ASUSのZenFone 7シリーズがOCNモバイルONEで最大30,000円以上おトクに買える!!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

Xiaomi (シャオミ) Redmi Note 9Sのスペックレビュー+スマホ比較&最安値情報まとめ

シャオミが日本向けSIMフリースマホを2台同時発売です!

この記事では、中国スマホメーカーXiaomi(シャオミ)のSIMフリースマホ、Redmi Note 9S

  • 基本スペック
  • 特徴
  • 競合スマホとの比較
  • 関連商品(フィルム、ケースなど)

を紹介しています。

また、記事の後半にはRedmi Note 9Sを安く買う方法も紹介していますので、まだ買おうかお悩み中の方は合わせてチェックしてみてくださいね。

関連商品をお探しの方は、コチラをクリックorタップすると対象箇所までジャンプできます。

スポンサーリンク

Redmi Note 9S の基本スペック情報

Redmi Note 9S(グレイシャーホワイト、インターステラーグレー、オーロラブルー、ディスプレイ正面)

製品名Redmi Note 9S
発売元Xiaomi
発売日2020年6月9日
市場価格64GB/4GB:24,800円
128GB/6GB:29,800円
カラーオーロラブルー(
グレイシャーホワイト(
インターステラーグレー(
本体サイズ165.75×76.68×8.8mm
重量209g
ディスプレイサイズ6.67インチ
(2400×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2
(DSDV)
外部メモリサイズ512GB
(microSDXC)
OSMIUI
(Android 10ベース)
CPUSnapdragon 720G
ROM / RAM64GB / 4GB
128GB / 6GB
カメラ画質■アウト:クアッドカメラ
 4800万画素(メイン)
 800万画素(超広角)
 500万画素(マクロ)
 200万画素(深度)
■イン:1600万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量5020mAh
対応バンド■3G
B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
■4G
B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
USB Type-C
指紋/顔認証
GPS
近接センサー etc.

Redmi Note 9S(配置図)


Redmi Note 9Sは、中国スマホメーカーの1つ、Xiaomiが発売したSIMフリースマホです。

市場想定価格24,800円でありながら背面カメラが4つという豪華なカメラ仕様が最大の特長です。

同時期に発売されたMi Note 10 Lite(39,800円~)と比べても基本スペックにそれほど遜色がなく、ミドルレンジのスマホの中では上位のCPU・Snapdragon 720Gを搭載しており、日常的な使い方では不満なく使いこなせるスペックといえます。

むしろ、ディスプレイサイズ6.67インチはMi Note 10 Liteを超えており、これだけのスマホが2万円台で売れるというのは異常なコストパフォーマンスに思えます。

Redmi Note 9Sの特徴まとめ|とにかく「神コスパ」の一言に尽きる

Redmi Note 9S(オーロラブルー)

Redmi Note 9Sってどんな感じ?

Redmi Note 9Sの特徴を簡単にまとめました!

Redmi Note 9Sの特徴として、

  • 基本スペック
  • カメラスペック
  • 注意点

を紹介します。

4万円クラスでもおかしくないスペックが、まさかの2万円台の超高コスパスマホ

Redmi Note 9S(ディスプレイ正面、グレイシャーホワイト)。正面のディスプレイ占有率の高さ(91%)が印象的

Redmi Note 9Sは、ROM/RAM容量で2種類のグレードに分かれています:

  • 64GB/4GB版(廉価モデル):24,800円
  • 128GB/6GB版(高機能モデル):29,800円

安いモデルだと24,800円で買えるこのRedmi Note 9Sですが、このコストパフォーマンス性が異常です。

★Redmi Note 9Sのコスパ異常性まとめ

  • ハイエンド下位モデルと言えるCPU、Snapdragon 720Gを搭載
    ⇒この時点で常識的に考えて4万~5万円台でもおかしくない
  • ディスプレイサイズが6.67インチとスマホ最大級クラス
    ⇒もちろんフルハイビジョン+解像度(2400×1080 px)
  • バッテリー容量5000mAhオーバー
    ⇒「バッテリーがウリ」といえるクラス
  • 外部メモリ対応
    ⇒同時発売の「Mi Note 10 Lite」は非対応
  • DSDV対応
    ⇒トリプルスロットの非排他仕様
  • 背面4カメラ搭載
    ⇒このあと紹介

改めて特徴を箇条書きしてみましたが、

「このスマホ、5万円です」

と言われても「まぁそうだろうな」っていうくらいのスペックに感じます。

実は料金設定ミスしてて「39800円に修正します」とかないですよね?^^;

2020年が終わってみたら、「Redmi Note 9S圧勝でしたね」ってなってても不思議じゃない気がします!

スペックに対するコスト「だけ」で選ぶなら、しばらくRedmi Note 9Sが最強と言われ続けそうですね…。

2万円台で背面4カメラ!上位モデルに引けをとらない規格仕様

Redmi Note 9Sの背面カメラ配置。Mi Note 10 Liteとは違って2×2の正方形配列となっている。

Redmi Note 9Sの高コスパに拍車をかけているのが、背面4カメラのクアッドカメラ仕様です。

  • 超高解像度カメラ(メイン):4800万画素
  • 超広角カメラ:800万画素
  • マクロカメラ:500万画素
  • 深度カメラ(センサー):200万画素

そもそもメインカメラ4800万画素という時点で相当お高そうな気がしてきますが、さらにカメラが3個付いています。

この4台のカメラをAIが匠に操り、最高の1枚を撮影してくれます。

カメラスペック的に上位モデルといえるMi Note 10 Liteと比べても、動画の最高画質・スローモーション撮影の最高フレームレートに差がなく、4K画質撮影も可能です。

動画のフレームレートと撮影可能解像度 一覧

30fps2160P(4K), 1080P(FHD), 720p(HD)
60fps1080P
120fps1080P, 720P
240fps1080P, 720P
960fps720P

Redmi Note 9Sの注意点は?

弱点とかないの?

Redmi Note 9Sの気になる点を挙げると、以下の2点が浮かびます:

  • 独自UI(MIUI)
  • 重い(物理)

独自UI(MIUI)を採用

Redmi Note 9S は、Android 10をベースとしたシャオミ社独自のOS、MIUI(11)を開発・採用しています。

Androidユーザーであれば基本的な操作感は変わらないものの、最初は「あれ?」と戸惑うこともあるかもしれません。

とはいえ、独自OSはより使いやすくすることを目的に開発しているので(…のハズ)、使い始めるとすぐ違和感はなくなるものと考えられます。

独自UIとなると、使い勝手以外にもいろいろ気になるところはありますね。プライバシーとか……あまり気にすることではないかもしれませんが…

重い(物理)

公式サイトより引用。バッテリー容量がウリのZenFone Max Proシリーズ(ASUS)やmoto g powerシリーズ(Motorola)の5000mAhに匹敵するバッテリーを搭載。

5020mAhという大容量バッテリーの影響か、重量が209gと貫禄の200g超えとなっています(Mi Note 10 Liteより5g重い!)。

慣れてる人なら問題ないですが、今までこのクラスの重さのスマホを持ったこと無い方は、手にとった瞬間驚くことになると予想できます。

片手持ち操作が多い方は一応要注意です。

まぁこれは仕方ないかな…?

Redmi Note 9Sの競合スマホ比較

他のスマホと比べてどう?

Redmi Note 9Sの2モデルの比較と、同じタイミングで発売されたシャオミ製スマホ

  • Mi Note 10 Lite

割と直近に発売された競合他社のSIMフリースマホ

  • nova lite 3+ (HUAWEI)

の計3台を比較してみました。

Redmi Note 9Sの廉価版と高機能版を比較

まずは、定価24,800円の廉価版29,800円の高機能版で何が違うかを改めて確認します。

Redmi Note 9S (64GB/4GB)Redmi Note 9S (128GB/6GB)

■OS
 MIUI 11

■CPU
 Snapdragon 720G

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 6.67インチ
 解像度:2400×1080

■カメラ解像度
 アウト:48M+8M+5M+2M
 イン:16M

■バッテリー容量
 5020mAh

■市場想定価格
 24,800円

■強み
 価格

■OS
 MIUI 11

■CPU
 Snapdragon 720G

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.67インチ
 解像度:2400×1080

■カメラ解像度
 アウト:48M+8M+5M+2M
 イン:16M

■バッテリー容量
 5020mAh

■市場想定価格
 29,800円

■強み
 ROM容量
 RAM容量

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

★5000円の差は?

ROM/RAM容量の差

5,000円の価格差は、ズバリ保存容量とメモリ容量の違いとなっています。

5,000円で容量が倍(+64GB)、メモリ容量が1.5倍(+2GB)になると考えたら、5,000円追加して高機能版を買うのは大いにありだと考えます。

ちなみに、Mi Note 10 Liteも廉価版と高機能版で5,000円の開きがありましたが、コチラは容量の違いだけです(ROM64GB→128GB)。

それも考えるとRedmi Note 9Sの高機能版のコスパはさらに増していると感じます。

最強コスパスマホはRedmi Note 9Sの高機能版だね!「安さ」に重点を置くなら廉価版も最強クラスだけど!

V.S. Mi Note 10 Lite|コスパはRedmi Note 9S圧勝、カメラ重視ならMi Note 10 Lite

Xiaomi Mi Note 10 Lite(ミッドナイトブラック、グレイシャーホワイト、ネビュラパープル、ディスプレイ正面) ※ミッドナイトブラックは日本向けでは非発売

Mi Note 10 Liteは、Redmi Note 9Sと同じ2020年6月9日に発売されたシャオミ製SIMフリースマホです。

メインカメラが6400万画素というところや価格面から、ややMi Note 10 Liteのほうが上位グレードに位置づけられている印象です。

2台の廉価版同士を比較してみました。

Redmi Note 9S (64GB/4GB)Mi Note 10 Lite (64GB/6GB)

■OS
 MIUI 11

■CPU
 Snapdragon 720G

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 6.67インチ
 解像度:2400×1080

■カメラ解像度
 アウト:48M+8M+5M+2M
 イン:16M

■バッテリー容量
 5020mAh

■市場想定価格
 24,800円

■強み
 価格
 ディスプレイサイズ
 外部メモリ対応(512GBまで)

■OS
 MIUI 11

■CPU
 Snapdragon 730G

■ROM/RAM
 64GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.47インチ
 解像度:2340×1080

■カメラ解像度
 アウト:64M+8M+5M+2M
 イン:16M

■バッテリー容量
 5260mAh

■市場想定価格
 39,800円

■強み
 カメラスペック
 RAM容量
 デザイン(高級感)

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

価格差が1万5000円ついており、金額差がスペック差に見合っているかが争点となりそうです。

メモリ(RAM容量)が+2GB、カメラのスペック(解像度)に少し優位性があるMi Note 10 Liteは、カメラの質撮影画質という点では間違いなく優位性があります。

カメラスペックにこだわるなら、Mi Note 10 Liteのほうが一枚上なのでオススメといえます。

ただ、比較において気をつけたい点がCPU性能です。

同じQualcomm社製のSnapdragonで、720Gと730Gなら730Gのほうが数値的にハイスペックに見えますが、実はベンチマーク結果によると720Gのほうがわずかながら上回っているという事実があります。

スペックに大きく関わる「最大クロック周波数」も720Gのほうが0.1GHz分大きい点からも、このベンチマーク結果は妥当です。

そのため、総合的に考えると約15,000円の差の大半はメモリ容量(RAM)とカメラスペックの差なわけですが、

★Redmi Note 9SがMi Note 10 Liteに勝っている点

  • CPU処理性能
  • ディスプレイサイズ
  • 価格(1.5万円)

という点も加味すると、「Redmi Note 9Sはスペックで劣っているとも言えない」と言えます。

あとはどこを重視するかだね!

V.S. nova lite 3+ (HUAWEI)|コスパ最強と謳われたHUAWEIを凌駕……

HUAWEI nova lite 3+(オーロラブルー)

nova lite 3+は、HUAWEIが2020年5月に発売したSIMフリースマホです。

2019年に発売したnova lite 3の進化版と言えるスマホで、現在HUAWEI社が搭載NGとなっているGoogle系アプリが普通に使える点で注目されています。

値段が一緒になる廉価版とnova lite 3+を比較してみました。

Redmi Note 9S(64GB/4GB)nova lite 3+

■OS
 MIUI 11

■CPU
 Snapdragon 720G

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 6.67インチ
 解像度:2400×1080

■カメラ解像度
 アウト:48M+8M+5M+2M
 イン:16M

■バッテリー容量
 5020mAh

■市場想定価格
 24,800円

■強み
 カメラスペック
 ディスプレイサイズ
 Wi-Fi対応(5GHzも◯)

■OS
 EMUI9.1

■CPU
 Kirin 710

■ROM/RAM
 128GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 6.21インチ
 解像度:2340×1080

■カメラスペック
 アウト:13M+2M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3400mAh

■市場価格
 24,800円

■強み
 ROM容量

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

まず結論から示すと、コスパはRedmi Note 9Sの完全優勢と言えそうです。

★Redmi Note 9Sの優位性

  • CPUスペック
  • ディスプレイサイズ、解像度
  • カメラスペック(イン/アウト)
  • バッテリー容量

ROM容量で勝っているnova lite 3+ですが、外部メモリ追加でどうにでもなるといえます(別途メモリ代はかかりますが…)。

メーカーが異なるCPUですが、Kirin 710はSnapdragon 720Gの下位グレードに匹敵するSnapdragon 710にも大きく後れを取っているため、処理性能という点でもRedmi Note 9S優勢です。

高コスパ機の代表格」という印象だったHUAWEI novaシリーズですが、ここまで凌駕されるとなると、いかにRedmi Note 9Sが異常(なコスパスマホ)かということが分かる気がします。

Redmi Note 9S総評

2020年最高スマホ候補!カメラ撮影もネットも存分に楽しめる高コスパスマホです!

あとは需要に対して生産が間に合うかと、「中国スマホ」に対するイメージアップ次第といえそうです。

コストパフォーマンスという点では間違いなく2020年最高クラスの名は揺るがない逸品です。

Redmi Note 9Sを安く買う方法は?

Amazonで買うんでしょ?

Amazonで買うよりもっと安く手に入れる方法がありますよ。

市場想定価格24,800円~のRedmi Note 9Sですが、格安SIMとセットで購入するとより安く購入することができます

オススメ格安SIM会社で販売されているRedmi Note 9Sの値段は以下のとおりです。

Redmi Note 9S(64GB/4GB)の販売価格(2020/10/23時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※115,200円633円
IIJmio※221,800円925円
BIGLOBEモバイル※3940円
LINEモバイル※422,800円1,030円
mineo

※1:MNP転入+対象オプション加入で最大6000円割引キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※2:8/31まで、初期費用1円、月額料金値下げ、MNPでキャッシュバックキャンペーンなど実施中。詳しくはコチラ
※3:11/3まで月額料金半年間900円OFF&対象端末購入で最大18000Gポイント還元キャンペーン実施中(最大26680円相当おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ
※4:月額基本料最大2ヶ月間無料+LINE Pay or LINEポイント最大5000円分+スマホ値引きキャンペーンを実施中。詳しくはコチラ→LINEモバイルキャンペーンまとめ

OCNモバイルONEをはじめ、販売会社が増えてきました!

一括ならOCNモバイルONEが、分割ならBIGLOBEモバイルもおトクですね……


OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!

ROM128GB/RAM6GB版は?

Redmi Note 9S(128GB/6GB)の販売価格(2020/10/23時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※119,200円800円
IIJmio※2
BIGLOBEモバイル※3
LINEモバイル※4
mineo

※1:MNP転入+対象オプション加入で最大6000円割引キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※2:8/31まで、初期費用1円、月額料金値下げ、MNPでキャッシュバックキャンペーンなど実施中。詳しくはコチラ
※3:11/3まで月額料金半年間900円OFF&対象端末購入で最大18000Gポイント還元キャンペーン実施中(最大26680円相当おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ
※4:月額基本料最大2ヶ月間無料+LINE Pay or LINEポイント最大5000円分+スマホ値引きキャンペーンを実施中。詳しくはコチラ→LINEモバイルキャンペーンまとめ

高機能版の販売も始まりました。現在OCNモバイルONEのみ販売中です!

人気のフィルタとかある?

Redmi Note 9Sに対応している保護フィルムや、ケースといった関連商品の中から人気の商品をピックアップしました。

Redmi Note 9S専用保護フィルム

貼付け作業のためのセット一式が揃った2枚入りガラスフィルム(Amazon’s Choice)

貼り付け前にディスプレイを拭くためのアルコールパッドやクロスなども付属されているガラスフィルムです!
2枚入りなので予備として持っておくことができるのもいいですね!

アンチグレア対応(反射防止)に優れたMade in Japanフィルム(2枚入り)

ライトがフィルムに当たって反射するのが嫌いな人にオススメなアンチグレア対応のガラスフィルムです!
日本製っていうことで品質に期待できる点もいいですね。

クアッドカメラレンズ保護フィルム付きガラスフィルム(計4枚!)

Redmi Note 9s のウリの1つ、背面カメラを保護するガラスフィルムもセットの商品です。
4カメラを衝撃から守りたい方にオススメです!
肝心のディスプレイ側のフィルムも薄型&2.5Dラウンドエッジ加工&強度9Hと基本を抑えています!

その他Redmi Note 9S専用フィルムを探す

他にもあるの?

以上がオススメの保護フィルムですが、ほかにも多数販売されていますので、他のフィルムに興味がある方は↓のボタンから検索してみてください(関連商品の検索結果ページにリンクされています)。

Redmi Note 9S専用保護ケース

リングホルダー(マグネット)付きの透明ソフトケース

オーロラブルーの美しいカラーリングを活かしたい方にオススメのTPU素材使用のソフトケースです。
マグネット機能もついたリングホールダーがついているので、いろんな舞台で活躍できます!

スタイリッシュなPC素材の薄型ケース(Amazon’s Choice)

PC(ポリカーボネート)素材で作られた、薄さと軽さがウリのケースです!
ツルッと手から滑らないためのサンディング加工もされているのが良いですね。
カラーはブラックの他、ゴールド、ブルー、レッドの全4色です!

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ゴールドブラック
ブルーレッド

質感の高い合成皮革素材が印象的な手帳型ケース

PCレザーの質感がオトナな感じの手帳型ケースです。
スタンド機能、カードポケットなど、多機能な点もいいですね!
カラーはブラックの他、ブルー、ローズゴールドの全3色です!

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ブラックブルー
ローズゴールド

その他Redmi Note 9S専用ケースを探す

他にもあるでしょ?

ほかにも専用ケースは多種あります。関連商品を探したい方は↓のボタンから検索してみてください(関連商品の検索結果ページにリンクされています)。

さいごに

今使用中のスマホが壊れたら、間違いなくRedmi Note 9Sに乗り換えたい、というレベルで欲しいスマホです。

あとは耐久性さえ良ければ本当に最強なんですが、こればかりはなんとも言えないですね。

関連記事

同時発売されたMi Note 10 Liteのスペックレビュー記事です!

関連外部リンク

※本記事の製品関係の情報・画像はこちらのサイトが引用元です。

より詳細な情報を知りたい方は以下のサイトをご参照ください。

Xiaomi Japan

コメント

タイトルとURLをコピーしました