BIGLOBEのスマホセットが今なら最大25,000円以上おトクに契約できる!!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

AQUOS sense lite SH-M05のスペックレビュー+専用保護フィルム&ケースまとめ

シャープの人気スマホですよ~!

この記事では、発売から1年以上経った今でも人気を誇るSHARPのSIMフリースマートフォン、AQUOS sense lite SH-M05のスペックレビューと人気関連商品を紹介しています。

基本的なスペックと、後継機で比較対象となりそうなSH-M07(AQUOS sense plus)とSH-M08(AQUOS sense2)との比較を行っていますので、どの製品を買うかの参考になれば幸いです。

また、記事の後半にはSH-M05を安く買う方法も紹介していますので、合わせてチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

SH-M05の基本情報

基本情報

製品名AQUOS sense lite
SH-M05
発売元SHARP
発売日2017年12月頃
市場価格29,800円

エクステリア

※左から順に、ホワイト、ブラック、ゴールド、ターコイズ、ピンク、レッド、ブルーの全7色です。

カラーホワイト
ブラック
ゴールド
ターコイズ※1
ピンク※2
レッド※3
ブルー※4
本体サイズ144×72×8.5mm
重量147g
ディスプレイサイズ5.0インチ(1920×1080 px)
SIMサイズnanoSIM
メモリサイズmicroSD(最大400GB)

※1:mineo限定色
※2:インターネットイニシアティブ(IIJmio)限定色
※3:楽天モバイル限定色
※4:gooSimseller(OCNモバイルONE)限定色

限定色が多いけど、カラー豊富だね!

スペック

OSAndroid 7.1
CPUSnapdragon 430
(1.4GHz×4+1.1GHz×4)
ROM / RAM32GB / 3GB
カメラ画質アウト:1310万画素
イン:500万画素
Wi-FiIEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
バッテリー容量2700mAh
防水(IPX5/IPX8)
防塵(IP6X)
指紋認証
おサイフケータイ
GPSセンサー

ミドルレンジクラスのスマホとして、大きな欠点がないスペックがウリのSH-M05

SH-M05にはQualcomm社のSnapdragon430(MSM8937)が使用されています。特殊な使い方をしない限り安定した処理能力を誇っています。

SH-M05は発売から1年以上経っているということもあって、現状ではミドルレンジの中ではやや下のほうに位置していると言わざるをえません。

しかしながら、一般的な使い方(メール、電話、WEB閲覧など)をする分には申し分ないスペックを持っているといえます。

ROM32GB, RAM3GB、CPUは安定のSnapdragon 430(MSM8937)を採用……と、基本スペックをチェックする限り極端に劣る箇所は見当たりません。

持ちやすい5.0インチサイズのディスプレイは、サイズ巨大化が著しい昨今では貴重な存在……かも?

最近のスマホのディスプレイサイズは、ローエンドモデルですら5.5インチサイズが主流となりつつあります。

ハイエンドモデルになってくると、さらに6.06.3インチ……と巨大化の勢いはとどまることなく進んでいる印象があります。

そんな中、SH-M05は片手で簡単に持てる5.0インチサイズで、幅は144mmとコンパクトなデザインに仕上がっています。

5.0インチに不満はない、むしろ最近大きいのばかりで5インチを探していた……という方には、うってつけの商品と言えるのではないでしょうか?

まあ確かに、スマホゲームとか動画をそれほど見ない人にとっては5インチで十分だもんね。

これよりもう一回り小さいスマホがSH-M06です!スペックはSH-M05よりも遥かに上を行っています!

IGZOディスプレイで電池消費減、2700mAhでも十分なバッテリー容量

そして、SHARPのスマホのウリとして欠かせないのがIGZOディスプレイです。

独自の研究で作られたIGZOは高精細化、低消費電力化、高感度化を実現しています。

消費電力がカットされているので、バッテリー容量は2700mAhとやや少なめに見えますが、1日の通常使用に耐えうるだけの容量を誇っているといえます。

連続待受時間が約540時間となっています(LTE)。
光量MAXで長時間放置みたいなことをしない限り、1日余裕で持ってくれるでしょう!

“IGZO”は、結晶構造に使用している4つの元素(In, Ga, Zn, O)の略らしいよ。

同社新製品と比較してみた

どれが一番いいんだろ……

SH-M05が発売されてから、SHARPは後継機としてSH-M07(AQUOS sense plus), SH-M08(AQUOS sense2)の2機種を製造・販売しています。

現在市場ではこの3機種の他、SH-M06(AQUOS R compact)も含めて4機種のSHARP製スマホが発売されていることになります。

どれを買おうか迷われている方向けに、スペック上で確認できる差分を調べてみました。

対SH-M07:基本的にすべての要素でハイグレード化。より高スペックなものを求めるならSH-M07がオススメ!

SH-M07の全体画像とカラーバリエーション(全3色)です。

一言でいうと、SH-M05から見たSH-M07は大幅アップグレードバージョンともいえる端末に仕上がっています。

OSからバッテリー容量まで基本的なところはすべて上げてきている印象です。

将来的により長く不満なく使いたいとお考えの場合は、SH-M07のほうがオススメできます。

意外にも保存領域(32GB)とメモリ(3GB)は変化なしとなっています。

逆にSH-M05が勝っていると言えそうなのは値段の安さくらいです。SH-M05のほうが、市場価格で8,000円~10,000円程度安く売られています。

SH-M05のスペックに↑で書いたSH-M07で勝っている点を考慮したときに、どっちがお得感があるかで判断するといいと思います。

対SH-M08:大きな変化はディスプレイの巨大化、あとはそれほど目立った変化はなし

SH-M08のホワイトシルバーです。

現状一番新しいSH-M08ですが、SH-M05と比較してスペックはそれほど上がってません

3機種の中で一番ハイスペックなのはSH-M07です。SH-M08はSH-M05のちょっと改良しましたバージョン程度の変化しかありません。

目立った変化といえば、CPUがSnapdragon 430から450にグレードアップしたこと、ディスプレイサイズが5.0インチから5.5インチになったこと、解像度がFHD+(2160×1080、18:9)になったことくらいです。

あと細かな変化ですが、Wi-Fiの5GHz帯に対応したといったところが変更点といった感じです。

逆に変わってないところを挙げると、以下のような点が挙がります。

あと、逆にスペック上落ちてるように見えるのはアウトカメラの画素数で、1310万画素から1200万画素に減少しています。

画素数という点では落ちていますが、SH-M08では今流行り(?)のAIをカメラに導入していたりと、単に画素数だけでは測れないカメラスペックのアップを行っているとみられます。

気にしなくていいレベルの変化は省いています!

一番のポイントはサイズとCPUの性能アップだね。

なお、価格面ではSH-M05のほうが5,000円程度安く販売されています。

SH-M08が発売されて少し経ちましたが、SH-M05は今のところ値崩れしてない印象があります(むしろ値が少しあがってる……?)。

根強い人気があるのかな。

3機種比較結論

安さで選ぶなら!SH-M05

最新性で選ぶなら!SH-M08

スペックで選ぶなら!SH-M07

えらくざっくりした結論だね。

実際こんな感じです!SH-M05は5.0インチという点でも独自性があります!

SH-M05総評

発売から1年経った今でも、ライトユーザーからミドルユーザーまで十分使えるスマートフォンといえる製品です。

特に国産スマホがいいなというあなたにうってつけのスマホだと思います!

ただ、世にSH-M07やSH-M08が出ていることから察するに、もう生産は終わってて在庫もあまりないだろうと考えられます。

新品の購入をご検討の場合は、お店から無くならないようお早めに購入することをオススメします!

たまにAmazonで限定色がバラ売りされていることがあります!
コチラをクリックするとAmazonでのSH-M05本体の検索結果が出てきます。いろいろ内容を確認の上、購入してくださいね。

SH-M05を安く買う方法

現状30,000円前後で売られている感のあるSH-M05ですが、格安SIMとセットで購入するという方法を取るとより安く購入することができます

2019/7/7時点で、人気格安SIM会社で販売されているSH-M05の値段は以下のとおりです。

会社名一括払い最低利用期間
分割(24回)
OCNモバイルONE※114,800円なし
IIJmio※219,800円12ヶ月
850円
mineo24,000円なし
1,000円
BIGLOBEモバイル12ヶ月
1,240円
DMMモバイル27,800円12ヶ月
1,473円※3
楽天モバイル29,800円12ヶ月
1,341円※3

※最低利用期間までに解約すると解約違約金が発生します。違約金の額はキャリアごとで異なります。
※1:MNP転入+対象オプション加入で最大8000円割引キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※2:8/31まで、初期費用1円、月額料金値下げ、MNPでキャッシュバックキャンペーンなど実施中。詳しくはコチラ
※3:税込価格

ついにほぼ全部のお店で販売終了となっています。

唯一楽天モバイルだけ販売中です。

楽天モバイルで買うか、街のお店で買うか、ネットで買うかだね。

SH-M05の関連商品

SH-M05に対応している保護フィルムや、ケースといった関連商品の中から人気の商品をピックアップしました。

SH-M05 対応フィルム

2019/1/7時点でAmazon’s Choiceに選ばれている商品です。
2枚入りで、貼った後に気泡が抜ける仕様になっています。
レビュアーの評価も高めです!

安さで選ぶならこの商品です!ただ1枚入りとなっています。
Amazonでは200件近いレビューがついていて平均点3.8(1/7時点)とかなりの高評価の印象です。
2枚入りも売られていて、値段は1枚入りの1.5倍くらいで買えますよ!(Amazonリンク

以上がオススメの保護フィルムですが、ほかにも多種あります。他の関連商品を探したい方は検索してみてくださいね。

⇒「SH-M05 フィルム」で検索する(Amazon、 Yahooショッピング、 楽天市場

SH-M05 対応ケース

2019/1/7時点でAmazon’s Choiceに選ばれているケースです!
クリアカラーになっていて、TPU素材のため柔らかく、滑り落ちる心配がある方にオススメです。
めっちゃ余談ですが、SH-M05を使用している管理人の父がこれを買って使ってます。
見ている感じでは好印象です。

Amazonにしっかり履歴が残ってます^^;


これはシブい!という印象の、オトナな感じの手帳型ケースです!表面の質感がいい感じですね!
カードが数枚入るポケットとお札が入る収納スペースがあります。スタンド機能もついていて便利ですね。
色はブラウンの他にダークブラウンワインレッドがあります!

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象商品ページに移動できます:

ブラウンダークブラウン
ワインレッド

ほかにも専用ケースは多種あります。関連商品を探したい方は是非検索してみてください。

→「SH-M05 ケース」で検索する(Amazon、 Yahooショッピング、 楽天市場

さいごに

私は本記事で紹介したSH-M05の先代機にあたるSH-M04を現在使用しています。個人的には「現状ミドルレンジの下の方」とされるこのSH-M05のスペックでも、十分すぎるスペックだな~と感じます(ライトユーザーなので)。

ただ、ネットの進化の勢いは凄まじいので、今後SH-M05のスペックでのネット使用がどれほど耐えうるかはなかなかイメージできないですね。

とはいえ、普通に考えれば、SH-M05のスペックがあれば2019年も2020年以降も普通に使えると考えています(SH-M04でも現状普通に使えてますからね)。

関連記事

最新モデルのSH-M08のスペックレビュー記事です!

SH-M08はOCNモバイルONEのらくらくセットでの購入が一番安くてオススメです!

関連外部リンク

※本記事の製品関係の情報・画像はこちらのサイトが引用元です。

より詳細な情報を知りたい方は以下のサイトをご参照ください。

主な特長|AQUOS sense lite SH-M05|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ
シャープモバイル製品のオフィシャルサイト。AQUOS sense lite SH-M05の製品紹介ページ。AQUOS sense lite SH-M05の主な特長を紹介。
Snapdragon 430 Mobile Platform | Qualcomm

ホームに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました