新品で1円のスマホも!OCNモバイルONEのスマホセットキャンペーンが注目!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

HUAWEI Mate 20 Proのスペックレビューと人気フィルム&ケースまとめ

HUAWEIのフラッグシップモデルスマホが日本上陸です!

HUAWEIのフラッグシップモデルスマホ、Mate 20 Proの日本版が11月末についに発売されました!

この記事では、Mate 20 Proのスペックレビュー専用保護フィルムやケースなどの人気関連商品を紹介しています(関連商品の紹介はコチラから移動できます)。

終盤にはこのMate 20 Proを安く買う方法も紹介していますので、合わせてチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

Mate 20 Pro の基本情報

基本情報

製品名Mate 20 Pro
発売元HUAWEI
発売日2018年11月30日
市場想定価格111,880円

11万……さすがフラッグシップモデルだね。

エクステリア

左からトワイライト、ミッドナイトブルー、ディスプレイ画面

カラーミッドナイトブルー(
トワイライト(
ブラック(●)
本体サイズ157.8×72.3×8.6mm
重量189g
ディスプレイサイズ6.39インチ(3120×1440 px)
SIMサイズnanoSIM×2(デュアルSIM)
メモリサイズHUAWEI NMカード対応:nano-SIM(最大256GB)

ブラックはSoftBank専用カラーのようです。

ミッドナイトブルーといえば、湾岸MIDNIGHTを思い出しますねぇ……
ミッドナイトブルーの悪魔のZ……

スペック

OSAndroid 9.0(EMUI)
CPUHUAWEI Kirin 980
(2.6GHz×2、1.92GHz×2、1.8GHz×4)
ROM / RAM128GB / 6GB
カメラ画質■アウト:トリプルカメラ
 4000万画素(広角)
 2000万画素(超広角)
 800万画素(望遠)
■イン
 2400万画素
Wi-FiIEEE802.11
a/b/g/n/ac (wave2)
バッテリー容量4200mAh
Bluetooth5.0
防水(IPX8)、防塵(IP6X)
指紋認証、加速度、ジャイロ、環境光、近接、気圧、レーザーセンサーなど

Mate 20 Pro最大の特長は、なんといってもトリプルカメラ

つい最近「デュアルレンズとかすごいなぁ」と言っていたような気がするのですが…

Mate 20 Proはアウトカメラに3個のレンズが搭載されています(Leicaトリプルカメラ)。

それぞれのレンズには役割があって、

  • レンズ1:広角、4000万画素
  • レンズ2:超広角、2000万画素
  • レンズ3:望遠、800万画素

と、機能が異なる3種類のレンズで構成されています。

この3つレンズとAIエンジンを駆使して1枚の写真を作り出します。

一見何気ない映像に見えますが、被写体(モデル)にピントを合わせつつも外の景色の遠近感がはっきり感じられる仕上がりになっている点は注目です。

3つのカメラフラッシュ部を組み合わせて「4ポイントデザイン」と呼んでいるようです。

カメラは縦に3つ…ではなく、三角形を構成するような配置になっています。四隅の残る1つはフラッシュ部になっています。

「Leica」は「ライカ」と発音します。
ライカはドイツの超高級カメラ会社で、創業100年を超える老舗カメラメーカーですよ。

もはや電話機についたカメラとしては超越したカメラスペックだね

ほかMate 20 Proの特徴

もちろんトリプルカメラだけがウリではありません。Mate 20 Proの特長は他にもいろいろあります。

Mate 20 Proがもつスペックと一部問題点を合わせて紹介します。

最高クラスの性能を持つ新型CPU「HUAWEI Kirin 980」(Hisilicon社製)を搭載

先日発売されたHUAWEIのミドルレンジスマホ「nova 3」は、去年までKirinの中で最高のCPUとして扱われていたKirin 970が搭載されています。

そして、フラグシップモデルであるMate 20 Proには、最新のCPUとなる「Kirin 980」が搭載されました。

総合的な性能としては、前作のKirin 970を大幅に上回るスペックをベンチマークテストで叩き出しており、他社のハイエンドモデルに匹敵するレベルのスペックを持っているとされています。

外形いっぱいに映し出される6.39インチ大型スクリーン

Mate 20 Proのディスプレイは、正面いっぱいに映像が映しだされるオールスクリーンディスプレイとなっています。

3120×1440(アスペクト比は 19.5:9)の映画館のスクリーンのようなワイドなディスプレイです。

このサイズの動画を撮ることもできるため(AIシネマモード)、ちょっと映画チックな動画もカンタンに作成できそうですね。

カメラのところ(ノッチ)以外表面全部ディスプレイになってて、ムダが一切ないね。

4200mAhの大型バッテリー搭載

大型ディスプレイの電力消費を支えるために、Mate 20 Proでは4200mAhの大型バッテリーを搭載しています。

また、AI技術を駆使した効率の良い電力管理を行ってくれます。

AIはなんでもやってくれるね。

30分で70%まで充電できる急速充電

大型バッテリーとなると充電に時間がかかりそう……と思いますよね。

でもMate 20 Proは本体付属品の「40 W HUAWEI SuperCharger」を使えば、わずか30分で最大70%(約3000mAh)まで充電することができます。

ワイヤレス充電可能。台の上に置くだけで充電+「逆充電機能」も搭載

Mate 20 Proは、従来のスマホのように端末に充電器を挿して充電する必要がなく、Qi規格に対応した充電器の上に置く(近づける)だけで充電が可能になっています。

また、Mate 20 Pro自体がQi充電器としての機能を持っているため、他のワイヤレス充電対応端末に電力を与える逆充電機能が搭載されています。

逆充電機能は、自身が持っている全く別のQi充電対応機器に対して充電できたりと、用途はいろいろありそうですね!

これからは「電力貸して~」っていう時代になるのかな

指紋認証がディスプレイ上で行える、謎の技術(?)搭載

基本的に、指紋認証は指紋認証用のデバイス上に指をのせて認証するのが当たり前でした。

でした」と書きましたが、今後もしばらくはそれが主流だと思います。

Mate 20 Proは、なんとディスプレイ上に指を置いて指紋を認証させることができます(ダイナミック・プレッシャー・センシング技術)。

これによって、より安全かつ迅速なロック解除が可能になるため、セキュリティ面強化につながりそうです。

水深1.5mの水中に30分漬けても耐えられる防水性能&防塵性能も最高クラス

Mate 20 Proは防水規格であるIPX8に対応しています。

HUAWEIはIPX8規格を満たすための実験として、「水深1.5m地点に30分水没させても問題なく使えた」という旨の発表を公式サイトで行っています。

相当水に強いスマホといえますね。

また、防塵規格であるIP6X(最高等級)も満たしているため、海へ山へといろいろなところに持っていっても問題なく機能してくれそうですね。

microSDに非対応ながら、nano-SIMサイズのメモリ「HUAWEI NMカード」が使用可能

ここまで欠点らしい欠点が見つからなかったMate 20 Proですが、気になる点を挙げるとすると、microSD非対応というところかもしれません。

というのも、microSDを挿入するスロットがありません

そのかわり、世界初(HUAWEI談)のnano-SIMサイズのメモリーカードとなるHUAWEI NMカードに対応しています。

役割としてはmicroSDと変わらないため、内部のファイルを外に移したいという場合は、このNMカードを使用することになりそうです。

2枚目SIMカードとNMカードスロットは排他仕様

nano-SIMと同じサイズ……というところでピンと来た方もいらっしゃるかもしれません。

Mate 20 ProはデュアルSIM対応スマホですが、NMカードのスロットとSIMカードの2枚目スロットが共有になっているため、NMカードとSIMカード(2枚目)は排他仕様になっています。

NMカードを使用するならSIMカードは1枚しか使用できません。

au VoLTEは非対応(のちのち対応予定)

※HUAWEI公式サイトより

Mate 20 Proは、発売時点ではau VoLTE非対応となっているため、au回線の格安SIM業者で使用することは現状できません(通話ができない)。

HUAWEI公式サイトによると、ソフトウェア更新によってau VoLTE対応予定としているため、後々利用可能になりそうです(時期は不明)。

au回線の格安SIM会社でMate 20 Proを使うなら、誰かが「使えるようになった」って発表するまで待ったほうが良さそうですね。

Mate 20 Pro総評

Mate 20 Proは、今できる限りの技術のすべてを結集させた、史上最強クラスの全機能乗せスマホといった印象です。

もういちゃもんをつけるとしたら「高い!」くらいでしょうか(笑)。あとはau VoLTE(発売時点)未対応くらいですね。

とりあえずLeicaトリプルカメラは一度体感してみたいですね。

例えるなら、「大ブタダブルヤサイアブラカラメマシマシニンニクチョモランマ」という感じかな?

※参考:ラーメン二郎 呪文(Google検索結果)

チョモランマは対応してない店が多いらしいよ?

Mate 20 Proを安く手に入れる方法

Amazonで買うんでしょ?

それも悪くないですが、もっといい方法があります!

Mate 20 Proは、格安SIM会社でSIMカードとセットで購入できるプランがネットショップよりも安い場合が多く、オススメです。

中には市場価格よりもかなり安い価格で販売している会社もあるので、要注目です!

オススメ格安SIM会社で販売されているMate 20 Proの端末価格(税抜)は以下のとおりです:

Mate 20 Proの販売価格(2019/12/6時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※173,000円
59,000円
IIJmio※298,000円4,100円
mineo 99,600円4,150円
DMMモバイル111,880円5,946円

※1:12/24まで、スマホ端末最安1円、最大25,000円値引きで買えるキャンペーンを実施中。詳しくはコチラ
※2:2020/1/29まで初期費用1円、月額料金6ヶ月間1,000円割引キャンペーン実施中、詳しくはコチラ

注目はOCNモバイルONE、まさかの38,880円OFF!

※引用元:OCNモバイルONE公式サイト

注目はOCNモバイルONEのスマホセットです。

市場想定価格(発売当初価格)111,880円のMate 20 Proを73,000円で購入することができます。

その差はなんと38,880円ということで、大変お買い得です。

これはヤバいな!でもなんかウラはないの?
OCNモバイルONEは「端末を売って儲ける」というより、スマホセットでの契約を機に格安SIM(≒OCNモバイルONE)を体感してもらって、そして気に入って契約を継続してもらうことで「月額料金で売上を図る」という方針のようです(ソース:コチラ)。
なので、端末は激安価格で提供してますが、ウラはないと思っていただいて差し支えありません。
現在OCNモバイルONEではスマホセットの激安セールを実施中です(OCNモバイルONE新コース開始記念大特価セール)。
⇒全対象端末など詳しくはコチラにまとめています。

OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!

実際にスマホセットで買う流れを↓の記事で解説しています。興味のある方は一度チェックしてみてくださいね!

Mate 20 Pro発売からまだ全然時間が経っていませんが、対応している保護フィルムや、ケースといった関連商品は既にたくさん発売されています。

関連商品の中から人気の商品をピックアップしました。

Mate 20 Pro 対応フィルム

Amazon’s Choiceに選ばれていた保護フィルムです(今は別の商品がAmazon’s Choiceです)。
ガラスフィルムですが曲面への対応もされていて、「全面吸着が可能」と豪語しています。
やや取り付けの難易度が高そうですが評価も高く、曲面まで保護をしたい方にはオススメのフィルムです。

Amazonのレビューに一部胡散臭いレビュー(サクラ?)があるけど、それ以上に日本人の実使用者っぽいレビューもあるから、大丈夫そうだね。

※やっぱり、日本語を第一言語としている私達から観たら、外国人が書いた日本語文章って一瞬で分かりますよね……。


Amazon’s Choiceに選ばれている商品です(12月10日時点)。ガラスフィルムでなく柔らかいシート系の商品で、曲面も保護してくれます。
製品説明にはありませんが、使用者より「指紋認証ができる」という評価がなされているので、画面指紋認証を行いたい方向けですね。
まさかの3枚入り&QRコード読み取りで説明動画が見れるなど、いろいろ整っています。

曲面部非対応でよければ、いつもおなじみ(?)のPDA工房さんの保護フィルムがあります。
海外製フィルムが多い中、Made in Japanの製品でもあります。

以上がオススメの保護フィルムですが、ほかにも多数あります。
他の関連商品を探したい方は検索してみてください。

⇒「Mate 20 Pro フィルム」で検索する(Amazon、 Yahooショッピング、 楽天市場

Mate 20 Pro 対応ケース

透明度の高い熱可塑性ポリウレタン(TPU素材)のケースです。
少し分厚目の印象がありますが、その分Mate 20 Proという高級スマホを衝撃から守ってくれそうです。

Mate 20 Proのカラーラインアップにはない明るいカラーのケースです。カラーは全4色です。
まるで金属のような表面光沢が見受けられますが、TPU素材(熱可塑性ポリウレタン)を使用しています。

※画像をクリックするとAmazonの商品リンクに移動します。

イエローブラック
ミントワインレッド

※おわび(12/5):「ピンク」はP20 liteのみ対応でしたので削除しました。お詫びして訂正します。


トリプルカメラの保護を第一に考えるなら手帳型のほうがいいかもしれませんね。
その中でも上の商品は少しお高めですが高級感もあってMate 20 Proに合いそうです。
なお、本革が何の革なのかについては書いてません。

(12/2時点では)まだ評価がないけど、同メーカー(ProCase)が出してる他製品は概ね好評だね。
特にiPhone関連のケースで良い評価を受けてる印象だからそこそこ信頼できるかな。

ほかにも専用ケースは多種あります。関連商品を探したい方は是非検索してみてください。

→「Mate 20 Pro ケース」で検索する(Amazon、 Yahooショッピング、 楽天市場

さいごに

少し前まで「これがフラッグシップモデルだ!」と呼ばれていた端末が、あっという間に過去になるような商品サイクルの速さに驚かされます。

Mate 20 Proは、現状スマートフォンのフラッグシップモデルとしばらく呼ばれ続けると思いますが、1年、2年と経たぬうちにこれを遥かに凌駕するものが出てくるんだろうなと思うと、時代の流れの早さを感じさせられますね。

数年前のミドルレンジクラスのスマホ(SH-M04)をメイン端末として利用している身としては、スマホの凄まじい進化の様子にただただ驚かされる日々です。

これがいわゆる諸行無常というものですか……?^^;

関連記事

OCNモバイルONEのらくらくセット(現スマホセット)に契約してみた一部始終まとめ
スマホセット(旧らくらくセット)で大手キャリアからOCNモバイルONEに乗り換える方法を完全解説。新作スマホを安く手に入れながら格安SIMに乗り換えたい人は必見。

関連外部リンク

※本記事の製品関係の情報・画像はこちらのサイトが引用元です。

より詳細な情報を知りたい方は以下のサイトをご参照ください。

HUAWEI Mate 20 Pro,HUAWEI Kirin 980, Leicaトリプルレンズカメラ, AI | HUAWEI Japan
HUAWEI Mate 20 Proは、HUAWEI Kirin 980, Leicaトリプルレンズカメラ,広角マクロ、AI、約6.39インチ 3120 x 1440 OLEDディスプレイ、4200 mAh大容量バッテリー、3D face unlockを搭載したフラッグシップAndroidスマートフォンです。
Kirin

ホームに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました