新品で1円のスマホも!OCNモバイルONEのスマホセットキャンペーンが注目!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

AQUOS sense2 SH-M08のスペックレビュー+専用保護フィルム&ケースまとめ

2018年も終わりというタイミングで、シャープから新作フリーSIMスマホが出ました!

この記事は、SHARPのSIMフリースマホAQUOS sense2 SH-M08のスペックレビューと関連商品(保護フィルム、ケース)を紹介しています(関連商品の紹介はコチラから移動できます)。

SH-M08を買う際に比較対象になりそうな過去のAQUOSスマホや競合他社スマホも紹介していますので、ご購入の際の参考にしてください。

記事の後半にはSH-M08を安く買う方法も紹介していますので、合わせてチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

AQUOS sense2 SH-M08の基本情報

ホワイトシルバーの表面と裏面です。

基本情報

製品名AQUOS sense2 SH-M08
発売元SHARP
発売日2018年12月27日
市場想定価格37,670円

エクステリア

左から順に、ホワイトシルバー、ニュアンスブラック、アッシュイエロー、アーバンブルーです。

カラーホワイトシルバー
ニュアンスブラック
アッシュイエロー
アーバンブルー
本体サイズ148×71×8.4mm
重量155g
ディスプレイサイズ5.5インチ(2160×1080 px)
SIMサイズnanoSIM
メモリサイズmicroSD(最大512GB)

スペック

OSAndroid 8.1
CPUSnapdragon 450 (1.8GHz)
ROM / RAM32GB / 3GB
カメラ画質アウト:1200万画素
イン:800万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量2700mAh
指紋認証
防水(IPX5/8)
防塵(IP6X)
おサイフケータイ
近接、光センサーなど

SH-M08の特徴は、ミドルレンジの範囲内でまさに「ちょうどいい」といえるスペック!

スペック表を見て気づいた方も多いかと思いますが、SH-M08は前作を上回るスペックを持っている、というスマホではないです。

スマホ業界全体で比較すると、ミドルレンジクラスのスマートフォンに仕上がっています。

  • 省電力がウリのIGZOディスプレイ
  • ディスプレイサイズ5.5インチでFHD+のピクセル数(2160×1080 px)
  • 通常使用する分には十分のCPU性能(Snapdragon 450
  • アプリインストールするには十分な32GBの保存領域
  • 可もなく不可もなくな、メモリ3GB
  • おサイフケータイ内蔵

…という感じで、これが2018年のミドルレンジスマホの決定版だ!と言っても過言ではないかもしれません。

高スペックが要求されるようなゲームアプリを遊ぶ場合にはやや力不足な感がありますが、
電話、WEB、マップ……といった主要機能を使う程度というユーザーには十分なスペックです!

使いやすさを重視したデザイン、アルミボディで質感もGood

エッジ部分の光沢に高級感がありますね。それほど手を広げなくても持てる感じがある右側の画像も印象的です。

5.5インチまで大きくなると片手で持つのも辛くなってくるサイズですが、SH-M08の横幅は71mmに抑えています。

他の5.5インチスマホの横幅を比較しても最小クラスなので、今までの5.5インチスマホの中でも片手持ちしやすいスマホといえますね。

アルミ素材を使っていて、表面の質感が高いのも高ポイントです。

他の5.5インチスマホを見ると、76mmの横幅のスマホもあったります。
たった5mmしか違わないと思うかもしれませんが、この5mmが持ちやすさに差が出てくるんですよね。

一見特に特徴のなさそうに見えるカメラも、センサー強化で明るさアップ

※左…インカメラ:800万画素、右…アウトカメラ:1200万画素

デュアルカメラトリプルカメラなどが世に出てきたことで

「シングルカメラ=カメラに力をいれていない

というイメージを持ってしまいそうになりますよね。

SH-M08のカメラは、今流行のAI機能によってシーンに合った設定をしてくれたり、

イメージセンサーの改良で取り込める光量をアップさせることで薄暗いシーンでも明るく撮影できたりと、それなりのスペックを持っています。

イメージセンサーの改良によって、SH-M04比で明るさが50%したそうです!

SH-M08と過去製品の比較

現在も発売されている、SH-M08より古いシャープ製SIMフリースマホとスペックを比較してみました。

VS SH-M07:スペックはSH-M07のほうが断然上、値段で選ぶならSH-M08

※SH-M07

まず、2018年6月に発売されたSH-M07との比較です。表面上のスペックは基本的にほぼ全部SH-M07が上回っています

SH-M08SH-M07

■OS
 Android 8.1

■CPU
 Snapdragon 450

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラスペック
 アウト:12M
 イン:8M

■バッテリー容量
 2700mAh

■市場価格
 37,670円

■OS
 Android 8.0

■CPU
 Snapdragon 630

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラスペック
 アウト:16.4M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3100mAh

■市場価格
 44,800円

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

CPU、カメラ(画素数)、バッテリー容量……といった分かりやすい部分は全部SH-M07のほうが上ですね。

SH-M08がスペック上勝っているのは、プリインストールされているOSのバージョンの新しさくらいです。

端末の価格は出たばかりのSH-M08のほうが安いので、ハイスペックを望まない方はSH-M08がオススメです。

SH-M08はSH-M07のグレードアップ版ってわけじゃないんだね。

VS SH-M06:コンパクトサイズスマホを所望ならSH-M06、スペックもSH-M06のほうが上

SH-M06(ホワイト)

2018年1月に発売されたSH-M06は、方向性が違うスマホなので、比較するのは難しいのですが、一言で言うならスペック面はSH-M06のほうが上です。

SH-M08SH-M06

■OS
 Android 8.1

■CPU
 Snapdragon 450

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラスペック
 アウト:12M
 イン:8M

■バッテリー容量
 2700mAh

■市場価格
 37,670円

■OS
 Android 8.0

■CPU
 Snapdragon 660

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 4.9インチ
 解像度:2032×1080

■カメラスペック
 アウト:16.4M
 イン:8M

■バッテリー容量
 2500mAh

■市場価格
 70,880円

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

スペックが高い分、価格面でも先に発売されたSH-M06のほうが普通に上回っています。

SH-M06は小さいのにハイスペックというsenseシリーズにはない特徴を持っています。

そのため、SH-M08よりスペックが高いスマホが欲しいという方はSH-M06でもいいのですが、SH-M07のほうがSH-M08の上位互換版に仕上がっているので、SH-M07をオススメします。

senseシリーズのスペック優劣をざっくり言うと、SH-M07>SH-M08>SH-M05ってことだね。

SH-M06の後継機となるSH-M09が発売されましたよ!
R compactシリーズにふさわしいコンパクトハイスペックスマホです!

VS SH-M05:全体的に少しグレードアップ。あとは価格と相談

※SH-M05

ちょうど1年前の2017年12月に発売されたSH-M05と比べると、意外にもほとんどの要素で差がありません。

SH-M08SH-M05

■OS
 Android 8.1

■CPU
 Snapdragon 450

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラスペック
 アウト:12M
 イン:8M

■バッテリー容量
 2700mAh

■市場価格
 37,670円

■OS
 Android 7.1

■CPU
 Snapdragon 430

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.0インチ
 解像度:1920×1080

■カメラスペック
 アウト:13.1M
 イン:5M

■バッテリー容量
 2700mAh

■市場価格
 29,800円

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

が、細かく見ると全体的にSH-M08のほうがスペックが上がっています。

代表的な変化を挙げると……

  • ディスプレイサイズが5インチから5.5インチに大きくなった
  • CPUスペックがちょっとアップした(Snapdragon 430→450)
  • アウトカメラの画素数が1310万画素から1200万画素に減った

というところが見受けられます。

価格面はSH-M08のほうがやや高いので、もし「そんなにスペックいらない」という方ならば、手に入るのであればSH-M05のほうがオススメといえるかもしれません。

まだ一部で売ってるみたいだけど、そろそろSH-M05の新品は手に入らなくなりそうだね。
 私の両親がSH-M05を使用しているのですが、触って見た感じの印象では、ライトユーザーだったらSH-M05でも十分すぎると思います。

SH-M08総評

SH-M08は、ハイエンドと呼ばれているスマホにはスペック面で劣りますが、2018年のミドルレンジクラスとしてちょうど良いスペックを持っています。

ライトユーザーの方が今後数年使うにはちょうどいいスマホだといえそうです!

価格面では国産スマホということもあってか、海外製の安い高コスパスマホと比べて少し高く感じるかもしれませんね。

SH-M08を安く買う方法は?

Amazonで買うんでしょ?
Amazonで買うよりもっと安く手に入れる方法がありますよ。

現状30,000円前後で売られている感のあるSH-M08ですが、格安SIMとセットで購入するとより安く購入することができます

オススメ格安SIM会社で販売されているSH-M08の値段は以下のとおりです。

2019/12/6時点のSH-M08の価格表

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※116,500円
1,500円
IIJmio※224,800円1,040円
mineo 32,880円1,370円
BIGLOBEモバイル※31,380円
LINEモバイル34,800円1,540円

※最低利用期間までに解約すると解約違約金が発生します。違約金の額はキャリアごとで異なります。
※1:12/24まで、スマホ端末最安1円、最大25,000円値引きで買えるキャンペーンを実施中。詳しくはコチラ
※2:2020/1/29まで初期費用1円、月額料金6ヶ月間1,000円割引キャンペーン実施中、詳しくはコチラ
※3:2020/1/6まで月額料金値引き+端末購入で最大10,000円相当ポイントプレゼント実施中(詳しくはコチラ

通常価格最安はOCNモバイルONE

引用元:OCNモバイルONE公式サイト

最も安く買える格安SIM会社はOCNモバイルONEです。

OCNモバイルONEでは、音声対応SIMカードとSH-M08をセットで購入する「スマホセット」で端末本体を16,500円で買うことができます!

市場価格37,670円に対して約20,000円引きとびっくりの値下げ額です。

半額以上だね!
現在OCNモバイルONEではスマホセットの激安セールを実施中です(OCNモバイルONE新コース開始記念大特価セール)。
⇒全対象端末など詳しくはコチラにまとめています。

OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!

分割最安ならIIJmio

※引用元:IIJmio公式サイト

OCNモバイルONEは一括払いのみですが、分割(24回払い)で買える格安SIM会社もあります。分割払い最安はIIJmioです。

月々1,250円でSH-M08を持てるので、財布への負担も軽くて済みますね。

IIJmio公式サイトへ

IIJmio端末一覧をチェック

SH-M08に対応している保護フィルムや、ケースといった関連商品の中から人気の商品をピックアップしました。

SH-M08 対応おすすめ保護フィルム

ディスプレイ保護フィルム(クリア)

フチの曲面部まではカバーしないタイプのフィルムです。
インカメラと指紋センサー部分周りは保護しています。
2枚入りです!

液晶外のカラーに合わせられるガラスフィルム(全4色)

液晶部分の外側に色が付いているガラスフィルムです。メリットとしてピッタリ合わせやすいという点が挙げられますね。
カラーは全4色です。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ブラックホワイト
ピンクゴールドピンク

ブルーライト軽減フィルム

こちらのフィルムはブルーライトカット率が87%と高く、目に優しいMade in Japanの商品です。

他の専用フィルムを探す

他にないの?

以上がオススメの保護フィルムですが、他の関連商品を探したい方は検索してみてください。

SH-M08 フィルム」で検索:
Amazon
Yahooショッピング
楽天市場

SH-M08 専用おすすめケース

王道のクリアなソフトケース(TPU素材)

TPU素材を使った弾力性の高いクリアカラーのケースです。
折れ曲がる柔らかさを持ちつつも強度もあって、ユーザー評価も上々です。

本皮風で質感高めの手帳型ケース(全4色)

本皮にも見える、PUレザーの手帳型ケースです。
本体を固定するケースは、TPU素材の柔らかいケースとなっています。
カラーは全4色で、特にカーキ、ブラウンはオトナな雰囲気を感じます!

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

カーキブラウン
ブラックブルー

余談ですが、当サイト管理人は現在こちらのケース(ブルー)を使ってます!

スマホセットで購入したSH-M08と手帳型ケース

シンプルなデザインの手帳型ケース(Amazon’s Choice選定履歴あり、全3色)

シンプルなデザインがCoolな手帳型ケースです!横置きスタンドにもなります。
カラーは↑のネイビー以外に、ブラックとローズゴールドの全3色です。

※画像をクリックすると、Amazonの商品ページに移動します。

ブラックローズゴールド

織物風な表面が印象的な手帳型ケース(全13色)

質感の高いおしゃれなケースです!
カラーバリエーションが豊富で、↑の翡翠(ひすい)以外にも全13色用意されています。

※カラーバリエーション一覧

ほかのSH-M08専用ケースを探す

他にないの?

ほかにも専用ケースは多種あります。関連商品を探したい方は是非検索してみてください。

SH-M08 ケース」で検索:
Amazon
Yahooショッピング
楽天市場

さいごに

5Gの開発スピードやスペックがいまひとつ見えてないのでなんともいえないのですが、SH-M08は向こう数年普通に使えるスペックだなと感じます。

2年前に発売されたSH-M04を使っている身としては、欲しいなぁと思う一品でした^^;

関連記事

スマホセットでSH-M08を買いました!

関連外部リンク

※本記事の製品関係の情報・画像はこちらのサイトが引用元です。

より詳細な情報を知りたい方は以下のサイトをご参照ください。

AQUOS sense2 SH-M08 SIMフリーの特長|AQUOS:シャープ
AQUOS sense2(アクオス センスツー)SH-M08の製品紹介ページ。SIMフリー(MVNO向け)のAQUOS sense2の主な特長や機能を紹介。シャープモバイル製品のオフィシャルサイト。。

ホームに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました