BIGLOBEのスマホセットが今なら最大25,000円以上おトクに契約できる!!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

HUAWEI nova lite 2のスペックレビュー+おすすめケース&フィルムまとめ

この記事は、HUAWEIより発売されたSIMフリースマートフォン、nova lite 2のスペックレビューを行っています。

また、記事の後半には人気関連商品(保護フィルム、ケース)を紹介しています。すでに端末をお持ちの方は是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

nova lite 2 の基本情報

発売元情報

製品名nova lite 2
発売元HUAWEI
発売日2018年2月頃

エクステリア

カラーブルー
ブラック
ゴールド
本体サイズ150.1×72.05×7.45mm
重量143g
ディスプレイサイズ5.65インチ
(2160×1080 px)
SIMサイズnanoSIM×2
(デュアルSIM)
メモリサイズmicroSD
(最大256GB)

スペック

※左から順に表面、ブラック、ゴールド、ブルーの全3色

OSAndroid 8.0
CPUHUAWEI Kirin 659
オクタコア
(2.36GHz×4コア+1.7GHz×4コア)
ROM32GB
RAM3GB
カメラ画質アウト:1300万画素+200万画素
(ダブルレンズ)
イン:800万画素
Wi-FiIEEE802.11
b/g/n(2.4GHz)
バッテリー容量3000mAh
指紋認証
近接、環境光センサー

開発メーカー「HUAWEI」について

日本の企業じゃないの?

ファーウェイは中国の通信機器会社です。

ファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)は中国の通信機器メーカーのひとつです。

1987年に設立されており、30年以上の歴史のある企業です。

世界170カ国以上、世界人口の3分の1の方々が利用している(会社ホームページ情報)と豪語されています。

正式社名
華為技術有限公司
本社所在地
中華人民共和国 深圳(シンセン)市
事業内容
通信機器事業
公式サイト(日本)
https://www.huawei.com/jp/

携帯電話は4シリーズに分類、国内展開は3シリーズ

  • Mateシリーズ
    ⇒フラッグシップモデル(最高級)
  • Pシリーズ
    ⇒ハイエンドモデル(高級)
  • novaシリーズ
    ⇒ミッドレンジモデル(中級)
  • honorシリーズ
    ⇒ミッドレンジモデル(中級)

HUAWEIから発売されるスマートフォンは、今回発売されるnovaシリーズの他に3シリーズあり、計4シリーズ存在します。

novaシリーズはHUAWEI内ではロースペック側のスマートフォンに位置づけられているようです。

nova lite 2の特長

カタログスペックから伺える、nova lite2の特長は以下の通りです。

厚さわずか7.45mm、重さ143gの超軽量薄型スマホ

厚さがたった7.45mmというのは、他のスマートフォン(だいたい8~10mmの間が多い)と比べても上位レベルの薄さです。

ズボンに入れても他のスマホよりもかさばらず、ファッション性を保つことができそうです。

幅いっぱいに表示される約5.65インチ、FHD+の高画質ディスプレイ

上のサンプル画像を見てもわかりますが、幅いっぱいに表示される画面が特長的で、無駄の一切ないデザインとなっています。

画素数は2160:1080(18:9)でフルハイビジョンデジタル(1920:1080)を超えるフルハイビジョンデジタル+(FHD+)画質となっているため、動画を見るにも、WEB検索で情報収集するにも持ってこいのスマホ画面です。

メインカメラはレンズ2台並列搭載の「ダブルレンズ」で、立体感のあるリアルな写真が撮れる

メインカメラは横並びにレンズが2台搭載されています。

これが「ダブルレンズ」というもので、2つのレンズで遠近感の表現力が増し、また2つのレンズを用いることでより多くの光を取り込めることから、実際に目で見たようなリアリティあふれる写真を撮影することができます。

スマホのカメラもここまで進化したんだなぁ…

サクサクな操作を実現するオクタコア、2.36GHz×4+1.7GHz×4の高性能CPU

最近のスマートフォンでは搭載がトレンドとなっているオクタコア(8個のCPU)を搭載しているため、求める動作に対してよりクイックな反応が期待できます。

nova lite 2を買う上での注意点

それほど問題にはならないとは思いますが、スペックを見た上での注意点を列挙しておきます。

「いや、それ重要だけど」という方は、別のスマートフォンを選んだほうがいいかもしれません。

Wi-Fi規格

スペック表記にIEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)と書かれているため、aとacの記述がありません

aは古いから機能的にいらないと捨てて、acは逆に高機能すぎるからいらないと捨ててる感じでしょうか。

基本的にこれが問題になることはないと思いますが、「いやいや、問題ですけど」という方は別商品を買ったほうがいいかもしれません。

IEEE802.11g規格で最大54Mbpsの通信が可能ですので、普通は問題ないと思います。
なお、IEEE80.211n(2.4GHz)は、理論上600Mbpsの高速通信を可能にします。

プロバイダが供給できる速度を超えてるね。

DSDSは3G非対応

nova lite 2はSIMカード2枚搭載可能のDSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ)ですが、FOMA SIMカード(=3G通信のみのSIM)には対応していません

3G対応のSIMを使おうと思っている方は要注意です。

KDDIの移動体通信網は非対応

いわゆる「au回線」と呼ばれているKDDIの移動体通信網を利用することはできません(例:mineoのAプラン)。これが一番要注意案件かもしれません。

現在au回線の格安SIM会社と契約している方は要注意…というか、買うのは止めましょう。

NTT回線やソフトバンク回線を使用する格安SIM会社なら利用可能です。

P20 liteとの比較

nova lite 2発売開始から数ヶ月後にHUAWEIが発売したミドルレンジスマートフォン、「P20 lite」とnova lite 2のスペックがどれくらい違うか比較してみました。

nova lite 2製品名P20 lite
2018年2月頃発売日2018年6月頃
ブルー
ブラック
ゴールド
カラーブルー
ブラック
ピンク
150.1×72.05×7.45mm本体サイズ149×71×7.4mm
143g重量145g
5.65インチ
(2160×1080 px)
ディスプレイ
サイズ
5.84インチ
(2280×1080 px)
nanoSIM×2
(デュアルSIM)
SIMサイズnanoSIM×2
(デュアルSIM)
microSD
(最大256GB)
メモリサイズmicroSD
(最大256GB)
Android 8.0OSAndroid 8.0
HUAWEI Kirin 659
オクタコア
(2.36GHz×4コア
+1.7GHz×4コア)
CPUHUAWEI Kirin 659
オクタコア
(2.36GHz×4コア
+1.7GHz×4コア)
32GBROM32GB
3GBRAM4GB
アウト:1300万+200万画素
(ダブルレンズ)
イン:800万画素
カメラ画質アウト:1600万+200万画素
(ダブルレンズ)
イン:1600万画素
IEEE802.11
b/g/n
Wi-FiIEEE802.11
a/b/g/n/ac
3000mAhバッテリー容量3000mAh

P20 liteのほうがRAMが1GB多めに積んでおり、他にもカメラ性能(画素数)Wi-Fi規格顔認証機能の有無などでスペックが上回っています。

以上、機能の比較結果でいうならば、スペックはP20 lite > nova lite 2なのは間違いないですね。

あとは値段の違いだな…

P20 liteとの価格差と、個人的意見

ほぼ価格が変わらないのであればP20 lite一択ですが、8/15時点のAmazonでの参考価格の差はおよそ8500円です(P20 lite:約3.5万円、nova lite 2:約2.8万円)。

新品で買うならどっち?って聞かれたら迷うところですね…

ただ、個人的に思うのは「(特にカメラについて)P20 liteほどの機能はいらん…」と思われた方は、nova lite 2のほうがオススメです。

というのも、極論を言えば、比較した限り「値段の差≒カメラの差」くらいに感じるためです(あとは画面サイズが少し大きくなるくらい)。

僕はあんまりカメラ使わないから、nova lite 2でいいな…

私は友達と良く写真を撮るからP20 liteにする!

使わない機能にわざわざお金をかけるのはもったいないので、自身の用途に合わせて買うことをオススメします。

大手キャリアが販売するスマホの中から選ぶのではなく、世界中のスマホから自分の用途に合わせて自由に選べるのがSIMフリーの魅力でも醍醐味でもありますので、自分にあったスマホを存分に探しましょう!

nova lite 2総評

nova lite 2は低価格スマートフォンながら、スペックの観点からみたコストパフォーマンスは極めて良いと思います。

ダブルレンズでワンランク上の性能のスマートフォンをお求めの場合、同社が発売しているP20 liteのほうをオススメしますが、カメラにそれほど執着しないという方はnova lite 2で十分だと思います。

nova lite 2の関連商品

nova lite 2に適応する保護シートやケースなどの関連商品の中から、特に人気のある商品注目の商品をピックアップしました。

nova lite 2 対応ケース

米軍軍事規格(MIL-STD 810G-516.6)を満たした耐衝撃ケースが売りのカッコイイケースですね。Amazonで評価数200以上、評価4点オーバーの人気商品です。
nova lite版とnova lite 2版があるので、お間違えのないようお買いください。

マグネット固定式の手帳型ケースです。色使いが特徴的です。カラーは「黒×茶」、「ピンク×ストロベリー」、「紺×黄緑」の3カラーです。
黒は渋め、ストリベリーはカワイイ系、紺(黄緑)はオシャレでそれぞれ個性的です。

※画像をクリックすると、対象商品ページ(Amazon)にジャンプします。

カラー外側内側
黒×茶
ピンク
×
ストロベリー
紺×黄緑

ほかにも専用ケースは多種あります。関連商品を探したい方は是非検索してみてください。

⇒「nova lite 2 ケース」で検索する(Amazon、 Yahooショッピング、 楽天市場

nova lite 3 対応フィルム

 保護フィルムは上記ケースと一緒に買われている商品、ケースと同じメーカーが作っている商品をピックアップしました。

上のSpigen産ケースとよく一緒にお買い上げのユーザーが多いガラスフィルムです。
よほど商品に自信があるのか、365日無償交換・返品にも応じるとのことです(Amazonの商品名より)。

shizuka-will-産ケースと相性保証がされているフィルムです(同じメーカーのフィルムです)。同メーカーのフィルムだとケースとの干渉まで考慮して設計されてるので安心ですね。
フチの色は上の黒の他に白もあります(コチラをクリック、Amazon)

以上がオススメの保護フィルムですが、ほかにも多種ありますので他の関連商品を探したい方は検索してみてください。

⇒「nova lite 2 フィルム」で検索する(Amazon、 Yahooショッピング、 楽天市場

まとめ

Amazon参考価格では28,000円台ですが、概ね20,000円前後で販売されており、このレベルのスマホでも20,000円くらいで買えるのかと思うとすごい時代になったなぁと感じます。

現在私はSHARPのスマホを使用しているのですが(SH-M04)、HUAWEI産スマホも次の購入候補にしようと思いました。

関連記事

後継機のnova lite 3が出ました!

nova lite 3はOCNモバイルONEのらくらくセット(スマホセット)での購入が安くてオススメです!

関連リンク

本記事の製品関係の情報・画像は以下のサイトが引用元です。より詳細な情報を知りたい方は以下のサイトをご参照ください。

HUAWEI nova lite 2 | Mobile Phones | HUAWEI Global

ホームに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました