最大35,000円OFF!OCNモバイルONEのスマホセットキャンペーンが注目!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

SHARP SH-M10のスペックレビュー+対応保護フィルム&ケース情報まとめ

この記事では、シャープのSIMフリースマートフォンAQUOS zero SH-M10のスペックレビューと人気関連商品(フィルム、ケースなど)を紹介しています。

また、記事の後半にはSH-M10を安く買う方法も紹介していますので、合わせてチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

SH-M10 の基本情報

基本情報

製品名 AQUOS zero SH-M10
発売元 SHARP
発売日 2019年4月9日
市場価格 99,880円

なかなかリッチなお値段だね。

エクステリア

カラーはアドバンスドブラックの一色のみとなっています。

カラー アドバンスドブラック
本体サイズ 154×73×8.8mm
重量 146g
ディスプレイサイズ 6.2インチ(2992×1440 px)
SIMサイズ nanoSIM
メモリサイズ

スペック

OS Android 9.0
CPU Snapdragon 845
(2.6GHz+1.7GHz)
ROM 128GB
RAM 6GB
カメラ画質 アウト:2,260万画素
イン:800万画素
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量 3,130mAh
顔/指紋認証
Jアラート
おサイフケータイ
近接センサー、光センサー etc.

SHARP SIMフリースマホ史上最強スペック、それがSH-M10

  • ディスプレイ:6.2インチ
    (SHARP過去最高:5.5インチ, SH-M08など)
  • 保存領域(ROM):128GB
    (SHARP過去最高:64GB, SH-M09)
  • メモリ(RAM):6GB
    (SHARP過去最高:4GB, SH-M09)
  • バッテリー容量:3130mAh
    (SHARP過去最高3100mAh, SH-M07)

……と過去のSHARP製品の最高スペックをことごとく上回るスマホ、それがSH-M10です。

国産SIMフリースマホは、海外のハイスペック系スマホに匹敵する商品が少なかったのですが、SH-M10はそれに並ぶスペックを持っているスマホといえます!

SH-M09もなかなかのハイスペックですが、あえてディスプレイサイズを小さくしていたので、その点で物足りなさがあった方もいたと思います。
SH-M10はスマホでは最大クラスの6.2インチとなっています!

CPUもSnapdragonトップクラスモデルを搭載。

SH-M10のCPUには、Qualcomm社が誇るハイスペックCPU、Snapdragon 845が搭載されています。

近いうちに845を上回るスペックを持つSnapdragon 855が搭載されたスマホがリリースされるとされていますが、現行スナップドラゴンCPUとしては最高レベルの処理性能を誇っています。

向こう数年は不満なく使えそうだね!

ほかSH-M10の気になる?ところ列挙

カラーは黒一色のみ

男(?)のブラックのみ(アドバンスドブラック)

基本的に複数色のラインアップがあることが多いスマホですが、SH-M10はアドバンスドブラック一色のみとなっています。

もし「もっと明るいカラーのスマホが欲しい!」という方は、明るいカラーのケースを買うことで対応するのが一番よさそうです。

外部メモリ非対応

今までのSHARP製スマホは最大500GBまでのmicroSDに対応していましたが、SH-M10では外部メモリが非対応になっています。

内部容量だけでも128GB搭載となっているので、よほど長時間動画を保存したりしない限りは容量上の問題はないという判断でしょうか。

内部データをパソコンなどの外に移す際は、WEBサーバーにアップロードするかUSB接続などで移植することになります。

データ転送については公式サイトに詳しく書いてます!

SHARP過去SIMフリースマホとの比較

どれがオススメ?

SH-M10より前に発売されていて、今もなお発売されているSHARPのSIMフリースマホと比較してみました。

比較1:VS AQUOS sense plus SH-M07

AQUOS sense plus SH-M07(左から順にホワイト、ベージュ、ブラック)

AQUOS sense plus SH-M07は、2018年7月に発売されたスマートフォンです。

SH-M09, SH-M10が出るまではシャープのSIMフリースマホで最高スペックのスマホでした。

AQUOS zero SH-M10 AQUOS sense plus SH-M07

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 845

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.2インチ
 解像度:2992×1440

■カメラ解像度
 アウト:22.6M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3130mAh

■市場価格
 99,880円

■OS
 Android 8.0

■CPU
 Snapdragon 630

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラスペック
 アウト:16.4M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3100mAh

■市場価格
 44,800円

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

スペック面では圧倒的にSH-M10が上回っています。

SH-M10は、今までのSHARP製スマホでは取り組んでなかったハイスペックを求めるユーザー向けのスマホと言えます。

SH-M07も決して低スペックというわけではないのですが、SH-M10を前にすると劣って見えます。

とはいえ、特殊な使い方をしない限りはSH-M07も十分すぎるスペックを誇っています。WEB検索、カメラ、SNS、軽めのゲームアプリ(例:ポケモンGO)程度の利用しかしない予定の方は、SH-M07のほうがオススメです。

比較2:VS AQUOS sense2 SH-M08

AQUOS sense2 SH-M08(全4色、左から順にホワイトシルバー、ニュアンスブラック、アッシュイエロー、アーバンブルー)

AQUOS sense2 SH-M08は、2018年12月下旬に発売されたミドルレンジモデルのスマートフォンです。

国産SIMフリースマホの中で取り立て人気のあるスマホです。

AQUOS zero SH-M10 AQUOS sense2 SH-M08

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 845

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.2インチ
 解像度:2992×1440

■カメラ解像度
 アウト:22.6M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3130mAh

■市場価格
 99,880円

■OS
 Android 8.1

■CPU
 Snapdragon 450

■ROM/RAM
 32GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 5.5インチ
 解像度:2160×1080

■カメラスペック
 アウト:12M
 イン:8M

■バッテリー容量
 2700mAh

■市場価格
 37,670円

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

早い話、SH-M10にとってSH-M08は比較対象ではないです。

高くてもスペックを求めるならSH-M10、そこそこのスペックでいいならSH-M08という棲み分けがなされています。

比較3:VS AQUOS R2 compact SH-M09

AQUOS R2 compact SH-M09(ディープホワイト)

SH-M09は、2019年2月21日に発売されたSHARPのコンパクトハイスペックスマホです。

発売当初は「なかなかハイスペックなスマホが出た!」と注目を浴びましたが、SH-M10はそれを凌駕するスペックを誇っていることが分かります。

AQUOS zero SH-M10 AQUOS R2 compact SH-M09

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 845

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.2インチ
 解像度:2992×1440

■カメラ解像度
 アウト:22.6M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3130mAh

■市場価格
 99,880円

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 845

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 5.2インチ
 解像度:2280×1080

■カメラ解像度
 アウト:22.6M
 イン:8M

■バッテリー容量
 2500mAh

■市場価格
 81,880円

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

SH-M09のROM64GBは、発売時点でSHARPのSIMフリースマホ史上最高スペックでした。それをたった2ヶ月弱でSH-M10は上回ったことになります。

その他メモリ容量(RAM)や、バッテリー容量の部門でSH-M10が上回っています。

CPUは同じSnapdragon 845が搭載されているため、SH-M09が特別劣るというわけではないことが伺えます。

値段はSH-M09のほうが2万円ほど安いので、「ディスプレイサイズは小さめがいい(小さめでいい)」という方は、SH-M09のほうがオススメです。

⇒SH-M09のスペック詳細記事はコチラ

他社の競合スマホとの比較

他社のスマホと比べてどう?

SH-M10と比較対象となりそうなスマホのスペックを比較してみました。

SH-M10と同格のスペックを持つスマホでどちらを買おうか迷っている方は是非参考にしてみてください。

比較1:VS Mate 20 Pro(HUAWEI)

Mate 20 Pro(トワイライト)

Mate 20 Proは、2018年12月に発売されたHUAWEIの当時の最高を詰め込んだフラグシップモデルスマホです。

背面カメラを3台搭載など、他にはないカメラへの強いこだわりが感じられるスマートフォンです。

AQUOS zero SH-M10 Mate 20 Pro

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 845

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.2インチ
 解像度:2992×1440

■カメラ解像度
 アウト:22.6M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3130mAh

■市場価格
 99,880円

■OS
 Android 9

■CPU
 HUAWEI Kirin 980

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.39インチ
 解像度:3120×1440

■カメラ解像度
 アウト:40M+20M+8M
 イン:24M

■バッテリー容量
 4200mAh

■市場価格
 111,880円

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

スペックを比較してみると、Mate 20 Proが全体的に圧倒していることが分かります…。

SH-M10で勝ってそうなのは値段だけ(あとはおサイフケータイ搭載の有無とか……)という結果になっています。

CPUのKirin 980とSnapdragon 845は同メーカーではないので明確な優劣はつけにくいのですが、あるツールを使った比較によると、総合的にはKirin980がやや上回っているようです。

とはいえ、各要素の差はそれほどなく、一番明確な差はカメラの数と画素数といえそうです。

バッテリー容量の差は?

バッテリー容量に関しては、多く積まないと電池が持たないからこそ多く積んでいるとも考えられるので、一概に大きいことはいいこととはいえないんですよ。
もちろん大きいことに越したことはないですけどね!

⇒Mate 20 Proのスペック詳細記事はコチラ

比較2:VS ROG Phone(ASUS)

ROG Phone

ROG Phoneは、2018年11月にASUSから発売されたフラグシップモデルスマホです。

高性能が要求されるようなゲームでもサクサク楽しめるゲーミングスマホです。

AQUOS zero SH-M10 ROG Phone

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 845

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.2インチ
 解像度:2992×1440

■カメラ解像度
 アウト:22.6M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3130mAh

■市場価格
 99,880円

■OS
 Android 8.1

■CPU
 Snapdragon 845

■ROM/RAM
 512GB/8GB

■ディスプレイサイズ
 6インチ
 解像度:2160×1080

■カメラ解像度
 アウト:12M+8M
 イン:8M

■バッテリー容量
 4000mAh

■市場価格
 119,500円

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

ROG Phoneで印象的なのは、保存領域(ROM)が512GBも用意されている点です。

いろいろなゲームアプリをインストールしても容量がいっぱいにならないように、通常のスマホよりも何倍もの領域を確保しています。

全体的に見て「こっちが優勢!」といえるだけの差はなく、項目ごとで勝ってたり下回ってたりする印象です。

「ゲームをスマホでいっぱいしたい」という方は迷わずROG Phoneがオススメですが、そうでなければSH-M10のほうが全体的にコスパがいいかなと考えます。

比較3:VS iPhone XR(128GB)(Apple)

iPhone XR

iPhone XRは、Appleより2018年10月26日に発売された最新モデルのスマホです。

AppleはXR同時期に、XS, XS Maxと3種類のスマホを3パターンのスペックに分けて発売されましたが(3型番×3スペック=9種類!)、容量的に同等のXR 128GBと比較します。

ちなみにですが、XR, XS, XS Maxの3台の純粋な比較だと、XRが一番スペック控えめのモデルになっています!
AQUOS zero SH-M10 iPhone XR (128GB)

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 845

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.2インチ
 解像度:2992×1440

■カメラ解像度
 アウト:22.6M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3130mAh

■市場価格
 99,880円

■OS
 iOS 12

■CPU
 Apple A12

■ROM/RAM
 128GB/3GB

■ディスプレイサイズ
 6.1インチ
 解像度:1792×828

■カメラ解像度
 アウト:12M
 イン:7M

■バッテリー容量
 ??? mAh

■市場価格
 90,800円

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

まずCPUがSnapdragonApple Aシリーズで全然毛色が違うのですが、性能測定した結果によるとApple A12のほうが全体的に優れているとのことです。

iPhoneは値段が高いだけでスペックはあまり……と思っていませんでしたか?昔はそうだったのかもしれませんが、それはもう過去の話のようです。

処理性能の核となるCPUで(当時最高スペックだった)Snapdragon 845が敗れているというのは結構印象的です。

その他細かいスペックではSH-M10が上回っています。

 個人的にはiPhone XRのメモリ3GBが結構気になるのですが、それで十分ということなんでしょうね……?
 ROG Phoneなんて8ギガも積んでるのに……^^;

iOSとAndroidでいろいろ違いがあるし、スペックだけでは決められないところがあるよね。

SH-M10総評

国産スマホでハイスペックのスマホが欲しい……と思っていた方に是非オススメの1台です!

SH-M09もハイスペックですが、ディスプレイサイズがSH-M10のほうが1インチ大きいので、「SH-M09はサイズがなぁ……」と思っていた方にはピッタリだと思います。

SH-M10を安く買う方法

Amazonで買うんでしょ?
Amazonで買うよりもっと安く手に入れる方法がありますよ。

発売価格の相場が99,880円のSH-M10ですが、格安SIMとセットで購入するとより安く購入することができます

2019/8/26時点で、オススメ格安SIM会社で販売されているSH-M10の値段は以下のとおりです。

会社名 一括払い 最低利用期間
分割(24回)
OCNモバイルONE 77,800円
44,800円~※1
6ヶ月
IIJmio※2 79,800円
69,800円※3
12ヶ月
3,350円
2,930円※3
mineo 96,000円 なし
4,000円
楽天モバイル 89,980円 12ヶ月
4,049円※4

※最低利用期間までに解約すると解約違約金が発生します。違約金の額はキャリアごとで異なります。
※1:9/4までスマホセットのセールを実施中(人気スマホ夏得祭り)、詳しくはコチラ
※2:9/30まで最大10000円分e-GIFTプレゼント+初期費用1円+月額料金値引+通信容量増量キャンペーンを実施中(詳しくはコチラ
※3:9/30までスマホ大幅割引キャンペーン実施中、詳しくはコチラ
※4:税込価格

最安はOCNモバイルONE

引用元:OCNモバイルONE公式サイト

現状最安はOCNモバイルONEスマホセットでの購入です。

99,880円のZenFone Max M2が、約20,000円引きの77,800円で買うことができます!

 現在OCNモバイルONEでは、スマホセット端末が最大35,000円引きの「人気スマホ夏得祭り」を開催中です!

 セール期間は9/4までなのでお買い求めはお早めに!

 詳細はコチラ

OCNモバイルONE/OCN光

 

スマホセットについて詳しく知りたい方は、↓の記事をチェックしてみてくださいね!

分割最安ならIIJmio

※引用元:IIJmio公式サイト

分割(24回払い)で買いたい方は、IIJmioがオススメです。

月々3,350円でSH-M10を持つことができるので、財布への負担も軽くて済みますね。

IIJmio(みおふぉん)

 

SH-M10 の関連商品

SH-M10に対応している保護フィルムや、ケースといった関連商品の中から人気の商品をピックアップしました。

ソフトバンクから先に同じスマホが出てるから、既に関連商品があるみたいだね。

※商品があるにはあるのですが、意外とフィルム系で評価の高い商品が少ない印象です。局面対応が難しいんでしょうね……

SH-M10 保護フィルム

3枚入りでおトクなガラスフィルム(曲面保護なし)

3枚入りなのに1,000円未満(4/14時点, Amazonでの価格)という脅威のコスパを誇るフィルムです!
ガラスではなくTPU素材を使っていますので、やわらかく貼りやすい特徴があります。
曲面部分には対応してないデザインとなっています。

曲面部分まで全面保護するガラスフィルム(元Amazon’s Choice)

4/10時点でAmazon’s Choiceに選ばれている保護フィルムです!
透過率99.9%で、貼ったあとの液晶の見え方に変化がないところが特長です。
使用者(Amazonレビュー)の評価も上々です!

他のSH-M10対応フィルムを探す

他にもあるの?

以上がオススメの保護フィルムですが、ほかにも多種ありますので他の関連商品を探したい方は検索してみてください。

SH-M10 フィルム」で検索
Amazon
Yahooショッピング
楽天市場

AQUOS zero フィルム」で検索
Amazon
Yahooショッピング
楽天市場

SH-M10 対応ケース

シンプルなTPU素材のソフトクリアケース

 TPU素材を使ったクリアなソフトケースです。
 シンプルなデザインで特に主張するところがないぶん、SH-M10のデザインが引き立ちます!
 値段もお安めなので、本命のケースを見つけるまでの予備として買うのにもオススメできます!

TPU素材とポリカーボネート樹脂を使用した強度強化版ケース

4/14時点でAmazon’s Choiceに選ばれている人気のクリアケースです!
背面はポリカーボネート樹脂、側面はTPU素材を使用するハイブリッド仕様で、背面は高透明度化、側面は耐衝撃性を強化しています!
それでいて重量20gなので、SH-M10のウリの1つである軽さを損なわないのがいいですね。

フィルム付きで高コスパな、やや固めのソフトクリアケース

ソフトケースをコスパで選ぶならこの商品がオススメです!
TPU素材を使っているので薄くて軽いケースに仕上がっていて、保護フィルムもおまけで付いてきます。
これで869円はお買い得です!(Amazon, 4/14時点)

牛皮を使用した本格的な手帳型ケース

高級牛革を使用したまさに高級なケースです。4/10時点でAmazon’s Choiceに選ばれている人気商品です!
参考価格が15,000円を超えているのですが、4/10時点で3,580円で売られています!(レトロブラウン)
カラーは全部で3色あります。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

レトロブラウン ブラック
レッド

花柄デザインがおしゃれなポリウレタンレザーの手帳型ケース(全5色)

こちらのケースもAmazon’s Choiceに選ばれている人気の手帳型ケースです!
オシャレなデザインの外側の素材はポリウレタンレザーなので、丈夫で触り心地もいいです。
ケースの内側には、ありそうであまりないが付いていてちょっとした身だしなみのチェックにも便利です!
カラーはネイビーの他に全5色あります。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ネイビー レッド
ブラウン ベージュ
キャラメル

他のSH-M10専用ケースを調べる

他にもあるんでしょ?

ほかにも専用ケースは多種あります。関連商品を探したい方は是非検索してみてください。

SH-M10 ケース」で検索:
Amazon
Yahooショッピング
楽天市場

AQUOS zero ケース」で検索:
Amazon
Yahooショッピング
楽天市場

さいごに

国産SIMフリースマホもハイスペックモデルが連発して出てきましたね。

……と言っても、国内会社でSIMフリースマホを定期的に出しているのは実質SHARPだけなので、国産SIMフリースマホ≒SHARPというところは否めませんが……^^;

他社もSIMフリーモデルをどんどん出してほしいなと思います。

関連記事

2月に発売されたSH-M09のスペックレビュー記事です!

それほどハイスペックを求めてない方は、SH-M08をオススメします!

関連外部リンク

※本記事の製品関係の情報・画像はこちらのサイトが引用元です。

より詳細な情報を知りたい方は以下のサイトをご参照ください。

AQUOS zero SH-M10 SIMフリーの特長|AQUOS:シャープ
AQUOS zero(アクオス ゼロ)SH-M10の製品紹介ページ。SIMフリー(MVNO向け)向けのAQUOS zeroの主な特長や機能を紹介。シャープモバイル製品のオフィシャルサイト。
Snapdragon 845 Mobile Platform | Qualcomm

コメント

タイトルとURLをコピーしました