BIGLOBEのスマホセットが今なら最大25,000円以上おトクに契約できる!!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

AQUOS sense plus SH-M07スペックレビュー+関連保護フィルム&ケース情報まとめ

SHARPのAQUOSシリーズですよ~!

この記事では、2018年6月下旬に発売されたSHARPのSIMフリースマートフォン、SH-M07のスペックレビューと関連商品(保護フィルム、ケースなど)を紹介しています(関連商品を見たい方はコチラをクリックするとジャンプできます)。

海外製スマホの台頭が著しい中、国内スマホメーカーの雄・SHARPはどのようなスマホを作り上げたのでしょうか……?

スポンサーリンク

SH-M07の基本情報

発売元情報

製品名AQUOS sense plus SH-M07
発売元SHARP
発売日2018年6月下旬
市場想定価格44,800円

ミドルレンジスマホとしてはそこそこの値段だね。

エクステリア

カラーホワイト
ブラック
ベージュ
本体サイズ151×71×8.9mm
重量157g
ディスプレイサイズ5.5インチ(2160×1080px)
SIMサイズnanoSIM
メモリサイズmicroSD(最大400GB)

左から順に、ホワイト、ベージュ、ブラック

内蔵機能

OSAndroid 8.0
CPUSnapdragon 630
(2.2GHz×4+1.8GHz×4)
ROM / RAM32GB / 3GB
カメラ画質アウト:1,640万画素
イン:800万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量3,100mAh
IGZOディスプレイ
防水機能(IPX5/8)
防塵機能(IP6X)
指紋センサー
Bluetooth
etc.

SH-M07の一番のポイントはIGZOディスプレイ!

SHARP製スマホということで、SH-M07の一番の注目点はやはりIGZOディスプレイですね。

IGZOディスプレイで超高画質&低バッテリー消費

SHARPのスマートフォンに搭載されている液晶「IGZOディスプレイ」技術は、映像の高精細化だけでなく、細いタッチペンでも操作できる操作性の高さがポイントです。

低消費電力化(従来の消費量の5分の1~10分の1!)も実現しているため、バッテリーが長持ちします。

IGZOってなんの略?

IGZOは、In(インジウム)、Ga(ガリウム)、Zn(亜鉛)、O(酸素)の略で、構成した酸化物半導体であることが由来しています!

フルハイビジョン(フルHD)を超えたフルHD+

SH-M07の液晶画面の画素数は2160×1080ピクセル(18:9)です。

フルHDで1920×1080ピクセル(16:9)のため、フルハイビジョンよりもワンランク上の画素数になっています。

特に動画や画像を見る際は画素数によって見え方に差がでますが、SH-M07だとより5.5インチの大画面で鮮明な映像を見ることができます

動画見たり、スマホでゲームをよくするなら、CPUは高性能に超したことはないね。

その他SH-M07の特徴

高性能CPUで処理速度充実

最近スマホ界では主流となっている「オクタコア」と呼ばれる8つのCPUを搭載しています。

4コア×2のコンピュータを効率よく使ったデータ処理ができ、高負荷状態でもサクサクした動作が期待できます。

今回使用されているQualcomm社のSnapdragon 630は、スマホ全体の中では中間か中間より少し上といわれるミドルレンジスマホによく搭載されるCPUです。

記憶領域(ROM)32GBでアプリや写真も大量保存可能

SH-M07には32GBの記憶領域が内蔵されています。

カメラの画像を大量に撮影してもなかなか埋まることはないだけの容量が確保されています。

ついつい忘れがちですが、記憶領域の一部はOS(Android)に使われるので、16GBのスマホだと実際にカメラ画像やアプリに使えるのは8GBくらいなんですよね。

容量16GBだとそこそこアプリをインストールしていると結構埋まってしまうので、その点32GBあれば安心のサイズだといえます。

足りないと感じたらmicroSDに画像や動画を移せば大丈夫です!

アウトカメラ1640万画素の高機能カメラ搭載

コンパクトデジタルカメラ顔負けの1640万画素のアウトカメラが搭載されています。

昨今のスマホ内蔵カメラとしてはやや見劣りの感がありますが、撮影する分には十分すぎるスペックといえます。

3100mAhの高バッテリー容量

スマートフォンだと3000mAhもあれば大容量と言われるバッテリー容量ですが、SH-M07もそれに匹敵する3100mAhのバッテリーを搭載しています。

1日普通に使う分だと途中でなくなるということはなさそうです(過去機種SH-M04(2700mAh)を実際に使用した上での感想)。

IGZOテクノロジーとの融合で消費が抑えられることも、バッテリーの持ちの一因といえます。

夜充電して朝100%の状態にしてたら、1日安心して使えるね。

SH-M07と他のスマホを比較してみた

他と比べてどう?

SH-M07と、現在発売中の端末のスペックを比較してみました。

比較1:VS SH-M08……スペックはSH-M07のほうが断然上、値段で選ぶならSH-M08

SHARP AQUOS sense 2 SH-M08(ホワイトシルバー)

AQUOS sense2 SH-M08は2018年12月に発売されたSHARPのスマホです。

比較すると、表面上のスペックは基本的にほぼ全部SH-M07が上回っています

SH-M07SH-M08

■OS
 Android 8.0

■CPU
 Snapdragon 630

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラスペック
 アウト:16.4M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3100mAh

■市場価格
 44,800円

■OS
 Android 8.1

■CPU
 Snapdragon 450

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラスペック
 アウト:12M
 イン:8M

■バッテリー容量
 2700mAh

■市場価格
 37,670円

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

CPU、カメラ(画素数)、バッテリー容量……といった分かりやすい部分は全部SH-M07のほうが上ですね。

SH-M08がスペック上勝っているのは、プリインストールされているOSのバージョンの新しさくらいです。

SH-M08はSH-M07のグレードアップ版ってわけじゃないんだね。

比較2:VS AQUOS zero SH-M10……ハイスペック希望ならSH-M10、値段はSH-M07が圧倒的安い

SHARP AQUOS zero SH-M10(アドバンスドブラック)

AQUOS zero SH-M10は、2019年4月に発売されたSHARPのハイスペックスマホです。

SH-M07から約1年弱後に発売されたスマホというだけあって、全てにおいてスペックが向上しています。

AQUOS sense plus SH-M07AQUOS zero SH-M10

■OS
 Android 8.0

■CPU
 Snapdragon 630

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラスペック
 アウト:16.4M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3100mAh

■市場価格
 44,800円

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 845

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.2インチ
 解像度:2992×1440

■カメラ解像度
 アウト:22.6M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3130mAh

■市場価格
 99,880円

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

スペック面では圧倒的にSH-M10が上回っています。

SH-M10は、今までのSHARP製スマホでは取り組んでなかったハイスペックを求めるユーザー向けのスマホと言えます。

SH-M07も決して低スペックというわけではないのですが、SH-M10を前にすると劣って見えます。

とはいえ、特殊な使い方をしない限りはSH-M07も十分なスペックです。WEB検索、カメラ、SNS、軽めのゲームアプリ(例:ポケモンGO)程度の利用しかしない予定の方は、SH-M07がオススメです。

比較3:P30 lite VS AQUOS sense plus SH-M07 (SHARP)……「国産」にこだわりなければP30 liteもよしだが…?

HUAWEI P30 lite(中央:ピーコックブルー、右:ミッドナイトブラック)

P30 liteは、2019年5月24日にHUAWEIから発売されたSIMフリースマートフォンです。

諸問題があってあまり国内市場では流通してませんが、全世界で発売されているスマホです。

SH-M07P30 lite

■OS
 Android 8.0

■CPU
 Snapdragon 630

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラスペック
 アウト:16.4M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3100mAh

■市場価格
 44,800円

■OS
 Android 9

■CPU
 Kirin 710

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 6.15インチ
 解像度:2312×1080

■カメラスペック
 アウト:24M+8M+2M
 イン:24M

■バッテリー容量
 3340mAh

■市場価格
 32,880円

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

やはり1年弱の発売日の差があるということでスペック面ではP30 liteが優勢です。

しかも価格面だけでなく金額面でも大きく上回っています。

ただSH-M07は今後生産もなくなり、在庫次第の商品となっていきますので、市場価格はさらに安くなっていくことが予想されます。

スマホセットの安さがウリのOCNモバイルONEで現在29,800円という価格になっています。でも価格をそれほど重視しないのであれば、P30 liteに軍配が上がります。

☆2台を選ぶポイント
  • 国産であることを重視
    SH-M07
  • スペックを重視
    P30 lite

SH-M07 総評

以上の内容をチェックした限り、SH-M07は通常使用する分には申し分ないスペックを搭載したスマホといえます。

超高負荷なスマホアプリ等を使おうとしない限り、使ってて不満に思うことはないでしょう。

他社スマホと比較するとずば抜けたスペックを持っているわけではなく、ミドルレンジの中のミドルレンジスマホという印象は拭えませんが、向こう数年使い続けるという目的で買うには十分なスマートフォンだといえます。

SH-M07を安く手に入れる方法

ネットで買うんでしょ?

格安SIM会社で買うという選択肢がありますよ!

安く買う方法として、セール中の家電量販店やAmazonなどのネットショッピングサイトで買う方法もありますが、SH-M07は格安SIM会社でSIMカードとセットで購入するとより安く買える場合があります。

2019年7月17日時点で格安SIM会社でセット販売されているSH-M07の端末価格は以下のとおりとなっています:

会社名一括払い最低利用期間
分割(24回)
OCNモバイルONE※1なし
楽天モバイル32,800円12ヶ月
1,476円※2
mineoなし
DMMモバイル40,800円12ヶ月
2,169円※2

※最低利用期間までに解約すると解約違約金が発生します。違約金の額はキャリアごとで異なります。
※1:MNP転入+対象オプション加入で最大8000円割引キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※2:税込価格

売り切れのお店が増えてきました。

最安はOCNモバイルONE

引用元:OCNモバイルONE公式サイト

一番の注目はOCNモバイルONEです。

Amazonで現状40,000円弱(19/3/28時点)するSH-M07が、音声対応SIMとのセット購入(スマホセット)で29,800円の約1万円安で買うことができます。

 

OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!

キャンペーン込みなら、IIJmioもオススメ!

※引用元:IIJmio公式サイト

分割(24回払い)で買いたい方は、IIJmioがオススメです。

IIJmioだと月々1,580円でSH-M08が持てるので、財布への負担も軽くて済みますね。

しかも現在キャンペーン中で、数量限定でSH-M07を10,000円で買うことができます!(分割だと月額420円!)

期間は5/8までとしていますが、数量限定でなくなり次第終了とのことなので、おそらく期間よりも早いタイミングで終了する(売り切れる)ことが予想されます。

ご検討中の方はなるべくお早めに購入されることをオススメします。

一括で10,000円?安すぎじゃね?

キャンペーン適用には音声SIMとのセット契約が条件なのでお気をつけくださいね。

さらに今なら初期費用が1円2,999円OFF!)、月額料金が3ヶ月間1,300円値下げ3,900円お得!)となるキャンペーンを実施中です。

こちらも5/8までのキャンペーンとなっていますので、期間中に契約することをオススメします!

初期費用、月額料金値下げも音声SIMが対象となっています!

IIJmio公式サイトへ

IIJmio端末一覧をチェック

SH-M07の関連商品

本体を買う時に合わせて保護シート(フィルム)やケースも買っておきたいところですよね。

シャープのスマートフォンが人気商品であることとAQUOS senseシリーズのアクセサリーが共通していることもあって、関連商品は非常に充実しています

その中からSH-M07の人気関連商品をピックアップしました。

SH-M07 専用フィルム

3/4時点でAmazon’s Choiceに選ばれている人気の保護フィルムです!
ディスプレイ湾曲部やインカメラ、スピーカー、センサー部にフィルムがかからないような設計となっています。
Made in Japanらしい精度の高さ、指紋の付きにくさが購入者から高い評価を受けています!

安さで選ぶならこのフィルムがオススメです!
表面全体を保護するデザインになっているのがいいですね。
色はフチが白と黒の2種類があります。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。


この商品2.5Dウンドエッジ加工が施されていて、表面の端までピッタリ保護してくれるのが特長です!
こちらもフチがブラックとホワイトの2種類あります!

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ブラックホワイト

白、黒以外のフチをお探しの方はコチラがオススメです。ピンク、ブルー、ベージュのカラーを用意していますよ!
ピンク、ベージュ、ホワイトは3/4時点でAmazon’s Choiceにも選ばれている人気商品でもあります!

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ピンクブラック
ブルーベージュ
ホワイト

以上がオススメの保護フィルムですが、ほかにも多数あります。他の関連商品を探してみたい方は、↓から検索してみて下さい。

⇒「SH-M07 フィルム」で検索する(Amazon、 Yahooショッピング、 楽天市場

⇒「AQUOS sense plus フィルム」で検索する(Amazon、 Yahooショッピング、 楽天市場

SH-M07 対応ケース

3/4時点でAmazon’s Choiceに選ばれている、人気の透明なクリアケースです!
一見ハードケースのように見える薄さですが、TPU樹脂で作られたソフトケースなので柔らかく、手へのフィット感も高評価です!

スプリット革」という本革の第2層の床革系レザーを使用した本格的なケースです。
マグネットによる開閉の固定がないのが特徴です(カードの磁性に影響を与えないための配慮)が、「パカパカ開くことはない」ように設計されています。
3/4時点でAmazon’s Choiceに選ばれていて、約200に及ぶレビュー数の中平均点が4点台の高評価商品です(Amazon)!
カラーはブラックの他に、ダークブラウン、ライトブラウン、レッドの4種類から選べます。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ブラックレッド
ライトブラウンダークブラウン

ケース表面の質感が良さそうな手帳型ケースです!
カラーはネイビーの他にブラウン、ブラック、グレーの計4色です。横置きスタンド機能搭載で、中にカードが数枚入るポケットもあります。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

グレーネイビー
ブラウンブラック

高級感のある表面が特徴の手帳型ケースです!中のスマホ取り付けカバーは透明のプラスチックになっています。
カラーはターコイズの他に以下を含めた計7種と豊富です。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ビビッドピンクキャメルピーチ
ブラウンブラックホワイト

ほかにも専用ケースは多種あります。関連商品を探したい方は、是非検索してみてください:

→「SH-M07 ケース」で検索する(Amazon、 Yahooショッピング、 楽天市場

⇒「AQUOS sense plus ケース」で検索する(Amazon、 Yahooショッピング、 楽天市場

さいごに

私は現在SH-M04を使用しているので、その後継機ともいえるSH-M07のスペックをチェックしてて「あぁ欲しいわ」と思いました。^^;

3年くらい使うことを考えると、1年あたり1万ちょいくらいになるので、コストパフォーマンスという観点でもオススメです。

SHARPスマホはよほどのハズレを引かない限り3年は余裕でもっちゃうので、個人的にもオススメのスマホです。

余談

左がSH-M04、右は1年ちょっとで壊れてしまったAlcatelのidol3

「耐久性」という概念はスペックでは現れてこない要素なため、実際「どれくらい持つか?」ってよくわからないところですが、SHARP製スマホは今までずっと持ちがいいので信用しています。

前回買ったフランス製のidol3(Alcatel)が1年ちょいで急に画面が映らなくなった経験から、「やっぱりスマホはSHARPだな」と内心思ってます(idol3も壊れるまではいいスマホだったんですが…)。

関連記事

sense plusシリーズの後継機としてSH-M11(AQUOS sense3 plus)が出ました!

関連外部リンク

※本記事の製品関係の情報・画像はこちらのサイトが引用元です。

より詳細な情報を知りたい方は以下のサイトをご参照ください。

主な特長|AQUOS sense plus SH-M07|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ
シャープモバイル製品のオフィシャルサイト。AQUOS sense plus SH-M07の製品紹介ページ。AQUOS sense plus SH-M07の主な特長を紹介。
Snapdragon 630 Mobile Platform | Qualcomm

ホームに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました