スポンサーリンク

AQUOS zero2 SH-M13のスペックレビュー+スマホ比較+おすすめフィルム&ケースまとめ

SHARPからゲーミングスマホが登場ですよ~!

この記事では、SHARPのSIMフリースマホ、AQUOS zero2 SH-M13

  • 基本スペック
  • 特徴
  • 競合スマホとの比較
  • 関連商品(フィルム、ケースなど)

を紹介しています。

また、記事の後半にはSH-M13を安く買う方法も紹介していますので、まだ買おうかお悩み中の方は合わせてチェックしてみてくださいね。

関連商品をお探しの方は、コチラをクリックorタップすると対象箇所までジャンプできます。

スポンサーリンク

AQUOS zero2 SH-M13 の基本スペック情報

AQUOS zero2 SH-M13(アストロブラック)

AQUOS zero2 SH-M13の基本スペック

製品名AQUOS zero2 SH-M13
発売元SHARP
発売日2020年3月中旬
市場想定価格
(税抜)
104,700円
カラーアストロブラック
本体サイズ158×74×8.8mm
重量141g
ディスプレイサイズ6.4インチ
(2340×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2
(DSDV)
メモリサイズ
OSAndroid 10
CPUSnapdragon 855
(2.8GHz+1.7GHz)
ROM / RAM256GB / 8GB
カメラ画質■アウト
 標準:1220万画素
 広角:2010万画素
■イン:800万画素
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量3,130mAh
顔/指紋認証
USB Type-C
Jアラート
おサイフケータイ
近接センサー、光センサー etc.

なかなかにお高いスマホだね!

SH-M13は、去年4月に発売されたAQUOS zero SH-M10以来となるzeroシリーズの第二弾となるスマホです。

SHARPのSIMフリースマートフォンの中でもスペックに特化したスマホとなっており、ゲーミングスマホとしての需要が期待されます。

既に大手キャリア向けに同等モデルが発売されています:

  • AQUOS zero2 SH-01M(ドコモ向け)
  • AQUOS zero2 SHV47(au向け)
  • AQUOS zero2 (ソフトバンク向け)※「SH-01M」のような型名なし

カラーは黒基調のアストロブラック(Astro Black)一色ですが、ドコモ・au向けAQUOS zero2にはミスティホワイト(Misty White)も発売されています。

AQUOS zero2 SH-M13の特徴まとめ

SH-M13はゲーミングスマホといえるだけのスペック、機能が揃っています!

市販現状Snapdragon最高スペック、Snapdragon 855を搭載!

SH-M13には、Androidスマホに多く採用されているCPU・Snapdragonの中でも現状最強の処理能力を誇るSnapdragon 855が搭載されています。

過去のSHARP製SIMフリースマホでは、その前身となるSnapdragon 845が採用されたことがありますが、今回ついに一段回上のCPUが搭載されることになります。

日常的な操作はなんのその、ハイスペックが求められるようなスマホアプリ(ゲーム)にも対応できる処理能力を持っています。

国産のゲーミングスマホを待望されている方にオススメできるマシンスペックです。

※現在Qualcommは855の性能を上回るCPU、Snapdragon 865を開発中ですが、現状市販のスマホの最高は855となっています。

リフレッシュレート240Hz「ハイレスポンスモード」を実装|映像、感度ともに大幅アップ!

SHARP公式サイトより引用。ハイレスポンスモードのON/OFFはカンタンに設定可能。

SH-M13では、240分の1秒(0.0042秒)に1回の速度でタッチ検出ができる「ハイレスポンスモード」を実装しました。

ハイレスポンスモードOFFだと60Hzのリフレッシュレートですが、ONにすることで画面表示がなめらかに、そして操作感度が大きくアップします。

一瞬のタイミングが勝敗を分けるようなシビアなゲームを楽しみたい方にオススメの機能です!

画面表示については、120分の1の速度で画面表示の更新をしつつ、間に黒画面(網膜残像の軽減のため)を入れることで240Hz表示を実現しています。

長時間操作にも耐えうる驚きの軽さ|たったの141g!

ハイスペック、大画面となると基本的に180gを超える重量になってきます。

場合によっては200g超えなんてこともありますが、AQUOS zero2 SH-M13はなんと141gという軽さです。

手に持って長くゲームを操作しても体(特に手首)にやさしい設計になっています。

AQUOS zero2 SH-M13の懸念点は?

スペックでは申し分ないAQUOS zero2 SH-M13ですが、気になる点が3つあります。

お値段

市場販売想定価格が10万円を超えています。非常にお高いスマホです。

超ハイスペックスマホ&国産なので仕方ないところですが……

外部メモリ非対応

SH-M13は256GBの大容量保存領域を持っている反面、外部メモリ(microSD)は非対応となっています。

256GBもあればそうそう容量不足に悩まされることはないと思われますが……

撮影した動画ファイルなどの外部(PC)への移動は、USB(Type-C)を通して行うことになります。

バッテリー消費早い?

SIMフリー版より前に発売された大手キャリア版AQUOS zero2において、「バッテリーの持ちが悪い」という口コミが多く出ています。

ただ、大手キャリア特有のプリインストールされたアプリが裏で動きまくってるという意見もあり、「邪魔なプリインストールアプリを全部消せば1日普通に使っても75%残った」という意見もありました。

実際長く使ってみないと断言はできませんが、バッテリー問題はSIMフリー版でも対応(余計なファイルのアンインストールなど)次第で軽減できそうです。

ゲームをしないときはハイレスポンスモードをOFFにするなど、できるだけ電力を消費しない設定にすることで消費は抑えられそうです。

AQUOS zero2 SH-M13 の競合スマホ比較

V.S. AQUOS zero SH-M10|着実なスペックアップを確認

AQUOS zero SH-M10(アドバンスドブラック)

AQUOS zero SH-M10は、2019年4月に発売された記念すべきzeroシリーズの初代スマホです。

SH-M10発売から1年弱経過しましたが、zeroとzero2でどれくらい違いがあるか、スペックを比較してみました。

AQUOS zero2 SH-M13AQUOS zero SH-M10

■OS
 Android 10

■CPU
 Snapdragon 855

■ROM/RAM
 256GB/8GB

■ディスプレイサイズ
 6.4インチ
 解像度:2340×1080

■カメラ解像度
 アウト:12.2M+20.1M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3130mAh

■市場想定価格
 104,700円

■強み
 CPU性能、ROM/RAM容量、カメラスペック

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 845

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.2インチ
 解像度:2992×1440

■カメラ解像度
 アウト:22.6M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3130mAh

■市場価格
 99,880円

■強み
 販売価格
 画面解像度

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

ほぼすべてのスペックにおいて順当なスペックアップが確認できます。ディスプレイ解像度だけは大きくSH-M10が上回っています。

SH-M10側の優位性が現状の販売価格くらいといえそうです。

SH-M10は、安いお店ですと50000円台で販売されていますね…。

「特別ハイスペックが要求されるようなアプリを使わない」という方なら、SH-M10でも十分すぎる性能を誇っていますので、今安く売られているSH-M10はある意味超お買得な買い物といえるかもしれません。

ただ、国産SIMフリースマホで現状のハイスペックを求める方は、SH-M13一択といえそうです。

V.S. AQUOS R2 compact SH-M09|大型ディスプレイのSH-M13とコンパクトハイスペックのSH-M09で棲み分け

AQUOS R2 compact SH-M09(ディープホワイト)

SH-M09は、2019年2月21日に発売されたSHARPのコンパクトハイスペックスマホです。

SH-M13とは少し毛色が違うスマホですが、2台のスペックを比較してみました。

AQUOS zero2 SH-M13AQUOS R2 compact SH-M09

■OS
 Android 10

■CPU
 Snapdragon 855

■ROM/RAM
 256GB/8GB

■ディスプレイサイズ
 6.4インチ
 解像度:2340×1080

■カメラ解像度
 アウト:12.2M+20.1M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3130mAh

■市場想定価格
 104,700円

■強み
 CPU性能、ROM/RAM容量、カメラスペック

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 845

■ROM/RAM
 64GB/4GB

■ディスプレイサイズ
 5.2インチ
 解像度:2280×1080

■カメラ解像度
 アウト:22.6M
 イン:8M

■バッテリー容量
 2500mAh

■市場価格
 81,880円

■強み
 コンパクトさ
 現状価格

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

発売当時はコンパクトサイズのスマホで最高スペックとの呼び声高かったSH-M09ですが、1年でこれだけのスペック差が出るんだなというのが驚きです。

こちらもSH-M10同様、1年経過したことによる価格低下がウリで、スペックで選ぶならもうSH-M13と言わざるを得ない感じです。

現在、SH-M09は4万円前後の相場で発売されています!

V.S. AQUOS sense3 plus SH-M11|スペックに大きな差、通常使用だとSH-M11でも十分?

AQUOS sense3 plus SH-M11(全4色、左から順にムーンブルー、ブラック、ホワイト)

AQUOS sense3 plus SH-M11は、SH-M13から3ヶ月早いの2019年12月に発売されたsense3シリーズの高機能版スマホです。

SH-M13発売前時点でアクオスシリーズで最も新しいSH-M11ですが、スペックの違いを比較してみました。

AQUOS zero2 SH-M13AQUOS sense3 plus SH-M11

■OS
 Android 10

■CPU
 Snapdragon 855

■ROM/RAM
 256GB/8GB

■ディスプレイサイズ
 6.4インチ
 解像度:2340×1080

■カメラ解像度
 アウト:12.2M+20.1M
 イン:8M

■バッテリー容量
 3130mAh

■市場想定価格
 104,700円

■強み
 CPU性能、ROM/RAM容量、カメラスペック

■OS
 Android 9

■CPU
 Snapdragon 636

■ROM/RAM
 128GB/6GB

■ディスプレイサイズ
 6.0インチ
 解像度:2260×1080

■カメラ解像度
 アウト:12.2M+13.1M
 イン:8M

■バッテリー容量
 4000mAh

■市場想定価格
 58,800円

■強み
 バッテリー容量

青字:数値的に優勢なスペックを示しています

まずスペックの良し悪しでいうと、迷わずSH-M13が優勢といえます。

価格が倍くらい違う点を考慮すれば、SH-M11とSH-M13はメーカーは一緒だけどモノは別物といえるくらいの差があります。

そのため、

  • 普段遣いで問題なければOK → SH-M11がオススメ
  • ハイスペックスマホがほしい → SH-M13がオススメ

といえそうです。

AQUOS zero2 SH-M13総評

国産SIMフリースマホのハイスペックゲーミングスマホをお探しの方にオススメの1台です!

世界のハイスペックスマホ争いに去年あたりから参戦した感のあるSHARPですが、SH-M13は特に中国系のハイスペックスマホと引けを取らないスペックに仕上がっています。

強いて挙げるとすればカメラのスペックではまだ中国系のほうが優勢の感がありますが、「ゲーミングスマホ」としては引けを取らないスペックを持っていると考えます(インカメラは800万画素ながら顔認証に対応!)。

AQUOS zero2 SH-M13を安く買う方法は?

Amazonで買うんでしょ?

Amazonで買うよりもっと安く手に入れる方法がありますよ。

現状110,000円前後で発売予定のSH-M13ですが、格安SIMとセットで購入するとより安く購入することができます

オススメ格安SIM会社で販売中のSH-M13の値段を調べました。

AQUOS zero2 SH-M13の販売価格(2020/3/13時点)

会社名一括払い分割(24回)
OCNモバイルONE※172,700円
67,800円
IIJmio※284,800円3,550円

※1:3/13 11時発売開始!セール価格は4/1まで
※2:3/13発売開始!

おすすめ格安SIM会社では、OCNモバイルONEとIIJmioが発売を予定しています!
新しい情報が入り次第追加します!

相変わらずOCNモバイルONEは安いなぁ……
なんか発売スタートと同時に売り切れそうな予感がしますがどうなるでしょうね……

OCNモバイルONE公式サイトへ

スマホセットを契約する!

SH-M13に対応している保護フィルムや、ケースといった関連商品の中から人気の商品をピックアップしました。

先立って大手キャリア向けの同等スマホが発売されていることもあり、関連商品は既に多いです!

AQUOS zero2 SH-M13専用保護フィルム

曲面対応のTPU素材の保護フィルム

両サイドの曲面部分までカバーしてくれる全面透明の保護フィルムです!
貼付け後の評価は極めて高い反面、貼付けにコツがいるという意見も多く、同社発売のWETキット(↓)を使うと貼りやすいと指摘されています。

透過率に自信ありな3Dガラスフィルム(黒フチ)

こちらも曲面部まで対応しているガラスフィルムです。
フチとインカメラ周りが黒く色づけされています。

その他SH-M13専用フィルムを探す

他にもないの?

SH-M13対応の保護フィルムはほかにも多数販売されていますので、他のフィルムに興味がある方は↓のボタンから検索してみてください(関連商品の検索結果ページにリンクされています)。

AQUOS zero2 SH-M13専用保護ケース

薄型、軽量のソフトクリアケース

シンプルなTPU素材でできたソフトケースです。
SH-M13の背面カラーである、アストロブラックの色味を活かしたい方にオススメです。

シンプルで高機能が特徴の手帳型ケース

PU素材を使った高級感のある手帳型ケースです!
カードホルダー、横置きのスタンド機能も付いています!
カラーはブルーの他、全部で4色あります。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ブラウンブラック
ブルーレッド

マット仕上げで持ちやすいカラーケース

PC素材でできた、軽量で薄さがウリのケースです!
カラーはブラックの他3色確認しています。

※商品画像をクリックすると、Amazonの対象ページに移動できます。

ブラックブルー
レッド

その他SH-M13専用ケースを探す

他にもあるでしょ?

ほかにも専用ケースは多種あります。関連商品を探したい方は↓のボタンから検索してみてください(関連商品の検索結果ページにリンクされています)。

さいごに

2020年に入って3ヶ月ほど経ちますが、国内向けSIMフリースマホの新商品がそれほど表立ってませんでしたが、ついにSHARPが動いてくれました。

今後のスマホにも期待です!

関連記事

SHARP AQUOS zero SH-M10のスペックレビュー+対応保護フィルム&ケース情報まとめ
SHARP(シャープ)のSIMフリースマートフォン、AQUOS zero SH-M10のスペック、特徴、競合他社スマホとの比較、安く買う方法、関連商品(専用フィルム、ケースなど)を紹介。

関連外部リンク

※本記事の製品関係の情報・画像はこちらのサイトが引用元です。

より詳細な情報を知りたい方は以下のサイトをご参照ください。

AQUOS zero2 SH-M13 SIMフリーの特長|AQUOS:シャープ
AQUOS zero2(アクオス ゼロツー)SH-M13の製品紹介ページ。SIMフリー(MVNO向け)のAQUOS zero2 SH-M13の主な特長や機能を紹介。シャープモバイル製品のオフィシャルサイト。
Qualcomm Snapdragon 855 Plus Mobile Platform | Snapdragon 855+ Processor for Mobile Gaming
The Qualcomm Snapdragon 855 Plus Mobile Platform is built for excellent mobile gaming with excellent graphics, performance, and 4G/5G connectivity.

コメント

タイトルとURLをコピーしました