¥12,800¥12,800

 .red, .pink, .blueあたりは取得費、更新費ともに安めでオススメです。

 .greenは環境系のイメージがつく企業向けに足元を見ているのでしょうか?(笑)、少し高めの更新費になってます。

.gold高ぇなぁ…

おしゃれ系ドメイン

バーとかジュエリーなど、ちょっとおしゃれ(?)な感じのドメインをピックアップしました。
ドメイン取得更新
.club¥299¥1,980
.love¥699¥3,980
.bar¥1,199¥7,980
.dance¥2,480¥2,480
.cafe¥3,980¥3,980
.coffee¥3,980¥3,980
.cool¥3,980¥3,980
.jewelry¥5,980¥5,980
.voyage¥5,980¥5,980

 全体的に高めですね…。

.coolとか最高にクールだな、僕向きかもね

は?

※coolなドメインを希望の方は是非.coolをご検討してみてはどうでしょうか?(値段はcoolじゃないですが…)

趣味系ドメイン

ゲームやカメラなど、趣味っぽいドメインをピックアップしました。
ドメイン取得更新
.pet¥399¥1,980
.games¥999¥2,480
.art¥1,980¥1,980
.fishing¥3,980¥3,980
.bike¥3,980¥3,980
.camera¥3,980¥3,980
.dog¥3,980¥3,980
.wine¥5,980¥5,980

 全体的に高いので、メルアド用として使うなら年間2000円程度で済む.pet.artあたりが限界でしょうか。

 「.pet」は飼っているペットの名前と合わせたりするとかわいいアドレスになりそうですね。

愛犬の名前がマーガレットちゃんの場合、margaret.petになるね

(お高そうな犬の名前だ…)

※ちなみに、「margaret.pet」と、ついでに「margaret.dog」も2018/7/28現在取得可能です。欲しい方はお早めに(笑)

地域系ドメイン(国内)

日本の地名がドメインになっています!
ドメイン取得更新
.tokyo¥99¥920
.yokohama¥920¥920
.nagoya¥920¥920
.ryukyu¥990¥990
.okinawa¥990¥990
.kyoto¥6,980¥6,980

 かなり種類は少ないですが、全体的にコスパは良いです(京都以外)。

 「.tokyo」は取得費が99円なのでお買い得感はありますね。

地域系ドメイン(海外、その他)

海外、地球外のドメインです!
ドメイン取得更新
.space¥199¥1,480
.world¥199¥3,980
.asia¥499¥1,980
.us¥1,480¥1,480
.country¥2,980¥2,980
.london¥4,980¥4,980
.theater¥5,980¥5,980
.vegas¥5,980¥5,980

 日本から出て、海外や地球外などに関連するドメインをピックアップしました。

 .space(宇宙)が取得費用、更新費安めなので、気に入った方なら結構オススメです。

ちょっと通な感じなドメイン

値段は置いといて、ちょっと通な感じのドメインを集めました。
ドメイン取得更新
.pro¥399¥1,980
.vip¥1,680¥1,680
.ninja¥2,480¥2,480
.wiki¥2,980¥2,980
.city¥3,980¥3,980
.computer¥3,980¥3,980
.money¥3,980¥3,980
.energy¥9,800¥9,800
.casino¥14,800¥14,800

 「.vip」というちょっと面白い(?)ドメインを見つけました。コスパも手頃だと思います。

.vipとか完全に僕向きだね

.bipの間違いじゃなくて?

※「.bip」は現在取得できません

低取得費系ドメイン

始めやすいドメインを集めました。更新費用のチェックも忘れずに!
ドメイン取得更新
.xyz¥69¥1,480
.site¥69¥3,980
.tokyo¥99¥920
.work¥99¥990
.pw¥99¥1,480
.online¥99¥4,980
.top¥99¥2,980

 税抜100円以内で取得できるドメインは7種類あります。

 更新費用はそれぞれ異なるので要注意です。

維持費も考えたら、.xyzか、.tokyoか、.pwのどれかかな

低維持費系ドメイン

維持費が安いドメインを集めました!
ドメイン取得更新
.work¥99¥990
.tokyo¥99¥920
.yokohama¥920¥920
.nagoya¥920¥920
.ryukyu¥990¥990
.okinawa¥990¥990

 更新費が税込1000円以内のドメインのリストです。

 地域系が多いですね。

将来的に値段が変更されたりする可能性がある(一生この維持費である保証はない)ため、その点は要注意です。

ブルジョワ専用ドメイン

お金持ちの方はコチラのドメインをどうぞ!
ドメイン取得更新
.movie¥37,800¥37,800
.game¥39,800¥39,800
.theatre¥79,800¥79,800
.storage¥89,800¥89,800
.rich¥250,000¥250,000
.security¥298,000¥298,000
.protection¥298,000¥298,000
.cars¥298,000¥298,000
.car¥298,000¥298,000
.auto¥298,000¥298,000

 こんなリッチなドメインがあるなんて、私も最近まで知りませんでした。

 これらを買うと「本当に誰も持ってないアドレス」を作れるでしょうね。

 とはいえ、「theatre」が79800円なのに対し、「theater」は5980円だったりするため、「本当にこれが欲しい」というドメインでない限りは取得はオススメしません

 っていうか、メールアドレスのためだけに毎年ウン十万円ものお金を払うのは流石にオススメしません(笑)

 参考までにこんなドメインもあるよという紹介ということで…

.richは文字通りリッチだな

.game」も「.games」にすれば取得990円、更新費2480円と安め

ムームードメインでドメインを取得する方法

 「ドメインを取得する」と聞くと、ややこしい作業をするように聞こえるかも知れませんが、例えるなら、カップラーメンを選んでレジに並んで買う程度のものです。

 ムームードメインでドメインを取得するための工程は以下の3ステップです。

  1. ムームードメイン公式サイトにアクセスして、欲しいドメインが取得可能か検索する
  2.  試しに「simfree-revolution」と調べてみると…

     当サイトのドメイン(simfree-revolution.net)以外は取得可能のようです。

     →仮に「simfree-revolution.com」を選択したとして話を進めます。

  3. ムームードメインのアカウントを作成するために、右側の新規作成ボタンをクリックし、必要事項を入力する
  4. Amazonアカウントを持っている人は、Amazonのアカウントを連携させることで省略できます。
  5. 表示されている内容を確認しながら進めていき、最後の画面で「取得する」をクリックする→ドメインの取得が完了

ホントすぐだね、カップラーメンを選んでレジに並んで買う程度のものだね

ドメインまとめ

 まずは自分が欲しいと思うドメイン名を検索して、見つかったらその値段を確認して問題なければ契約…というパターンがオススメです。

 せっかくの自分だけのアドレスを作るのですから、「単に安い」というだけでドメインを選ばないほうがいいと思います。

 末尾はどれがオススメかと言われると、サイトを運営するのであれば.net.comがオススメとしますが、メールアドレスとしてのオススメドメインは特にない(強いて言えば、覚えられやすいアドレスであるべき)ので、アドレスが気に入ってかつ(取得費・更新費が)安いものを選ぶのがいいと思います。



レンタルサーバー選び|おすすめ3社を紹介!

ドメインをゲットしたら、次はサーバーです!

ドメインを取得したら、次はメールを送受信するための「サーバー」を契約します。

サーバーもドメインと一緒で各社存在しますが、「メール用として使う」ことを前提とした、安価でセキュリティ充分な会社(サービス)を3社挙げたいと思います。

おすすめレンタルサーバー3選

おすすめレンタルサーバー一覧(2019/12時点)

サーバー名特徴

ロリポップ!
(Lolipop)
販売業者:GMOペパボ株式会社
・月額100円
・初期費用1,500円~
・とにかく安さNo.1
ムームードメインとの連携性◎(同じ会社)

エックスサーバー
(Xサーバー)
販売業者:エックスサーバー株式会社
・月額1,000円
・初期費用3,000円
・安定のサービス、対応力が素晴らしい

カラフルボックス
(ColorfulBox)
販売業者:株式会社カラフルラボ
・月額580円
・初期費用無料~
・低価格でハイスペックで最近注目のサーバー
・580円でMySQL∞(ワードプレス作り放題)

国内でメール用サーバーとして使うならオススメの3社を挙げました。

値段など総合的に考えると、ロリポップ!が一番オススメです。

月100円年間1,200円で済む破格の安さは、サーバーをメール用として使いたい方にピッタリです!

ウェブサイト(ワードプレス)を作る予定がある方は、カラフルボックスエックスサーバーがオススメです。

カラフルボックスとエックスサーバーはウェブサイトの表示の速さがウリです。

またエックスサーバーは、何か問題があった時などに問い合わせたときの対応力の早さがポイントです。

スペック重視ならエックスサーバーやカラフルボックスで、コスパ重視ならロリポップ!って感じか…

3社スペック比較

各社の一番安いプランの簡単なスペック比較を↓に紹介します!
項目ロリポップ!
(エコノミー)
エックスサーバー
(X10)
カラフルボックス
(BOX1)
月額費用(税抜)100円1,000円580円
ディスク容量10GB200GB30GB
マルチドメイン※120個無制限無制限
メールアドレス数20個※2無制限無制限
ウィルスチェック
メール送信 暗号化
メール受信 POP3
メール受信 IMAP
メール受信 暗号化

※1:1つのサーバーで利用できるドメインの数
※2:ドメイン1個ごとの数

大きな差として容量と作れるメードアドレスの数の差があります。

まず容量ですが、超巨大ファイルをやりとりしない限りはロリポップ!の10GBでも全く問題ありません。

また、大量のメールアドレスを作ろうと思ってない限り、作成できるメールアドレスの数も20個でも十分ですね。

スペック的にはロリポップでも全く問題ないね。

ロリポップ!公式サイトへ

ロリポップ!サーバーを契約する!

ロリポップ!を選んでも大丈夫?メリットは?

安かろう悪かろうってことない・・・?

安さ以外でロリポップ!サーバーを選ぶメリットとして、作業のお手軽化があります。

「ムームードメインでドメイン取得した」という前提ですが、他のサーバーを契約すると必要になってくる

  • ネームサーバー設定
  • DNSレコードの編集

といった作業がカットできます
これらは正直大した作業ではないのですが、面倒な作業を省けるというのはメリットですね。

ロリポップ!公式サイトへ

ロリポップ!サーバーを契約する!

独自メールアドレスの作成方法と設定例

  • ムームードメインでドメイン取得
  • ロリポップ!サーバーを契約

というパターンにおいて、メールアドレスを作成・アプリに設定する方法を紹介します。

ロリポップ!でメールアドレスを作成する方法

  1. ロリポップ!のコントロールパネルの「メール」内の「メール設定」を選択します。
  2. 下にある「新規作成」を選択します。
  3. メールアドレス、ドメイン(@マーク以降のドメイン指定)、パスワードを設定して、作成を選択します。

これで作成完了です!

はやっ

作成したアドレスをアプリで使う際の設定値

ロリポップ!サーバーで作成したメールアドレスを、各種メールアプリケーションで使用する際に必要な情報は以下のとおりです。

メールアドレスロリポップ!で作成したメールアドレス
パスワードロリポップ!で設定したパスワード
受信メールサーバー(POP3)pop3.lolipop.jp
送信メールサーバー(SMTP)smtp.lolipop.jp
サーバーのポート番号POP3:995
SMTP:465

基本的にこれらの情報を使って各種メールアプリケーションに設定をします。
例として、Microsoft Outlookで設定する場合は↓のようになります。

新規メールアドレスの作成画面。ここではメールアドレス、パスワードと送受信メールサーバーを入力。

上の作成画面の「詳細設定」ボタンクリックで表示される設定画面。ポート番号と暗号化種類の設定を行っている。

もちろんスマホ内のメールアプリでも使えます
↓の記事では、Androidに内蔵されているメールアプリを使った設定例を紹介していますので、参考にしてみてください(メールサーバーの情報が違うだけです)。

自分の使うメールソフトでよくわからない!ってなったら公式サイトに図付きで載ってるかもしれないのでQ&Aのページをチェックしてみてくださいね!

ロリポップ!公式サイトへ

ロリポップ!サーバーを契約する!

さいごに

長々と説明してきましたが、この記事で私が言いたかったことは大きく分けて以下の3つです。

  • ドメイン取得はムームードメインがオススメ(10年以上利用してトラブル今のところゼロ)
  • ドメインはなんでもいいけど、オススメは?と聞かれたら「.com」か「.net」、あとは値段で判断するとOK
  • メール用のサーバーならロリポップ!サーバーがオススメ(コスパ最高、機能的にも十分!)

 ご自身のスタイルに合わせて契約先を選んで頂ければと思います。

よーし、さっそく.richドメインを検索だ!

(毎年25万払う気なの…?)

余談1:昔はドメイン代は高かった

21世紀入ったくらいの時の話ですが、私が学生時代に初めてドメインを取得したときは、取得費用だけでも1万円とかそういう時代でした。

今ではドメインの取得が数百円とか数十円とかでできちゃうと…。ホントいい時代です(苦笑)。

余談2:「契約先は大手にしとけ」と語る理由

私がドメインを初めて取得した時の話です。
とあるサーバー会社と契約したときに、ドメイン管理もその会社に任せることになりました。

それから数年間ホームページもメールアドレスも問題なくやっていたのですが、ある日突然その会社が夜逃げをしたのか急に姿をくらますという事案に遭遇したのです(夜逃げってホントにあるんですね)。

本当に突然でどうすることもできず、サーバーがなくなりサイトは消滅、当然メールアドレスも急に使えなくなったわけです…

ドメインも期限が切れたあと更新できず、結局他者の手に渡ってしまいました。

顔と顔を突き合わせないような契約は、ある程度大きい信頼のある会社じゃないと危ないな」という教訓を得たのでした。

…こういう苦い経験があるため、大手企業が運営するムームードメインがオススメ

余談3:「.net」にあこがれて

まだインターネット黎明期とも言える時代、サッカーで有名な中田英寿さんが「nakata.net」というサイトを立ち上げたのは有名な話なのですが(CMにもなってました)、私はその「nakata.net」というアドレスにスゴい憧れを持ったものでした。

nakata.net - Hidetoshi Nakata Officialsite -
中田英寿のオフィシャルホームページ「nakata.net&#1230...

ということで、初めてドメインを取った時のアドレスは「(自分の名前).net」でした(笑)。

2019年11月現在では.com.net.jp.orgと4種類のトップレベルドメイン持っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました