期間限定キャンペーン実施中!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

nova lite 3のスペックレビュー+対応フィルム&ケース情報まとめ

1年ぶりにnova liteシリーズの新作が発売です!

この記事では、nova lite 3のスペックレビューと関連商品(保護フィルム、ケースなど)を紹介しています。

調べてみると驚きのコスパを放っているこのnova lite 3。2019年のSIMフリースマホの中でも早くも注目の商品となりそうです。

スポンサーリンク

nova lite 3の基本情報

基本情報

製品名 nova lite 3
発売元 HUAWEI
発売日 2019年2月1日
市場想定価格 26,880円

エクステリア

※左から順にコーラルレッド、オーロラブルー、ミッドナイトブラック

カラー オーロラブルー(
コーラルレッド(
ミッドナイトブラック(
本体サイズ 155.2×73.4×7.95mm
重量 160g
ディスプレイサイズ 6.21インチ
(2340×1080 px)
SIMサイズ nanoSIM×2
メモリサイズ microSD
(最大512GB)

スペック

OS Android 9
CPU Kirin 710
(2.2GHz+1.7GHz)
ROM 32GB
RAM 3GB
カメラ画質 アウト:1300万画素+200万画素
イン:1600万画素
Wi-Fi IEEE802.11
b/g/n
バッテリー容量 3400mAh
指紋認証
コンパス
近接センサー、光センサー、加速度センサー

nova lite 3最大のウリは、6.21インチながら2万円台の低価格に抑えたコストパフォーマンス!

外形いっぱいに広がるディスプレイが印象的です。

近年のスマートフォンはディスプレイサイズの巨大化が進んでいて、ローエンドモデルでも5.5インチサイズが不思議でないという時代になっています。

とはいえ、6インチ超えのスマホとなると基本的にはハイエンドモデルのスマホが多く、高いスマホだと10万超え、安くても4万円台という印象があります。

そんな中、nova lite 326,880円という2万円台のスマホであるにもかかわらず、ディスプレイサイズは驚異の6.21インチとなっています。

前作のnova lite 2の5.65インチと比べても大幅サイズアップとなりました。

解像度は2340×1080のFHD+です!「大きいけど見にくい」という心配はありませんね!

他の6インチ超えスマホと価格を比較してみる

商品名
メーカー
インチ数 市場価格
Pixel 3 XL
(Google)
6.3 119,000円~
Mate 20 Pro
(HUAWEI)
6.39 111,880円
R17 Pro
(OPPO)
6.4 69,880円
ZenFone 5
(ASUS)
6.2 52,800円
nova 3
(HUAWEI)
6.3 42,800円
AX7
(OPPO)
6.2 29,880円
ZenFone Max Pro M1
(ASUS)
6.0 29,800円
nova lite 3
(HUAWEI)
6.21 26,880円

※商品によっては若干変動している可能性もあります。

ディスプレイサイズ6インチを超えているSIMフリースマホの値段を比較してみました(全部海外製ですね)。

6インチ超えのスマホは、その巨大ディスプレイという価値にともなってCPUなどのスペックも高いこともあり、11万超えのPixel 3 XLを筆頭に比較的高めの料金設定になっています。

OPPOのAX7やASUSのZenFone Max Pro(M1)など、税抜価格で3万切りを果たしているスマホも出つつありますが、nova lite 3はその下を行く価格となっていることが分かりますね(26,880円なら、税込でも3万以下!)。

ディスプレイサイズのコスパで選ぶなら、現状nova lite 3が最高!といえそうです。

6.21インチのスマホが3万円で買えて、しかもお釣りが返ってくるのはnova lite 3のコスパのスゴさを表しているね。

ディスプレイだけにとどまらない魅力、Snapdragon 600番台に匹敵するCPU”Kirin 710″搭載!

nova lite 3には、CPUとしてHiSilicon社(HUAWEIの関連会社)のKirin 710が搭載されています。

nova lite 2に搭載されていたKirin 659と比べて性能が大幅に向上しており、ライバル会社であるQualcomm社のSnapdragonだと600番台に匹敵するスペックを持っていることがわかっています。

具体的には、Snapdragon 660には少し劣るもののいい勝負、という性能のようです(より詳しく知りたい方は参考文献を参照してください)。

Snapdragon 660といえば、少なくても2018年だとミドルレンジの上の方、もしくはハイエンドの下のほうという位置づけでした。

このレベルのCPUが搭載されていて2万円台……これは恐るべきコストパフォーマンスといえますね。

画面が大きくて、処理性能も良さげでこの価格はすごいね!

ほかnova lite 3の特徴

ディスプレイやCPU以外でのnova lite 3の特徴をまとめました。

アウトカメラだけでなくインカメラにもAI機能を搭載したカメラ

nova lite 3のアウトカメラは、1300万画素と200万画素の2台で構成のデュアルカメラとなっています。

撮影時にはAIによって環境を認識して、最適な設定を行ってくれます。

また、AI機能はインカメラ側にも搭載されているので、簡単にハイレベルな自撮り写真が撮影できます。

インカメラは1600万画素の1台となっています。

ノッチ嫌いな方もこれなら大丈夫?なしずく型ノッチ

ディスプレイの中に食い込む形でインカメラが搭載されているスマホが最近多いですよね。

この場合、ノッチと呼ばれる黒い領域ができてしまいますが、nova lite 3はこのノッチを最小限にするべく、かつデザインを美しく魅せるしずく型ノッチに仕上がっています。

よく見かけるU字型のノッチと比べると、画面上部をふさぐ面積も小さくて、あまり気にならないレベルのサイズだという印象を受けます。

ノッチが付いている商品は片っ端から購入候補外にしている……という方でも、これなら許容範囲なのではないでしょうか?

商品をスキャンするとショッピングできちゃうAI Visionを搭載

nova lite 3は、GoogleのPixel 3であったGoogleレンズのショッピングの機能に相当するAI Visionが搭載されています。

カメラで商品を撮影するだけで買物ができるなんて、すごい時代ですね。

nova liteシリーズではあまりなかった色鮮やかなカラーを用意(オーロラブルー)

前作のnova lite2では外観カラーは地味なラインアップとなっていましたが、nova lite 3では別シリーズでもあるような鮮やかなカラーのオーロラブルーをラインアップに入れています。

高級感のあるカラーデザインに仕上がってますね。

nova lite 3総評

これだけのスペックが揃っていて30,000円を切る価格……高コスパ端末をお求めの方は間違いなく要チェックなスマホです!

2019年も、HUAWEIはSIMフリースマホ業界の主役の一社として欠かせられないということを象徴するような一品ですね。

nova lite 3を安く買う方法は??

格安SIM会社で買うとおトクですよ!

ネットショップで買うと安く買えることが多いですが、もっと安く手に入れる方法があります。

国内格安SIM会社でnova lite 3とSIMカードをセットで購入すると、単品買いよりも安く買えたりキャンペーン特典がもらえたりできておトクです!

2019年3月18日時点のオススメ格安SIM会社で売られているnova lite 3の端末価格は以下のとおりです。

会社名 価格
(分割:24回)
OCNモバイルONE※1 一括14,800円
分割: -
IIJmio※2 一括22,800円
分割980円
mineo 一括24,000円
分割:1,000円
LINEモバイル 一括26,880円
分割:1,220円
DMMモバイル 一括26,880円
分割:1,429円※3

※1:3/31まで月額料金2年(24ヶ月)間320円引きキャンペーンを実施中(詳しくはコチラ
※2:3/22まで3000円分e-GIFTプレゼント+5/8まで初期費用1円+月額料金値引+通信容量増量キャンペーンを実施中(詳しくはコチラ
※3:税込価格

一番のオススメはOCNモバイルONE

※引用元:OCNモバイルONE公式サイト

最安で買えるのはOCNモバイルONEスマホセットです。

セット価格14,800円は市場価格の半額に近い価格です。

また、オプションの同時加入で最大5,000円引き(→9,800円!)、SIMの月額料金も2年間ずっと320円引き(月額1,280円~)というキャンペーンも実施中なので、一番オススメです!

スマホデビュー、格安SIMデビューに最適だね。

OCNモバイルONE/OCN光

スマホセットでの契約の流れを詳しく知りたい方は、↓のリンクをチェックしてみてくださいね!

分割希望ならオススメはIIJmio

※引用元:IIJmio公式サイト

OCNモバイルONEは一括払いのみなので、「分割で購入したい」という方は、IIJmioがオススメです。

24回払いで月額980円のため、月々の負担も小さく済むのがいいですね。

今なら3,000円分のe-GIFT券プレゼントのキャンペーンも行われているのでお得です(3/22まで、音声SIMのみ)。

さらに、初期費用3,000円が1円、音声SIMの月額料金3ヶ月間1,300円引き(月額300円~)のキャンペーンも実施中です!(5/8まで)

初期費用1円に値下げ、月額料金3ヶ月間割引、e-GIFTのキャンペーンを全部足すと9,899円分おトクに契約できる計算になります!

OCNモバイルONEも安いけど、IIJmioも同じくらいnova lite 3が安く手に入るね。

IIJmio(みおふぉん)

nova lite 3の関連商品

発売からしばらくが経ち、nova lite 3の関連商品も徐々に流通してきました。

ここからは、nova lite 3に対応する保護フィルムとケースの中で人気の商品を紹介します。

nova lite 3 対応フィルム

2枚入りの保護フィルムです。2/15時点でAmazon’s Choiceに選ばれている人気商品です!
フィルムの縁をエッジ加工しているので、フチから壊れにくいのがいいですね!
あと厚さが0.3mmと薄いので、操作に支障をきたしにくい点もプラスです!

こちらも2枚入りのフィルムですが、とにかく安いのがウリです!
2枚入りで590円(2/15時点)は脅威の価格ですね!

以上がオススメの保護フィルムですが、ほかにも多種ありますので他の関連商品を探したい方は検索してみてください。

⇒「nova lite 3 フィルム」で検索する(Amazon、 Yahooショッピング、 楽天市場

nova lite 3 対応ケース

TPU素材で柔らかい透明のソフトケースです。
写真からも伝わってきますが「ぶ厚め」という使用者のレビューが見受けられます。保護の観点では好印象ですね!
かなりお安め(2/15時点:550円)なので、「本命を見つけるまでの予備用」としてもオススメの一品です!

ポリカーボネート(PC)樹脂のケースです。2/15時点でAmazon’s Choiceに選ばれている人気商品です!
nova lite 3のデザイン性を損なわない、薄めのシュッとした感じがいいですね!
カラーはブラックの他に、ゴールドレッドブルーの計4色と豊富です!

ブルーはCoolだね。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ゴールド ブラック
ブルー レッド

2/15時点でAmazon’s Choiceに選ばれている(ブラックのみ)手帳型ケースです。
素材はプラスチック系(PU)のレザーですが、手触りの良さが好評です!
ポロッと落ちなさそうなポケット型のカード収納部が印象的です。
色はブラックの他にブルーローズゴールドの全3色です。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ブラック ブルー
ローズゴールド

ほかにも専用ケースは多種あります。関連商品を探したい方は是非検索してみてください。

⇒「nova lite 3 ケース」で検索する(Amazon、 Yahooショッピング、 楽天市場

さいごに

これから同価格帯のスマホのリリースを予定している各メーカーは、このnova lite 3に対抗できる商品を出さないといけないわけで……

これはなかなか大変な1年になりそうな気がします(他人行儀ですが^^;)。

別のポイントで攻めるか、はたまた価格で勝負するか……どう攻めるかが見ものですね。

関連記事

nova lite 3よりも全体的にスペックが上回っている、シリーズ商品のnova 3のスペックレビューです!

2019年3月にASUSより競合スマホ、ZenFone Max M2 (ZB633KL)が登場しました!

関連外部リンク

※本記事の製品関係の情報・画像はこちらのサイトが引用元です。

より詳細な情報を知りたい方は以下のサイトをご参照ください。

HUAWEI nova lite 3、しずく型ノッチ搭載フルビューディスプレイ、 ダブルレンズAIカメラ、| HUAWEI Japan
HUAWEI nova lite 3 しずく型ノッチ搭載6.21インチフルビューディスプレイ、 セラミック風3Dカーブボディに顔認証機能、1300万画素+200万画素ダブルレンズAIカメラを搭載。チップセットにはHUAWEI Kirin 710と、バッテリー部分には3400mAh大容量バッテリーを搭載。 ユーザーイ...

HUAWEIまとめページへ戻る

SIMフリースマートフォンまとめページへ

コメント