OCNモバイルONEがスマホセットセールを開催中!1円スマホに最大1万5000円OFFのスマホも!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

Xiaomi(シャオミ) Mi Note 10 Liteのスペックレビュー+スマホ比較&最安値情報まとめ

クアッドカメラスマホの新作が出ましたよ~!

この記事では、Xiaomi(シャオミ)のSIMフリースマホ、Mi Note 10 Lite

  • 基本スペック
  • 特徴
  • 競合スマホとの比較

を紹介しています。

また、記事の後半にはMi Note 10 Liteを安く買う方法も紹介していますので、まだ買おうかお悩み中の方は合わせてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

Mi Note 10 Lite の基本スペック情報

Xiaomi Mi Note 10 Lite(ミッドナイトブラック、グレイシャーホワイト、ネビュラパープル、ディスプレイ正面) ※ミッドナイトブラックは日本向けでは非発売

製品名Note 10 Lite
発売元Xiaomi
発売日2020年6月9日
市場価格39,800円(64GB/6GB)
44,800(128GB/6GB)
カラーグレイシャーホワイト(
ネビュラパープル(
本体サイズ157.8×74.2×9.67mm
重量204g
ディスプレイサイズ6.47インチ
(2340×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2
(DSDV)
メモリサイズ
OSMIUI 11
(Android 10)
CPUSnapdragon 730G
ROM / RAM64GB / 6GB
128GB / 6GB
カメラ画質■アウト:クアッドカメラ
 6400万画素(メイン)
 800万画素(超広角)
 500万画素(深度センサー)
 200万画素(マクロ)
■イン:1600万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量5260mAh
対応バンド■3G
B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
■4G
B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
USB Type-C
指紋/顔認証
GPS
近接センサー etc.

Mi Note 10 Lite配置図


Mi Note 10 Liteは、中国スマホメーカーの1つ、Xiaomiが発売したSIMフリースマホです。

背面カメラは6400万画素のメインカメラをはじめとする4つのカメラ構成(クアッドカメラ)で、豪華なカメラスペックを持っているのが特長です。

4K画質のビデオ撮影や、最高960fps(1秒間に960コマ)の超スローモーション映像の撮影も可能になっています。

また基本スペックも、Snapdragon700番台(730G)、保存領域64GB、メモリ6GBとミドルレンジ上位に仕上がっており、日常的な使用で不満に感じることはほぼない出来といえます。

Mi Note 10 Liteの特徴まとめ|平均以上のスペック、そしてカメラが最大の魅力

Mi Note 10 Liteってどんな感じ?

Mi Note 10 Liteの特徴を簡単にまとめました!

Mi Note 10 Liteの特徴として、

  • カメラスペック
  • 基本スペック
  • 注意点

についてまとめました。

最高6400万画素のメインカメラを筆頭に4台のカメラ搭載!

公式サイトより引用。上から順に広角カメラ、深度センサー、メインカメラ、マクロカメラの順に配置。

Mi Note 10 Liteは、4万円を切る価格帯でありながら、背面に4つのカメラを搭載するクアッドカメラ仕様になっています。

AIが4つのカメラを匠に操り、最高の1枚を撮影してくれます。

  • 超高解像度カメラ(メイン):6400万画素
  • 超広角カメラ:800万画素
  • 深度カメラ(センサー):500万画素
  • マクロカメラ:200万画素

静止画像だけでなく、動画撮影ももちろんハイスペックで、4K画質の動画や超スローモーション動画もカンタンに撮影できます。

動画のフレームレートと撮影可能解像度 一覧

30fps2160P(4K), 1080P(FHD), 720p(HD)
60fps1080P
120fps1080P, 720P
240fps1080P, 720P
960fps720P

6400万画素の超高解像度カメラは日本のSony製のようです。さすがSonyですね…

カメラだけじゃない、基本スペックも十分。ハイエンド下位レベル

引用元:Youtubeより、側面が湾曲しているところが特徴的で、高級感あふれる6.47インチフルHD+ディスプレイ

  • CPU:Snapdragon 730G
  • ROM/RAM:64GB/6GB(廉価版)、128GB/6GB(高価版)
  • ディスプレイサイズ:6.47インチ(2340×1080:FHD+)
  • バッテリー容量:5260mAh

カメラに注目が行きがちですが、基本性能も高く、「スマホ」としての機能も十分すぎるくらい備わっています。

ハイエンド上位と比べると流石に劣りますが、Snapdragon 700番台の高スペックCPUにメモリ6GBという構成は、今でもハイエンドモデルの下位レベルと言っても遜色のないスペックです。

ハイエンドカテゴリに入らないとしても、ミドルレンジ最上位というレベルに仕上がっています。

バッテリー容量は5260mAhと、カメラで長時間録画をすることを想定してか、スマホ業界最高クラスの大容量になっています。

これだけのスペック+カメラで39,800円~(64GB/6GBモデル)という価格設定にただただ驚くばかりです。

Mi Note 10 Liteの注意点は?

弱点とかないの?

Mi Note 10 Liteの気になる点を挙げると、以下の3点が浮かびます:

  • 独自UI(MIUI)
  • 外部メモリ(microSD)非対応
  • 重い

独自UI(MIUI)を採用

Mi Note 10 Lite は、Android 10をベースとしたシャオミ社独自のOS、MIUI(11)を開発・採用しています。

Androidユーザーであれば基本的な操作感は変わらないものの、最初は「あれ?」と戸惑うこともあるかもしれません。

とはいえ、独自OSはより使いやすくすることを目的に開発しているので(…のハズ)、使い始めるとすぐ違和感はなくなるものと考えられます。

独自UIとなると、使い勝手以外にもいろいろ気になるところはありますね。プライバシーとか……あまり気にすることではないかもしれませんが…

外部メモリ(microSD)非対応

Mi Note 10はDSDV対応端末ですが、micro SD対応スロットはなく、nano-SIMのみ対応しています(nano-SIM 2枚だけが入るスロット、排他仕様ですらない)。

動画をたくさん撮る方はこまめに別の保存媒体(パソコンなど)に移す必要がありそうです。

4K動画を大量に撮ってたら、さすがにすぐいっぱいになっちゃうかもね。

重い

電池の持ちを重視する5260mAhという大容量のおかげで、重量が204gと貫禄の200g超えとなっています。

慣れてる人なら問題ないですが、今までこのクラスの重さのスマホを持ったこと無い方は、手にとった瞬間驚くことになると予想できます。

片手持ち操作が多い方は一応要注意です。

まぁこれは仕方ないかな…?

Mi Note 10 Liteの競合スマホ比較

他のスマホと比べてどう?

Mi Note 10 Liteと、同時期に発売されたシャオミ製スマホ

  • Redmi Note 9S(64GB/4GB版)

と、先立って発売された同じ名を持つハイグレード版スマホ

  • Mi Note 10

を比較してみました。

まずはMi Note 10 Liteの廉価版と高価版を比較

そもそも定価39,800円の廉価版44,800円の高価版で何が違うかを改めて確認します。

Mi Note 10 Lite (64GB/6GB)Mi Note 10 Lite (128GB/6GB)

■OS
 MIUI 11

■CPU
 Snapdragon 730G

■ROM/RAM
 64GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.47インチ
 解像度:2340×1080

■カメラ解像度
 アウト:64M+8M+5M+2M
 イン:16M

■バッテリー容量
 5260mAh

■市場想定価格
 39,800円

■強み
 安さ

■OS
 MIUI 11

■CPU
 Snapdragon 730G

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.47インチ
 解像度:2340×1080

■カメラ解像度
 アウト:64M+8M+5M+2M
 イン:16M

■バッテリー容量
 5260mAh

■市場想定価格
 44,800円

■強み
 保存領域(ROM容量)

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

★5000円の差は?

保存領域(ROM容量)の差(64GB

5,000円の価格差は、ズバリ保存領域の容量の違いとなっています。

一見高く感じるかもしれませんが、外部メモリ非対応という条件を加味すれば、

「5000円増しで128GBになるなら悪くないかな」

という印象です。

頻繁にデータ整理するという方なら64GBでも問題ないと考えますが、

  • 一定期間外部にデータを取り出さない(取り出せない)環境
  • 写真だけでなく、それなりに動画も撮る(=長期旅行などによく行く)

という方は128GBのほうが無難といえそうです。

V.S. Redmi Note 9S|若干Miのほうが上位、「コスパ」ならRedmi優勢か…?

Redmi Note 9S(グレイシャーホワイト、インターステラーグレー、オーロラブルー、ディスプレイ正面)※インターステラーグレーは日本国内非販売

Redmi Note 9Sは、Mi Note 10 Liteと同じシャオミ製のSIMフリースマホで、発売日も同じ2020年6月9日です。

クアッドカメラ搭載でありながら24,800円で買える、異常ともいえるコストパフォーマンスが魅力のスマホです。

Redmi Note 9Sも2種類のグレードがありますが、比較では下位グレード同士を比較してみました。

Mi Note 10 Lite (64GB/6GB)Mi Note 10 Lite (64GB/4GB)

■OS
 MIUI 11

■CPU
 Snapdragon 730G

■ROM/RAM
 64GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.47インチ
 解像度:2340×1080

■カメラ解像度
 アウト:64M+8M+5M+2M
 イン:16M

■バッテリー容量
 5260mAh

■市場想定価格
 39,800円

■強み
 カメラスペック
 RAM容量
 デザイン(高級感)

■OS
 MIUI 11

■CPU
 Snapdragon 720G

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 6.67インチ
 解像度:2400×1080

■カメラ解像度
 アウト:48M+8M+5M+2M
 イン:16M

■バッテリー容量
 5020mAh

■市場想定価格
 24,800円

■強み
 価格
 ディスプレイサイズ
 外部メモリ対応(512GBまで)

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

基本的にはMi Note 10 Liteのほうが1枚上のスペックとなっていることが確認できます。

ただ、ディスプレイのサイズは地味にRedmi Note 9Sのほうが大きかったりと、一部スペックではRedmiも負けてません。

気になる点として、「Snapdragon 720Gと730Gはどれくらい違うの?」という疑問が浮かびますが……

ベンチマーク結果によると、720Gは730Gに対して劣っているわけではなく、むしろ720Gのほうがスペック面で勝っている箇所もあるとのことです(数値的にはほぼ同等レベル)。

CPU的にほぼ差がないとなると、約15,000円の差の大半はメモリ容量(RAM)とカメラスペックの差と言えそうです。

★どっちがオススメ?

  • カメラ性能重視⇒Mi Note 10 Liteがオススメ!
  • コスパ重視Redmi Note 9Sがオススメ!

余談レベルですが、5Mと2Mのカメラの役割がそれぞれ違います(公式サイトの表記ミスでないならば^^;)。

Mi Note 10 Liteは、5Mが深度センサー、2Mがマクロカメラになっています。

一方、Redmi Note 9Sは、5Mがマクロカメラ、2Mが深度センサーです。

この違いはなんなんでしょうね…?

V.S. Mi Note 10|価格差はカメラの差

Mi Note 10(ミッドナイトブラック、グレイシャーホワイト、オーロラグリーン、ディスプレイ正面)

Mi Note 10は、Mi Note 10 Liteより早めの2019年12月に発売されたシャオミ製SIMフリースマホです。

メインカメラが1億800万画素&背面5カメラでユーザーの度肝を抜いた、まさに「電話ができるカメラ」と言っても差し支えないスマホです。

ROM容量が同じになる高価版とMi Note 10を比較してみました。

Mi Note 10 Lite (128GB/6GB)Mi Note 10

■OS
 MIUI 11

■CPU
 Snapdragon 730G

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.47インチ
 解像度:2340×1080

■カメラ解像度
 アウト:64M+8M+5M+2M
 イン:16M

■バッテリー容量
 5260mAh

■市場想定価格
 44,800円

■強み
 価格

■OS
 MIUI 11

■CPU
 Snapdragon 730G

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.47インチ
 解像度:2340×1080

■カメラ解像度
 アウト:108M+20M+12M+5M+2M
 イン:32M

■バッテリー容量
 5260mAh

■市場想定価格
 52,800円

■強み
 カメラスペック

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

Mi Note 10 Lite(128GB/6GB)とMi Note 10の2台の価格差は8,000円ですが、この2台のスペックの違いはカメラスペックの差として現れています。

★8000円の差は?

カメラの差(台数と画素数)

Mi Note 10 Liteよりさらにカメラスペックを向上させたのがMi Note 10ということになります。

なお、4K録画や超スローモーション撮影の規格自体はMi Note 10 LiteもMi Note 10も変わりません(Mi Note 10は8Kが撮れるというわけでもなければ、960fpsを超えるスローモーション映像が撮れるというわけでもない)。

差は映像の質として表れることになると考えられるため、限界まで映像にこだわりたい方はMi Note 10がオススメですが、そこまで…という方はMi Note 10 Liteで十分といえそうです。

Mi Note 10 Lite総評

カメラにこだわりのある方にオススメの高コスパスマホです!

Mi Note 10 Liteを安く買う方法は?

Amazonで買うんでしょ?

Amazonで買うよりもっと安く手に入れる方法がありますよ。

市場想定価格39,800円~のMi Note 10 Liteですが、格安SIMとセットで購入するとより安く購入することができます

オススメ格安SIM会社で販売されているMi Note 10 Liteの値段は以下のとおりです。

Mi Note 10 Lite(64GB/6GB)の販売価格(2020/8/3時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※127,300円
20,300円
1,137円
845円
IIJmio※239,800円1,660円
BIGLOBEモバイル※3
LINEモバイル※4
mineo

※1:スマホセットセール(真夏のスマホ大特価セール)、MNP転入+対象オプション加入で最大8000円割引キャンペーン実施中。詳しくはコチラ
※2:8/31まで、初期費用1円、月額料金値下げ、MNPでキャッシュバックキャンペーンなど実施中。詳しくはコチラ
※3:月額料金半年間1600円OFF&初期費用Gポイント還元&対象端末購入で7,000Gポイントプレゼント実施中(約3万弱おトク!)。くわしくは⇒BIGLOBEモバイルキャンペーンまとめ
※4:月額基本料最大2ヶ月間無料+LINE Pay or LINEポイント最大5000円分+スマホ値引きキャンペーンを実施中。詳しくはコチラ→LINEモバイルキャンペーンまとめ

OCNモバイルONEに引き続きIIJmioでも販売開始しました!ただ一番おトクなのはOCNモバイルONEとなっています!8/17までキャンペーン価格で発売中です!

128GB版は発売されてないんだね。


OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!

もう売ってるの?

現在オススメ商品を調査中ですので、見つかり次第紹介予定です!

↓のリンクから検索可能です(Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場):

さいごに

国内向けSIMフリースマホ情報をリサーチしていると、今は完全に中国スマホが流れを作っているというか、覇権を獲っているという感があります。

「Made in China」と聞くとまだ敬遠する方も多いかと思いますが、中国ブランドのイメージが変わっていけば、大半の日本人が中国産スマホを持つようになるような時代が近々来るのかなと感じています。

関連記事

上位グレードモデルのMi Note 10のスペックレビューです!

関連外部リンク

※本記事の製品関係の情報・画像はこちらのサイトが引用元です。

より詳細な情報を知りたい方は以下のサイトをご参照ください。


Xiaomi Japan

コメント

タイトルとURLをコピーしました