OCNモバイルONEがスマホセットセールを開催中!1円スマホに最大1万5000円OFFのスマホも!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

AQUOS sense3 SH-M12のスペックレビュー+スマホ比較+おすすめフィルム&ケースまとめ

SHARPのAQUOS senseシリーズ最新作がでましたよ~!

この記事では、SHARPのSIMフリースマホ、AQUOS sense3 SH-M12

  • 基本スペック
  • 特徴
  • 競合スマホとの比較
  • 関連商品(フィルム、ケースなど)

を紹介しています。

また、記事の後半にはSH-M12を安く買う方法も紹介していますので、まだ買おうかお悩み中の方は合わせてチェックしてみてくださいね。

関連商品をお探しの方は、コチラをクリックorタップすると対象箇所までジャンプできます。

  1. AQUOS sense3 SH-M12 の基本スペック情報
  2. AQUOS sense3 SH-M12の特徴まとめ
    1. senseシリーズ初の背面デュアルカメラ
    2. senseシリーズ初のSIMカード2枚挿入可能なDSDVを採用
    3. 4000mAhで最大1週間の電池持ちも
  3. AQUOS sense3 SH-M12の競合スマホ比較
    1. V.S. AQUOS sense2 SH-M08|順当なスペックアップを確認
    2. V.S. AQUOS sense plus SH-M07|スペックも値段もSH-M12が優勢、SH-M07はこれから安くなる?
    3. V.S. AQUOS sense lite SH-M05|「乗り換えにSH-M12は最適な1台」といえる進化具合
    4. V.S. AQUOS sense3 plus SH-M11|スペックを求めるならSH-M11、コスパ的にはSH-M12?
    5. V.S. Xperia Ace (Sony)|全体的なスペック、値段までSH-M12が優勢!
    6. V.S. arrows M05 (富士通)|スペック的にはSH-M12一択?
  4. AQUOS sense3 SH-M12総評
  5. AQUOS sense3 SH-M12を安く買う方法は?
  6. AQUOS sense3 SH-M12の関連商品
  7. AQUOS sense3 SH-M12 専用保護フィルム
    1. Amazonで一番人気のSH-M12専用フィルム(Amazon's Choice)
    2. 湾曲部まで保護するフィルム
    3. 表だけじゃなく、裏面も保護するフィルム
    4. SH-M12専用フィルムを探す
  8. AQUOS sense3 SH-M12専用保護ケース
    1. 定番のTPU素材のクリアケース
    2. 落下防止リング+マグネット付きの薄型ケース
    3. 花柄のデザインが上品な手帳型ケース
    4. シンプルで手触りバツグンの手帳型ケース
    5. 花の飾りアクセントがカワイイPU素材の手帳型ケース
    6. その他SH-M12専用ケースを探す
  9. さいごに
    1. 関連記事
    2. 関連外部リンク
スポンサーリンク

AQUOS sense3 SH-M12 の基本スペック情報

左から、ライトカッパー、シルバーホワイト、ブラック

AQUOS sense3 SH-M12の基本スペック

製品名AQUOS sense3 SH-M12
発売元SHARP
発売日2019年11月27日
市場価格34,800円
(税込38,280円)
カラーライトカッパー(SH-M12-C)
シルバーホワイト(SH-M12-S)
ブラック(SH-M12-B)
本体サイズ147×70×8.9mm
重量167g
ディスプレイサイズ5.5インチ
(2160×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2
外部メモリ最大512GB(SDXC)
OSAndroid 9 Pie
CPUSnapdragon 630
(2.2GHz+1.8GHz)
ROM / RAM64GB / 4GB
カメラ画質アウト:1,200万画素×2
イン:800万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量4,000mAh
顔/指紋認証
Jアラート
おサイフケータイ
ハイレゾ
etc.

AQUOS senseシリーズは、スマートフォンの中でも極めてオーソドックスなデザインが特徴のスマートフォンです。

スペック的にはライトユーザーには十分すぎるスペックを誇っており、ミドルユーザーの方でも長く使えるだけの性能を持っています。

Jアラート、おサイフケータイにも対応しているなど、国産スマホならではの機能も持っています。

AQUOS sense3 SH-M12の特徴まとめ

SH-M12ってどんなスマホ?

senseシリーズ初の背面デュアルカメラ

SH-M12では標準カメラ広角カメラ2台のカメラが背面に装着されました。

今までSIMフリースマホ全体から見てAQUOS senseシリーズのウィークポイントだった「カメラ性能」が強化され、奥行き感のある写真といったプロっぽい写真が簡単に撮れるようになりました。

senseシリーズ初のSIMカード2枚挿入可能なDSDVを採用

2枚目スロットはmicroSDと共用という形で、nano SIMを2枚同時使用可能になりました(DSDV)。

これでSIMカードを2枚使い分けている方もsenseシリーズが使えるようになりました。

4000mAhで最大1週間の電池持ちも

SH-M12コンセプトムービーより引用、IGZOディスプレイ×4000mAhで長持ち度合いは大いに期待できそう!

もともと電池の持ちの良さがウリだったSHARPのスマホですが、容量をさらにアップ。

4000mAhのバッテリー容量で、1週間充電なしの使用も十分可能になりました。

もちろん1週間実際に使えるかは使い方次第ですが、容量増加で長持ち度アップであることは間違いなさそうです。

AQUOS sense3 SH-M12の競合スマホ比較

SH-M12は昔のスマホと比べてどれくらい良くなったの?

これまで発売されてきたsenseシリーズのスマホ

SH-M12のあとに発売となった上位モデル

直近に発売された競合他社のスマホ

を比較してみました。

V.S. AQUOS sense2 SH-M08|順当なスペックアップを確認

AQUOS sense2 SH-M08(全4色、左から順にホワイトシルバー、ニュアンスブラック、アッシュイエロー、アーバンブルー)

AQUOS sense2 SH-M08は、2018年12月下旬に発売されたミドルレンジモデルのスマートフォンです。

発売から1年ほど経ったスマホですが、今でも店頭や格安SIM会社などから購入できます。

SH-M12発売で生産も終わると考えられるので、半年後には売り切れになりそうですね。

AQUOS sense3 SH-M12AQUOS sense2 SH-M08

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 630

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラ解像度
 アウト:12M+12M
 イン:8M

■バッテリー容量
 4000mAh

■市場想定価格
 34,800円

■強み
 CPU性能、ROM/RAM容量、バッテリー容量、カメラスペック、DSDV

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 450

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラ解像度
 アウト:12M
 イン:8M

■バッテリー容量
 2700mAh

■市場価格(’19/12)
 25,000円

■強み
 販売価格

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

ディスプレイサイズや解像度に変化がないので、見た目は変化がないように見えますが、

  • CPU性能
  • ROM容量
  • RAM容量
  • バッテリー容量

といった基本スペックが向上していることがわかります。

全体的に見てスペックが大幅に上昇していることが確認できました。

V.S. AQUOS sense plus SH-M07|スペックも値段もSH-M12が優勢、SH-M07はこれから安くなる?

AQUOS sense plus SH-M07(左から順にホワイト、ベージュ、ブラック)

AQUOS sense plus SH-M07は、2018年7月に発売されたスマートフォンです。

発売から1年以上経っており、新品での入手は難しくなってきたスマホです。

AQUOS sense3 SH-M12AQUOS sense plus SH-M07

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 630

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラ解像度
 アウト:12M+12M
 イン:8M

■バッテリー容量
 4000mAh

■市場価格
 34,800円

■強み
 ROM/RAM容量、バッテリー容量、DSDV

■OS
 Android 8.0

■CPU
 Snapdragon 630

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラ解像度
 アウト:16.4M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3100mAh

■市場価格
 39,000円

■強み
 アウトカメラ画素数

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

全体的に見てスペックは同等クラスかSH-M12のほうが上回っていることが確認できますね。

しかも市場価格すらSH-M12がやや優勢となっています。

SH-M07はこれから安くなるかも…というかそもそもあまり在庫も残ってないので安いものが売っていればチャンスという感じですね。

ただあえてSH-M07を探すくらいなら新作を買ったほうが持ちもいいでしょうし、メリットは多いといえそうです。

V.S. AQUOS sense lite SH-M05|「乗り換えにSH-M12は最適な1台」といえる進化具合

AQUOS sense lite SH-M05(ホワイト)

AQUOS sense lite SH-M05は、SH-M12発売から約2年前の2017年12月に発売されたスマートフォンです。

senseシリーズ1作目となる端末です。

AQUOS sense3 SH-M12AQUOS sense lite SH-M05

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 630

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラ解像度
 アウト:12M+12M
 イン:8M

■バッテリー容量
 4000mAh

■市場価格
 34,800円

■強み
 ほぼ全スペック

■OS
 Android 7.1

■CPU
 Snapdragon 430

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.0インチ
 解像度:1920×1080

■カメラスペック
 アウト:13.1M
 イン:5M

■バッテリー容量
 2700mAh

■市場価格
 29,800円

■強み
 安さ

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

さすがに2年の差は大きく、スペック面ではSH-M12が圧倒していることがわかります。

もし現在SH-M05をお使いで「処理速度に不満を覚え始めた…」という場合、Snapdragon630搭載のSH-M12だと不満が一気に解消できるかもしれません。

SH-M05→SH-M12は乗り換えに最適な王道ルートと言えそうです。

V.S. AQUOS sense3 plus SH-M11|スペックを求めるならSH-M11、コスパ的にはSH-M12?

AQUOS sense3 plus SH-M11(全4色、左から順にムーンブルー、ブラック、ホワイト)

AQUOS sense3 plus SH-M11は、SH-M12から1ヶ月遅れの12月に発売の、sense3シリーズの中で高機能版のスマホです。

SH-M12と比べてどれくらいスペックが向上しているのか比較してみました。

AQUOS sense3 SH-M12AQUOS sense3 plus SH-M11

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 630

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラ解像度
 アウト:12M+12M
 イン:8M

■バッテリー容量
 4000mAh

■市場想定価格
 34,800円

■強み
  値段(コスパ)

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 636

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.0インチ
 解像度:2260×1080

■カメラ解像度
 アウト:12.2M+13.1M
 イン:8M

■バッテリー容量
 4000mAh

■市場想定価格
 58,800円

■強み
 CPU性能
 ROM/RAM容量
 ディスプレイサイズ

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

まず、SH-M11はディスプレイサイズが0.5インチ大きい6.0インチになっています。動画などをたくさん見たい方はSH-M11がオススメといえそうです。

保存領域(ROM)、メモリ容量(RAM)ともにグレードがアップしていることも確認できます。SH-M11はROMが128GBもあるので、早々microSDが必要になることはなさそうですね(DSDVを活用したい方にうってつけ)。

CPUもSnapdragon 630から636に変わっています。一見「対して変わってないんじゃないの?」と思いそうになりますが、630と636を比較すると総合性能としては結構スペックアップしているようです。

と、スペック的には当然SH-M11一択ですが、SH-M12と比べてプラス2万円以上のお金がかかるため、特別スペックを求めてない方ならSH-M12でも十分ではないかと思います。

普段使い(メッセージやりとり、電話、ネット検索)がメインなら性能上SH-M12で十分すぎるので、コストパフォーマンスを追求するとSH-M12のほうがオススメです。

V.S. Xperia Ace (Sony)|全体的なスペック、値段までSH-M12が優勢!

Xpreia Ace(ブラック)

Xperia Aceは、Sonyが10月頃に発売したコンパクトサイズのSIMフリースマホです。

2019年秋モデル同士の2台ですが、スペックの違いはどうでしょうか…?

AQUOS sense3 SH-M12Xperia Ace

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 630

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラ解像度
 アウト:12M+12M
 イン:8M

■バッテリー容量
 4000mAh

■市場想定価格
 34,800円

■強み
 価格、バッテリー容量、カメラ、DSDV

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 630

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラ解像度
 アウト:12M
 イン:8M

■バッテリー容量
 2700mAh

■市場想定価格
 49,800円

■強み
 コンパクト形状

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

基本的な性能面は似通っているところがありますが、

  • バッテリー容量
  • カメラスペック

SH-M12が優勢となっています。

ディスプレイサイズについては、Xperia Aceはあえてコンパクトサイズに仕立てているところもありますので好みの問題といえそうです。

値段も総合して判断すると、SH-M12がやや分があるという印象です。

V.S. arrows M05 (富士通)|スペック的にはSH-M12一択?

富士通 arrows M05(ホワイト、ブラック)

arrows M05は、富士通が2019年12月に発売したSIMフリースマホです。

2年以上のブランクを経て発売されたarrowsのSIMフリーモデルですが、半年に1台以上のペースで出してるAQUOS senseシリーズと比べてどうでしょうか?

AQUOS sense3 SH-M12arrows M05

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 630

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラ解像度
 アウト:12M+12M
 イン:8M

■バッテリー容量
 4000mAh

■市場価格
 34,800円

■強み
 基本処理性能
 バッテリー容量
 DSDV

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 450

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.8インチ
 解像度:2280×1080

■カメラ解像度
 アウト:13.1M+5M
 イン:8M

■バッテリー容量
 2880mAh

■市場想定価格
 34,800円

■強み
 画面大きさ

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

結構差が出てるね。

まずスペック全体に言えるのはSH-M12のほうが圧倒的に上回っているということです。

その上価格帯が同等レベルということなので、ブランドの好き嫌いがよほどなければSH-M12のほうが総合的にオススメといえます。

arrows M05の強みは画面の大きさと解像度で、両方においてSH-M12を上回っています。あとは、純国産という点でしょうか(SHARPは台湾企業傘下なので「純」ではないという意味で)。

AQUOS sense3 SH-M12総評

sense2から着実にスペックが向上。今後長く使えるスマホです!

AQUOS sense3 SH-M12を安く買う方法は?

Amazonで買うんでしょ?

Amazonで買うよりもっと安く手に入れる方法がありますよ。

現状税込38,280円前後で売られている感のあるSH-M12ですが、格安SIMとセットで購入するとより安く購入することができます

オススメ格安SIM会社で販売されているSH-M12の値段は以下のとおりです。

AQUOS sense3 SH-M12の販売価格(2020/8/3時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※123,100円
8,100円
962円
337円
IIJmio※226,800円1,125円
BIGLOBEモバイル※31,500円
LINEモバイル※435,800円1,590円
mineo36,000円1,500円
LIBMO34,800円
27,600円※5
1,450円
1,150円※5

※1:スマホセットセール(真夏のスマホ大特価セール)、MNP転入+対象オプション加入で最大8000円割引キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※2:8/31まで、初期費用1円、月額料金値下げ、MNPでキャッシュバックキャンペーンなど実施中。詳しくはコチラ
※3:月額料金半年間1600円OFF&初期費用Gポイント還元&対象端末購入で7,000Gポイントプレゼント実施中(約3万弱おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ
※4:月額基本料最大2ヶ月間無料+LINE Pay or LINEポイント最大5000円分+スマホ値引きキャンペーンを実施中。詳しくはコチラ→LINEモバイルキャンペーンまとめ
※5:一緒にSIMカードを契約した場合の実質価格。詳しくは⇒LIBMO公式サイト

OCNモバイルONEが最安だね!
現在OCNモバイルONEではスマホセットの激安セールを実施中です(真夏のスマホ大特価キャンペーン)。
⇒対象端末など詳しくはコチラにまとめています。

OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!

sense3 SH-M12に対応している保護フィルムや、ケースといった関連商品の中から人気の商品をピックアップしました。

AQUOS sense3 SH-M12はdocomoでは「SH-02M」、auでは「SHV45」として売られています。
SH-M02」か「SHV45」で使えるとあれば、SH-M12でも使えます!

AQUOS sense3 SH-M12 専用保護フィルム

Amazonで一番人気のSH-M12専用フィルム(Amazon’s Choice)

全面透明なガラスフィルムです。2枚入りです。
本体より一回り小さい設計になってますが、ディスプレイ部分はもちろん全面保護されます。
同じメーカーで縁が色付き(炭素繊維)のフィルムもありますよ!

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

クリアブラック
シルバーホワイトライトカッパー

湾曲部まで保護するフィルム

フチまで保護したい方はコチラのフィルムがオススメです!
利用者の口コミも上々です!
フチの色は白と黒の2色があります。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ホワイトブラック

表だけじゃなく、裏面も保護するフィルム

ガラスフィルムといえばディスプレイを保護するものというイメージが強いですが、
こちらの商品は背面カメラ側も保護するフィルムが入っています!

SH-M12専用フィルムを探す

他にもあるの?

以上がオススメの保護フィルムですが、ほかにも多数販売されています。

他のフィルムに興味がある方は↓のボタンから検索してみてください(関連商品の検索結果ページにリンクされています)。

AQUOS sense3 SH-M12専用保護ケース

定番のTPU素材のクリアケース

TPU素材でできた透明のクリアケースです!
値段も手頃なのがいいですね!

落下防止リング+マグネット付きの薄型ケース

ポリカーボネート素材使用で手触りが良くて滑りにくく、またリングも付いているので落としにくい、と安全性抜群の薄型ソフトケースです!
リングの部分にはマグネットも付いているので車載ホルダーにも対応できます。
カラーはブラックの他、ブルー、レッドの計3色です。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ブラックブルー
レッド

花柄のデザインが上品な手帳型ケース

花柄の刺繍がキレイでとっても上品な手帳型ケースです!
内側にも刺繍がされているこだわりようです。
カラーはなんと8色もあります!

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

イエローターコイズ
ネイビーパープル
ピンクブラウン
ミントレッド

シンプルで手触りバツグンの手帳型ケース

PUレザーを使っているから、触り心地抜群な手帳型ケースです!
シンプルなデザインながら、カード収納口とスタンド機能を持っています。
カラーはブラックの他、ローズゴールドとネイビーの全3色です。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ネイビーブラック
ローズゴールド

花の飾りアクセントがカワイイPU素材の手帳型ケース

さきほどと同じくPUレザー製の手帳型ケースですが、開閉防止のマグネット式ベルトと花柄のアクセントがついています。
しかも完全ハンドメイドで手作りのケースです!
色はネイビーの他、ピンク、レッド、アイボリー、ライトブラウンの計5色です。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ピンクレッド
アイボリーライトブラウン
ネイビー

その他SH-M12専用ケースを探す

他にもあるでしょ?

ほかにも専用ケースは多種あります。関連商品を探したい方は↓のボタンから検索してみてください(関連商品の検索結果ページにリンクされています)。

さいごに

SH-M12コンセプトムービーより引用

Snapdragon600番台の新品スマホが3万円台…それもOCNモバイルONEなら税込み2万円台という価格で買えるようになったのは時代を感じます。

正直ライトユーザーならSnapdragon450でも不満なく使えると思うので630搭載のSH-M12なら壊れるまで不満なく使えるのではと思っています。

個人的にもイチオシのスマホです。無限にお金があるならSH-M08から乗り換えたいくらいです^^;

関連記事

先代機種のSH-M08のスペックレビュー記事です!

AQUOS sense2 SH-M08のスペックレビュー+専用保護フィルム&ケースまとめ
SHARP(シャープ)のSIMフリースマートフォン、AQUOS Sense2 SH-M08のスペック、特徴、競合他社スマホとの比較、安く買う方法、関連商品(専用フィルム、ケースなど)を紹介。

関連外部リンク

※本記事の製品関係の情報・画像はこちらのサイトが引用元です。

より詳細な情報を知りたい方は以下のサイトをご参照ください。

AQUOS sense3 SH-M12 SIMフリーの特長|AQUOS:シャープ
AQUOS sense3(アクオス センススリー) SH-M12の製品紹介ページ。SIMフリー(MVNO向け)のAQUOS sense3 SH-M12の主な特長や機能を紹介。シャープモバイル製品のオフィシャルサイト。

コメント

タイトルとURLをコピーしました