新品で1円のスマホも!OCNモバイルONEのスマホセットキャンペーンが注目!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

HUAWEI nova 3のスペックレビュー+保護フィルム&ケース情報まとめ

HUAWEIのnovaシリーズ最新スマホが出ましたよ~!

このページでは、HUAWEIから2018年10月に日本国内向けに発売されたSIMフリースマホ、nova 3のスペックレビューと、nova 3専用保護シート、専用ケースの紹介を行っています(関連商品の紹介はコチラから移動できます)。

nova liteシリーズと比較するとスペック面は非常に強化されており、価格帯もミドルレンジ(中級)とハイエンド(高級)の中間あたりという印象です。

記事の中盤には、このnova 3を安く買う方法についても紹介していますので、是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

HUAWEI nova 3 の基本情報

基本情報

製品名nova 3
発売元HUAWEI
発売日2018年10月頃
市場価格54,800円

エクステリア

カラーアイリスパープル(
ブラック(●)
レッド(
本体サイズ157×73.7×7.3mm
重量166g
ディスプレイサイズ6.3インチ(2340×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2(デュアルSIM)
メモリサイズmicroSD(最大256GB)

左から順に、ブラック、アイリスパープル、レッド、表側

アイリスパープル」は単色でなく多色構成で明るめの印象です。

レッドはOCNモバイルONE限定カラーとなっているため、HUAWEI JAPAN公式サイトにもレッドの表記はありません。

スペック

OSAndroid 8.1
CPUKirin 970
(2.36GHz×4+1.8GHz×4)
ROM / RAM128GB / 4GB
カメラ画質アウト:1600万+2400万画素
イン:2400万+200万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量3,750mAh
指紋認証
コンパス、環境光センサー、加速度センサー、近接センサー、ジャイロセンサー

nova 3 最大のウリは高性能CPUを駆使したAI機能とカメラスペック

nova 3に搭載するCPUはHUAWEIの関連企業、HiSiliconが開発するKirin970というCPUです。

このCPUは、昨年末に発売されたHUAWEIのフラッグシップモデルスマホ「Mate 10 Pro」に搭載されたものと同じものを使用しています。

1年足らずで最高モデルに使っていたCPUをミドルレンジモデルのCPUに搭載するというスピード感は恐れ入ります。

と同時に、ミドルレンジモデルの価格帯でありながら業界トップクラスの性能を持つCPUを搭載しているということで、nova 3は大いに注目の商品といえます。

高スペックCPUが実現する自動撮影設定機能

nova 3は高性能CPUを駆使したAI機能によって、シーンの識別やCG合成(3D Qmoji)、被写体の自動認識を行います。

これによって、ベストな撮影方法を自動設定してくれるため、誰でも気兼ねなくプロのような写真が撮れるようになります。

3D Qmojiで合成できるキャラクター例。

AIが自動認識するシーン、被写体一覧(全22種類)。さすが中国メーカーというべきか、パンダを認識するらしい…

アウトカメラ、インカメラともにデュアルレンズの高性能カメラスマホ

デュアルレンズ(デュアルカメラ)が当たり前となってきた現代ですが、nova 3はアウトカメラだけでなくインカメラまでデュアルレンズという高スペックぶりを発揮しています。

さらに、両側のレンズの最大画素数が驚きの2400万画素です。並のコンパクトデジカメを超えた画素数を誇っています。

景色の撮影から自撮り撮影まで、スマホ界でトップクラスの性能のカメラ機能を持つスマートフォンといえます。

ほかnova 3の特徴

6.3インチの縦長ディスプレイ

見た目でまず印象的なのは6.3インチ、FHD+(2340×1080ピクセル)のスマホ規格では大きめのディスプレイです。

アスペクト比は19.5:9で、フルハイビジョンの16:9と比べると縦長という印象です。

厚さ7.3mmは前作nova lite 2を下回る薄さ

スペック上で印象的なのは厚さ7.3mmという本体の薄さです。

高さと幅が広い分水平方向の体積が増えるとはいえ、この薄さの中に収めるのはなかなか大変だっただろうなと感じます。

この薄さのおかげで、片手でも容易に持ち運べそうです。

ちなみに、novaシリーズの前作SIMフリースマホ「nova lite 2」は厚さ7.45mmでした。

スペックを大いに上げて薄さまで前作を凌ぐという、nova 3の凄さが際立ちます。

薄いはいえ縦長なため、片手で全部操作しきるのは難しそうです。

ROM128GBのたっぷり容量

「このスマホのROMは16GBかな?32GBかな?」とか言ってた歴史を過去にする、128GBの保存領域をnova 3は持っています。

写真1枚5MBと見積もると、2000枚撮ってやっと10GBです。まだまだ余裕があります。

アプリ分の容量を考慮しても余裕がありますね。

動画を大量に撮りだすと心配になるかもしれませんが、万が一保存容量が一杯になってきたら最大256GBまで対応のmicroSDを使って増強&PCなどのハードディスクに移動すれば問題なさそうです。

バッテリー3750mAhで急速充電も可能

ディスプレイのサイズが大きいため電力消費も大きいと思いますが、それの対応か一般のスマホより多めの3750mAhバッテリーを搭載しています。

付属の充電器を使うと急速充電(9V/2A)ができるため、3750mAhの大容量バッテリーもすばやく充電できます。

一般の充電器(5V/2A)と比較すると、理論上2倍近い充電速度になります。

SIMカード(2枚目)とmicroSDは排他仕様

SIMカードスロットの2枚目がmicroSDと兼用になっています。

そのため、microSDを入れたらDSDSの利用はできなくなり、SIMカードを2枚入れるとmicroSDは使用できない排他仕様になっています。

microSDを常時入れて使いたい場合は、SIMカードの契約は1社に絞る必要がありますね……

au回線ユーザーは要ソフトアップデート

現状発売時点ではauVoLTEに対応しておらず、au回線のSIMカードを利用することができません

ソフトウェアアップデートによって対応予定となっていますが、au回線を利用中のユーザーはその点お気をつけ下さい。

nova 3総評

全体的にカメラ機能に特化したスマホという印象が強いですが、高性能CPUによるスマホ全体の処理速度の高さが期待できます。

ハイエンドに迫るミドルレンジモデルスマホという印象です。

nova 3を安く買う方法は??

nova 3は、格安SIM会社でSIMカードとセットで購入できるプランが徐々に出てきており、中には市場価格よりもかなり安い価格で販売している会社もあります。

オススメ格安SIM会社での端末価格(税抜)は次のとおりになっています:

nova 3の販売価格(2019/12/6時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※134,800円
24,200円~
IIJmio※244,800円1,870円
BIGLOBEモバイル※32,280円
mineo 49,800円2,075円
DMMモバイル54,800円2,912円
楽天モバイル49,800円2,244円

※1:12/24まで、スマホ端末最安1円、最大25,000円値引きで買えるキャンペーンを実施中。詳しくはコチラ
※2:2020/1/29まで初期費用1円、月額料金6ヶ月間1,000円割引キャンペーン実施中、詳しくはコチラ
※3:2020/1/6まで月額料金値引き+端末購入で最大10,000円相当ポイントプレゼント実施中(詳しくはコチラ

もうOCNしかないんだね。でもOCNモバイルONEは激安だね。
現在OCNモバイルONEではスマホセットの激安セールを実施中です(OCNモバイルONE新コース開始記念大特価セール)。
⇒全対象端末など詳しくはコチラにまとめています。

OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!

【注意】同名のロースペック商品とハイスペック商品があります

ネットショップを見ると、nova 3とほとんど同じ名前の製品が売られています。

海外版の「nova 3i」と「nova 3e」は、ともにnova 3と比較して安価ではありますがスペックが落ちています(CPUやカメラ画素数、ROM容量など)。

逆に同名で型番違いのnova 3(PAR-LX9)は、RAMが6GBと日本版nova 3と比べてスペックがアップしており、値段もさらに高くなっています。

これらの海外製品は、国内のネットワークプロバイダとの接続の確認もされていないため、ご購入の際はご注意ください。

各リンクは全てAmazonへのリンクとなっています。ご購入の際は使えるかどうかの確認を気をつけてくださいね。

対応バンドを見る限り、nova 3iはdocomo, auは怪しいですね。SoftBankはいけるかもという印象です。
ということで、日本向け製品でないのでリスクを考えたら、海外向けnova 3はやめておいたほうが良さそうです。

nova 3に対応している保護フィルムや、ケースといった関連商品の中から、人気の商品をピックアップしました。

nova 3 対応フィルム

2019/3/8時点でAmazon’s Choiceに選ばれている人気の専用ガラスフィルムです!。
透過率が99%以上と高く、まるでフィルムを貼ってないかのような見栄えがウリです。
2枚入りなので予備として1枚持てますし、失敗してももう一回貼れるのもいいですね!

こちらも同じく2枚入りのガラスフィルムです!
薄さ0.3mm、ラウンドエッジ加工でケースと干渉しないデザインがポイントです。

以上がオススメの保護フィルムですが、ほかにも多種ありますので他の関連商品を探したい方は検索してみてください。

⇒「nova3 フィルム」で検索する(Amazon、 Yahooショッピング、 楽天市場

nova 3 対応ケース

TPU素材を使用した透明のソフトケースです。
値段が安めなので、クリアケースをお求めの方だけでなく、気に入ったケースが見つかるまで用として買うのもありだと思います!

2019/3/8時点でAmazon’s Choiceに選ばれている人気のケースです!
ポリカーボネート(PC)樹脂を使用しているので軽く、nova 3のスタイリッシュさを損なわないデザインに仕上がっています。レビュー評価も高評価です!
カラーはゴールドブラックブルーレッドの4色です。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ゴールドブラック
ブルーレッド

ゴールドは、どちらかというとピンクっぽくも見えるね。

こちらも3/8時点でAmazon’s Choiceに選ばれている人気ケースです!
背面がガラスで側面がTPU素材という一風変わったケースですが、ガラスが高級感をかもし出していますね!
nova 3に対応しているカラーはホワイトのほか、ブラックブルーレッドローズゴールドの5色です。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ブラックブルー
レッドローズゴールド

まさかの牛革を使用した超本格的手帳型ケースです!ブラックは3/8時点でAmazon’s Choiceに選ばれています!
見た目だけじゃなく、カードスロットやスタンド機能も付いている、機能的な逸品です。
nova 3に対応しているカラーはブラックの他に、ダークブラウンライトブラウンレッドの計4色です。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ダークブラウンブラック
ライトブラウンレッド

ほかにも専用ケースは多種あります。関連商品を探したい方は是非検索してみてください。

→「nova3 ケース」で検索する(Amazon、 Yahooショッピング、 楽天市場

さいごに

最近のスマートフォンの方向性は「高性能カメラ機能を持った電話機」というよりも、「電話機能を持った高性能カメラ」というくらいカメラに力を入れているメーカーが多いと感じます。

特に、「両面に2000万画素以上のレンズ+デュアルレンズ」という製品を世に出すHUAWEIのスマートフォンは、その先端を行っているなと感じさせられます。

関連記事

novaシリーズ後継機となるnova lite 3のスペックレビュー記事です!

関連外部リンク

※本記事の製品関係の情報・画像はこちらのサイトが引用元です。

より詳細な情報を知りたい方は以下のサイトをご参照ください。

HUAWEI nova 3 スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI JAPAN
HUAWEI nova 3は、AIチップセット機能とHDR Proテクノロジーを有する、4つのレンズを搭載したパワフルなスマートフォンで、素晴らしい写真を撮影できます。
Kirin

ホームに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました