【6/1まで!】モトローラのg8 / g8 plusがMAX25,000円OFFで買える!?詳しくはコチラ
スポンサーリンク

Xiaomi(シャオミ)Mi Note 10のスペックレビュー+人気フィルム&ケース情報まとめ

ついにシャオミ社が日本向けスマホをリリースしました!

この記事では、Xiaomi(シャオミ)のSIMフリースマホ、Mi Note 10

  • 基本スペック
  • 特徴
  • 競合スマホとの比較
  • 関連商品(フィルム、ケースなど)

を紹介しています。

また、記事の後半にはMi Note 10を安く買う方法も紹介していますので、まだ買おうかお悩み中の方は合わせてチェックしてみてくださいね。

関連商品をお探しの方は、コチラをクリックorタップすると対象箇所までジャンプできます。

スポンサーリンク

Mi Note 10 の基本スペック情報

Mi Note 10(ミッドナイトブラック、グレイシャーホワイト、オーロラグリーン、ディスプレイ正面)

Mi Note 10の基本スペック

製品名Mi Note 10
発売元Xiaomi(シャオミ)
発売日2019年12月頃
市場価格52,800円
カラーミッドナイトブラック(
グレイシャーホワイト(
オーロラグリーン(
本体サイズ157.8×74.2×9.67mm
重量208g
ディスプレイサイズ6.47インチ
(2340×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2
(DSDV)
メモリサイズ―(非対応)
OSMIUI 11(Android 9)
CPUSnapdragon 730G
(2.2GHz+1.8GHz)
ROM / RAM128GB / 6GB
カメラ画質■アウト:5カメラ
 10,800万画素(メイン)
 2000万画素(超広角)
 1200万画素(ポートレート)
 500万画素(望遠)
 200万画素(マクロ)
■イン:3200万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量5,260mAh
対応バンド■3G
B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
■4G
B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40
USB Type-C
顔/指紋認証
Jアラート
近接センサー、光センサー etc.

Mi Note 10の外観配置図、SIMカードスロット位置が結構特徴的?

Mi Note 10は、中国の家電メーカー・Xiaomi(シャオミ)が開発・発売したSIMフリースマートフォンです。

シャオミはこれまで日本を除く海外+中国本土でSIMフリースマホを展開、超巨大ディスプレイスマホ高コスパスマホなどを発売し人気を博していましたが、ついに日本向けのスマートフォンを発売しました。それがこのMi Note 10です。

日本国内における格安SIMの台頭によって、「SIMフリー」スマホを展開していたシャオミも勝機があると考えたのかも知れません。

 シャオミはスマホメーカーでなく「家電メーカー」として活動しています。
 日本向けの商品としてスマホ以外にもスマートバンド炊飯器スーツケースも発売しています。

(スーツケースは家電…?)

シャオミ社のIH炊飯器(Xiaomi公式サイトより引用)。シュールなデザインながらインターネット(Wi-Fi)を駆使してで外から炊飯を指示したり、お米以外の調理もできる優れもの

Mi Note 10の特徴まとめ|特徴は「カメラ」に集約されてると言ってもいい

Mi Note 10ってどんな感じ?

Mi Note 10の特徴を簡単にまとめました!

Mi Note 10の特徴として、

  • カメラスペック
  • 基本性能
  • 注意点

についてまとめました。

向こう数年は圧倒的スペック?ついに「背面5カメラ」のペンタプリズム式カメラを採用

5つのカメラが縦に並ぶ仕様。中央のちょっと大きいのが例の1億800万画素の高解像度カメラ。

Mi Note 10の特長は、なんといっても他社の追随を許さない圧倒的なカメラスペックといえそうです。

メインカメラ5台+高性能インカメラの計6台のカメラが搭載されており、もはやスマホに付属したカメラという領域を完全に凌駕しています。

背面カメラの詳細

  • 超高解像度カメラ(メイン):1億800万画素
  • 超広角カメラ:2000万画素
  • ポートレート(背面ぼかし)カメラ:1200万画素
  • 望遠カメラ:500万画素
  • マクロカメラ:200万画素

合計5カメラ、1億4700万画素です(足し算する意味があるかはよくわかりませんが…)。

今年中…いや、来年・再来年も果たしてコレを超えてくるカメラが搭載されたスマホが出るのかと疑問に思ってしまう高性能ぶりが、スペックでも伝わってきますね。

このスペシャルなカメラによって…

  • 写真:最大12032×9024ピクセルの画像
  • ビデオ:最大3840×2160ピクセルの動画(=4K)

を撮ることができます。

動画のフレームレートと撮影可能解像度 一覧

30fps2160P(4K), 1080P(FHD), 720p(HD)
60fps1080P
120fps1080P, 720P
240fps1080P, 720P
960fps720P

960fpsってスゴイな…Mi Note 10だと超スーパースローが撮れるんだね。

↓のレビュー動画では、Mi Note 10で撮影した写真・動画が公開されています(英語)。
猫の毛並みや地面・壁の質感がリアルに撮れていることが伺えます!

正面カメラの詳細

ディスプレイ上部にちょこんと配置されているインカメラ。ノッチは小さめでそれほど気にならない印象。

Mi Note 10は、背面だけでなく正面(インカメラ)にも3200万画素と圧倒的高解像度のカメラを搭載しています。

インカメラでも1080Pのフルハイビジョン画質の動画(30fps)を撮ることもできます。

もちろん顔認証にも対応しています。

基本スペックについて

エッジ部分にデザイン性と使いやすさに対するこだわりが伺える

Mi Note 10はカメラではなくスマートフォンなので、スマートフォンとしての基本スペックも軽くチェックしておきます。

  • CPU:Snapdragon 730G
  • ROM/RAM:128GB/6GB
  • ディスプレイサイズ:6.47インチ(2340×1080:FHD+)
  • バッテリー容量:5260mAh

まず基本的な処理機能を司るCPUはSnapdragon 730Gを採用しています。

700番台といえば710がよく日本向けSIMフリースマホに多用されている印象がありますが、730Gは710と比較して大幅なアップグレードがなされており、ベンチマークスコアも圧倒しています。

立ち位置としてはミドルレンジの中では最上位クラス、ハイエンドの中では入り口レベルといったところでしょうか。

ディスプレイサイズは6.47インチ(3D曲面有機EL)と現代スマホトップクラスのサイズです。

となるとバッテリー容量が気になりますが、大容量の5260mAhと、ASUSのZenFone Max Proシリーズの5000mAhを上回るバッテリーを搭載しています。

その他、認証機能は指紋/顔認証どちらにも対応しています。

が、これら基本スペックはスマホ内でズバ抜けているというわけではないため(バッテリー容量は注目に値しますが)、やはりいちばんの目玉はカメラと言えそうですね。

Mi Note 10の注意点は?

なにか弱点はないの?

Mi Note 10購入前に気をつけておきたいことを4点にまとめました。

Android準拠だけど独自のOS、MIUIを採用

Mi Note 10はAndroid 9をベースとしたシャオミ社独自のOS、MIUI(11)を開発・採用しています。

Androidユーザーであれば基本的な操作感は変わらないものの、最初は「あれ?」と戸惑うこともあるかもしれません。

とはいえ、独自OSはより使いやすくすることを目的に開発しているので(…のハズ)、使い始めるとすぐ違和感はなくなるものと考えられます。

microSD非対応

Mi Note 10はDSDV対応端末ですが、micro SD対応スロットはなく、nano-SIMのみ対応しています(nano-SIM 2枚だけが入るスロット、排他仕様ですらない)。

ROM容量は128GBとたっぷりなのですぐにはパンクしないと思いますが、動画をたくさん撮る方はこまめに別の保存媒体などに移す必要がありそうです。

重量200gオーバーと重い

Mi Note 10はスマホ単体で208gと重めです。

大容量バッテリーや高性能カメラを積んでいることが主な要因と考えられます。

ここからさらにケースなどの重みも加わると結構な重さになります。

片手操作をよくされる方は手首への負担や操作のしづらさに要注意です。

ソフトバンク回線利用予定なら要注意?

事前の報道で、ソフトバンク回線で使用する場合通信ができない例があるとのことなので(Mi Note 10 Pro)、SoftBank回線の格安SIMでMi Note 10を使う予定の方は少し要注意です。

具体的には、「マルチUSIMカードでないと動作しない」とのことです。

ただ、格安SIM会社の1つ、LINEモバイルでは、ソフトバンク回線対応としてMi Note 10を端末セット販売していますので、このようなSIMだと問題なさそうですね。

端末を販売していない格安SIM会社のソフトバンク回線を使用する場合は、あらかじめ対応端末一覧などをチェックして、Mi Note 10が対応していることを確認することをオススメします。

Mi Note 10の競合スマホ比較

他のスマホと比べてどう?

Mi Note 10のスペック比較として、同時期に発売された上位モデルスマホ

  • Mi Note 10 Pro

と、割と直近に発売された競合他社のSIMフリースマホ

  • PLEX (TCL)
  • moto g8 plus (Motorola)

の計3台を比較してみました。

V.S. Mi Note 10 Pro|機能差はROM/RAM容量

Xiaomi Mi Note 10 Pro(ミッドナイトブラック、グレイシャーホワイト、オーロラグリーン)

Mi Note 10 Proは、Mi Note 10とほぼ同時期に発売された高機能版です。

具体的にどこがどう高機能なのか比較してみます。

Mi Note 10Mi Note 10 Pro

■OS
 MIUI 11(Android 9)

■CPU
 Snapdragon 730G

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.47インチ
 解像度:2340×1080

■カメラ解像度
 アウト:108M+20M+12M+5M+2M
 イン:32M

■バッテリー容量
 5260mAh

■市場想定価格
 52,800円

■強み
 価格

■OS
 MIUI 11(Android 9)

■CPU
 Snapdragon 730G

■ROM/RAM
 256GB/8GB

■ディスプレイサイズ
 6.47インチ
 解像度:2340×1080

■カメラ解像度
 アウト:108M+20M+12M+5M+2M
 イン:32M

■バッテリー容量
 5260mAh

■市場想定価格
 64,800円

■強み
 ROM/RAM容量

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

Mi Note 10Mi Note 10 Proの関係式

  • Mi Note 10 + ROM128GB + RAM2GB = Mi Note 10 Pro
  • ROM128GB + RAM2GB = 12,000円

Mi Note 10とMi note 10 Proのスペック差はROM/RAM容量に表れています。

Mi Note 10 ProはSnapdragon 730Gの限界スペックである、ROM256GB, RAM8GBであるのに対し、Mi Note 10はROM128GB, RAM6GBと抑えめになっています。

この値段増加分がスペックアップ分に見合っていると思うかどうかが選択のカギになります。

12,000円で保存領域128GB+メモリ2GBアップですか……決して悪くはないですね。

V.S. PLEX(TCL)

TCL PLEX(Obsidian black)

PLEXは2020年3月頃に発売された、シャオミにとって同国でライバル企業となるTCLが発売したSIMフリースマートフォンです。
低価格で高スペックが魅力の海外スマホです。

Mi Note 10PLEX

■OS
 MIUI 11(Android 9)

■CPU
 Snapdragon 730G

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.47インチ
 解像度:2340×1080

■カメラ解像度
 アウト:108M+20M+12M+5M+2M
 イン:32M

■バッテリー容量
 5260mAh

■市場想定価格
 52,800円

■強み
 カメラスペック
 CPU性能

■OS
 TCL PLEX UI(Android 9)

■CPU
 Snapdragon 675

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.53インチ
 解像度:2340×1080

■カメラ解像度
 アウト:48M+16M+2M
 イン:24M

■バッテリー容量
 3820mAh

■市場想定価格
 29,800円

■強み
 安さ

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

基本スペック部分についてはCPUに大きな差が確認できます(Snapdragon 730Gと675)。

より高負荷のかかるアプリを使ったり、動画を撮影したりする機会が多い方はMi Note 10が断然オススメといえそうです。

普段遣い(電話、メール、ネットなど)がメインという方はPLEXのスペックでも十分と考えられますので、カメラをどれくらい積極的に使うかが判断基準になりそうです。

それにしても、中国製スマホは独自OSを開発するのが好きですね…。

決してPLEXのカメラスペックも悪くないね。けどカメラ性能にこだわるならMi Note 10がいいね!

V.S. moto g8 plus(Motorola)

moto g8 plus(正面ディスプレイ、ポイズンベリー、コズミックブルー)

moto g8 plusは、アメリカに本拠地を置くMotorola(モトローラ)が2020年3月に発売したSIMフリースマートフォンです。

Mi Note 10よりはカメラ数は少ないですが、3つのカメラと1つのセンサーが搭載されたクアッドピクセルテクノロジーが注目のスマホです。

Mi Note 10moto g8 plus

■OS
 MIUI 11(Android 9)

■CPU
 Snapdragon 730G

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.47インチ
 解像度:2340×1080

■カメラ解像度
 アウト:108M+20M+12M+5M+2M
 イン:32M

■バッテリー容量
 5260mAh

■市場想定価格
 52,800円

■強み
 基本スペック
 カメラ解像度

■OS
 Android 9.0

■CPU
 Snapdragon 665

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 6.3インチ
 解像度:2280×1080

■カメラ解像度
 アウト:48M+5M+16M
 イン:25M

■バッテリー容量
 4000mAh

■市場価格
 38,800円

■強み
 安さ

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

価格差が14,000円あり、その差がカメラだけでなく基本スペック分もあると考えたら、Mi Note 10のコストパフォーマンスの高さが際立っています。

moto g8 plusのMi Note 10に対する強みは実質安さだけとなっていますが、細かい点を挙げるとすると顔認証のスペック(虹彩認証)などmoto g8 plusが勝っている部分もいくつか挙げられます。

また、画素数という点を除けば、moto g8 plusもクアッドピクセルテクノロジーという3つのカメラ+1センサーが背面に搭載されており、動画の手ブレ補正の性能はバツグンと引けを取らないカメラ性能を誇っています。

Mi Note 10総評

まさに「電話機能がついたカメラ」といえるスマホ!でもスマホスペックも高いスマホです!

昔(デュアルカメラが流行る前)から

電話機能がついたカメラ

だとか

このカメラは電話もできるんだぜ

みたいなジョーク(カメラ機能が特化されすぎていることに対する皮肉?)が良く出回っていましたが、このMi Note 10ほど「電話機能がついたカメラ」感が強いスマホは初めてです。

日常的にカメラを使って、出来事や風景を撮りたい方にはこの上ないスマホに仕上がっており、オススメできます。

Mi Note 10を安く買う方法は?

Amazonで買うんでしょ?

Amazonで買うよりもっと安く手に入れる方法がありますよ。

Mi Note 10は基本Amazon専売とされており、現状52,800円前後で売られていますが、最近ようやく格安SIMとセットで購入できるSIM会社が増えはじめており、セット購入で安く買うことができるようになりました

オススメ格安SIM会社で販売されているMi Note 10の値段は以下のとおりです。

Mi Note 10の販売価格(2020/4/28時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※142,200円
33,200円
LINEモバイル※249,800円2,170円

※1:5/12 11:00までのキャンペーン価格。
※2:6/3(予定)までのキャンペーン価格。

LINEモバイルOCNモバイルONEで発売が開始されました!
4/28時点で両社ともセールを行っており、おトクですよ!

一番安いのはOCNモバイルONEだね!

OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!

Mi Note 10に対応している保護フィルムや、ケースといった関連商品の中から人気の商品をピックアップしました。

Mi Note 10専用保護フィルム

現在人気商品を調査中です!
随時追加・変更予定です!

曲面部分もしっかりカバーするガラスフィルム(2枚入り)

 ノッチ部分以外のディスプレイを全面保護してくれる透明のガラスフィルムです。
 フチは2.5Dラウンドエッジ加工で引っ掛けにくくなっており、2枚入りなので1回ヒビが入っても交換できます!

背面カメラ用保護フィルム(2枚×2パック)

 薄さ0.2mm以下で透過性の高い背面カメラ用保護フィルムです。1個でも悪くなったら台無しなカメラセットはしっかり保護したいですよね。
 マクロカメラ以外の4つのカメラを保護します。

ディスプレイ用保護フィルム(2枚)+カメラ用プロテクター(Amazon’s Choice)

 Amazon内で人気のMi Note 10用フィルム(≠ガラス)です。カメラ用フィルムまで付いていてオトクな商品です!
 どうやら英国産っぽく、レビュアーは外国人によるレビューが多いです。
 「マニュアルに従えば簡単」という意見が見受けられ、評価は上々です。

その他Mi Note 10専用フィルムを探す

他にもあるの?

以上がオススメの保護フィルムですが、ほかにも多数販売されていますので、他のフィルムに興味がある方は↓のボタンから検索してみてください(関連商品の検索結果ページにリンクされています)。

Mi Note 10専用保護ケース

現在人気商品を調査中です!随時追加・更新予定です!

四隅をガッチリガードな透明クリアケース(Amazon’s Choice)

 TPU樹脂でできた、透明なソフトクリアケースです。シンプルなデザインですが、四隅のガードを強化しています!
 端末のもともとのカラーを活かしたい方にオススメです!

ハイブリッド構造で強度と使いやすさを兼ね揃えたクリアケース(全4色)

 面はPC素材、フチはTPU素材で柔らかく持ちやすいハイブリッド素材のケースです。
 平らな地面に落としたときにレンズを傷つけないよう、背面カメラ部分はレンズより約0.6mm高くするなど、細部にまで行き届いた設計がポイントです。
 マグネット&スタンド機能も付いているので利便性もいいですね!カラーは全部で4種類あります。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

NavyRed
BlueBlack

PUレザーの質感高い多機能手帳型ケース(全4色)

 高級感のあるPUレザーの質感が良い感じの手帳型ケースです。スマホ固定部はTPU素材、カメラ部分は穴が開けられているので、撮影時に取り外し不要です。
 カード収納口、スタンド機能、マグネット開閉など、機能も充実しています。
 カラーは全4色です。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ブラックブルー
ローズゴールドゴールド

その他Mi Note 10専用ケースを探す

他にもあるでしょ?

ほかにも専用ケースは多種あります。関連商品を探したい方は↓のボタンから検索してみてください(関連商品の検索結果ページにリンクされています)。

さいごに

3000万!4000万!って高解像度ぶりを競っているところに

「私のカメラは1億800画素です」

とかいうとんでもないスマホが登場し、国内SIMフリースマホ戦線はにわかにざわついている気がします。

これに追随するメーカーは現れるのか、ムシムシとシカトされるのか、今後の動向が注目ですね。

関連記事

関連外部リンク

※本記事の製品関係の情報・画像はこちらのサイトが引用元です。

より詳細な情報を知りたい方は以下のサイトをご参照ください。

Xiaomi Japan
Mi Global Home

コメント

タイトルとURLをコピーしました